衆議院事務局の給料年収や高年収を稼ぐ方法・本音口コミ年収を徹底解説 | 給料BANK

衆議院事務局の給料年収や仕事内容、高年収になる方法|「給料BANK」

給料BANK > 公務員系職業の給料一覧 > 衆議院事務局の給料年収や仕事内容、高年収になる方法

衆議院事務局の給料年収や手取り額、初任給を解説!

衆議院事務局の給料年収を解説します。

衆議院事務局の平均給料・給与

  • 50万円
  • 20代の給料:31万円
  • 30代の給料:46万円
  • 40代の給料:74万円
  • 初任給:21万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

衆議院事務局の給料・年収補足

20代の給料18万円~31万円(推定)
30代の給料:30万円~46万円(推定)
40代の給料:50万円~74万円(推定)
 
 
算出方法:衆議院事務局職員の給与は国会職員法の「国会職員の給与等に関する規程」によって定められています。おおむね、一般職の国家公務員に準ずる給与体系となっています。
年齢、役職、扶養家族の人数などによって給料は異なります。初任給も、総合職、一般職、衛視など職種や学歴によっても違います。平均給与額は、内閣官房内閣人事局の発表しているモデル給与例を参考にしています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
336万円~1184万円となると予測されます。

衆議院事務局の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~59万円となりそうです。

衆議院事務局で高年収になるには?

衆議院事務局職員の給料は、一般職の国家公務員の給料に準じた額となります。基本的には、一般職よりも総合職の方が給料は高くなります。初任給だけ比べてみると、
総合職(大卒程度):行政職給料表(一)2級1号給・月額21万9240円
一般職(大卒程度):行政職給料表(一)1級25号給・月額21万3840円
一般職(高卒程度):行政職給料表(一)1級5号給・月額17万5320円

となっています。初任給こそ差はそこまで大きくはありませんが、官僚と同じく、出世していくにつれて年収は大きく開いていきます。
総合職の場合、管理職になれば年収は1000万円以上となり、事務総長では年収2500万円以上になるといわれています。

衆議院事務局の仕事内容

衆議院事務局とは、日本唯一の立法府である国会の一院である衆議院の活動を補佐する専門の組織です。
衆議院事務局で働く職員は「国会職員」であり、特別職の国家公務員という立場になります。国家公務員でありながら、国会の独立性を維持するため国家公務員法の適用は受けません。「国会職員法」が別に定められています。
業務は、「会議運営部門」「調査部門」「その他の活動補佐部門」の3部門に分かれています。
「会議運営部門」では、議長や委員長を中立な立場から補佐して、衆議院の本会議や委員会での審議が円滑に運営されるようにサポートをしています。議事手続に関する事務や資料の作成、関係省庁との連絡対応などを行います。
「調査部門」では、委員会活動や議員活動に対して、専門的な調査を行います。委員会や本会議の議案に関わる内容を調査することもあれば、議員個人からの依頼で特定の法令や施策の実施状況などを調査することもあります。また、今後審議に上りそうな事案に対して、予備的調査を行うこともあります。内閣調査室、厚生労働調査室、外務調査室、財政金融調査室など、各省庁に対応した部署が設けられています。
「その他の活動補佐部門」は、秘書課、庶務部、管理部など、衆議院という組織を運営するために裏方から支える部署です。
議事を記録する速記の記者も、この部門に所属しています。また、衆議院の治安を守る警務部には、衛視という専門職が配置されています。

衆議院事務局になるには?【資格・試験難易度】

衆議院事務局の職員は国家公務員でありながら、通常の国家公務員試験を受けて採用されるわけではありません。採用試験は衆議院事務局独自に行われています。
総合職(大卒程度)、一般職(大卒程度)、一般職(高卒程度)、衛視(高卒程度)、技術職(大卒程度)に分かれており、試験も異なります。
総合職(大卒程度)の採用試験の場合、一次試験で専門や基礎能力を確認するテストを受けて、二次試験で論文、個別面接が行われます。そして三次試験で口述試験を受けて、最終合格者が決まります。一般職(高卒程度)の場合は試験が1つ少なかったり、衛視の場合は体力テストや身体検査も行われたりもします。
総合職は非常に難易度が高いといわれており、各省庁の国家公務員総合職採用試験、通称・官僚候補のキャリア採用などと同等の難易度だといわれています。
ちなみに、平成28年度は総合職(大卒)の受験申込者344人のうち、最終合格者は1名で、倍率300倍以上の難関となっています。同年度の一般職(大卒)の受験申込者は1002人で、最終合格者は19人でした。倍率は約52倍です。一般職(高卒)では受験申込者1104人に対して、最終合格者9名で、こちらも122倍の難関となっています。

衆議院事務局の求人はどういう風にさがすの?

衆議院事務局の採用情報は、衆議院事務局のホームページに毎年掲載されます。基本的には新卒採用しか行っていないようです。
主要大学では大学別に説明会が11月~4月にかけて実施されます。春に事務系職員向けの局内説明会を、夏に技術系職員向けの局内説明会を行うようです。一般的な求人サイトに掲載されるわけではないので、就職を希望する人はホームページをこまめにチェックするとよいでしょう。

衆議院事務局の階級【役職】ってどういうのがあるの?

衆議院事務局のトップは、「事務総長」となります。省庁(官僚)でいうところの事務次官と同じランクと考えてよいです。そしてその下に「事務次長」がいます。
衆議院事務局の職員として入局したら、まずは調査員や係員というヒラ職員として配属先で仕事を覚えていきます。
総合職はいくつもの部署を回って業務を経験していくといいます。別の省庁や海外の日本大使館に出向することもあります。係長、課長補佐、課長、部長とステップアップしていきます。(課によっては室長もあります。)課長以上は管理職となり、横並びの出世から、実力で選ばれた人だけがより上へと登り詰めていきます。

衆議院事務局のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

衆議院事務局の格好良いところは、日本唯一の立法府である国会の運営を裏から支える一員として仕事ができるところです。
政治的に中立な立場から日本という国の運営に携わるというのは、他の仕事ではなかなかできることではなく、非常に格好良いといえるでしょう。
一方、辛いところは、一癖も二癖もあるような国会議員とも、付き合っていかなければならないという点です。国会議員だけでなく、各省庁の官僚や、時には海外の政治家やその事務局員たちともやり取りをすることもあります。
コミュニケーション次第で仕事がやりやすくなったり難しくなったりもします。間接的に政治に携わる仕事なので、責任も重大で神経も使います。頭脳明晰なだけでなく、機転が利き、気配りができて、コミュニケーションもうまく取れる人が、衆議院事務局の職員には向いているといえます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧