私立大学職員の給料年収や高年収を稼ぐ方法・私立大学ランキングや本音口コミ年収を徹底解説 | 給料BANK

私立大学職員の給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 公務員系職業の給料一覧 > 私立大学職員の給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収

私立大学職員の給料年収や手取り額、初任給を解説!

私立大学職員の給料年収を解説します。

私立大学職員の平均給料・給与

  • 55万円
  • 20代の給料:29万円
  • 30代の給料:39万円
  • 40代の給料:56万円
  • 初任給:21万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

私立大学職員の給料・年収補足

20代の給料:39万円(推定)
30代の給料:56万円(推定)
40代の給料:70万円(推定)

 
 
算出方法:私立大学職員の年収は公開されていないため、正確な平均給料を出すことはできません。
そのため、過去に報道のあった年収上位の大学(関西、明治、中央、立教、早稲田、慶応)の平均給料から算出しています。
地方の無名私大ではもっと給料は低くなると予想されます。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
336万円~1120万円となると予測されます。
 
【地域の求人情報からのデータ】
札幌の求人調査結果:17万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~23万円(月収)
大阪の求人調査結果:19万円~28万円(月収)
福岡の求人調査結果:11万円~23万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私立大学職員の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~56万円となりそうです。

私立大学職員で高年収になるには?

私立大学職員の年収を公表している大学はほとんどありません。
国家公務員の給与体系に準じて設定している大学も多いといわれています。
同じく国家公務員に準拠している国立大学職員(事務・技術職)の平均年収は576万6000円となっていることから、私立大学職員も同程度の収入であると予測されます。
ただし、私立大学は知名度や規模によって経営状態大きく異なるため、大学によってかなり差があると思われます。
口コミなどによると、関東や関西の有名私立大学職員は比較的年収が高い傾向があるようです。過去の情報では、関西大学の職員の平均年収は1250万円という話もありました。一方、地方の無名大学では月収15万円前後で事務職の募集をしていることもあります。
通常、大学職員は係長→課長代理(課長補佐)→課長→部長と民間企業と同じようなキャリアパスとなります。役職がつくにつれてどんどん年収は上がっていき、部長クラスでは年収1300万円になる大学もあるとも言われます。
ただし、少し前の情報なので、不景気のため現在でもそのレベルを保てているかは謎です。それでも今も一般企業より高水準であるのは確かなようです。
私立大学職員で高年収を目指すならば、なるべく名前の知られた有名大学の職員として就職して、なおかつ着実に出世をしていくというのが近道になります。

私立大学職員の仕事内容

私立大学職員は、大学内の運営が円滑に進むようにサポートし、総務や財務などの管理業務を行うのが主な仕事です。
部署によって、教授や研究者が成果を発表する際の事務手続きを担当したり、学内の実験器具や図書などの管理を行ったり、広報活動を行ったりします。
また、学生向けには履修や進路、課外活動、奨学金などの相談に乗ったり、未納の学費の督促をしたりをします。
交換留学生の事業を推進するために、大学職員が海外に行って活動したりする大学もあります。そのほかにも、校友サービスを拡充したり、学校運営のために必要な募金など外部資金獲得のために活動をしたりします。
技術職であれば学内のネットワーク全般を構築したり、理工系分野の実験教育や研究活動を支援したりといった、専門的な技術が必要となる仕事を担当します。

私立大学職員になるには?【資格・試験難易度】

私立大学職員になるには、民間企業と同じように就職活動をして採用されることになります。
国立大学職員のように、採用統一試験のようなものはありません。エントリー後書類審査、面接となり、筆記試験を実施している大学はほとんどないようです。二次面接、三次面接の際に作文などを課している大学はあります。
有名私立大学職員の新卒採用倍率は100倍~300倍ともいわれており、かなりの狭き門となっています。
大学職員はノルマや競争がほとんどない業界なので、“まったり”と仕事ができて、なおかつ高水準の給料がもらえるという噂が広がり、人気が高くなっているようです。実際のところは大学や配属される部署によって大きく差があるようです。
国立大学職員と違って自校出身者比率が高いのも私立大学職員の特徴です。表向きはどんな大学出身でも応募はできるようになっていても、学校によっては約半数が自校出身者で占められているというところもあるそうです。
そうした大学では、学内で求人が出ているか、もしくは縁故採用によって職員を採用していることもあると考えられます。

私立大学職員の求人はどういう風にさがすの?

私立大学職員の求人情報は、新卒採用であれば専用の求人情報サイトを通じてエントリーするといった方法や、大学が開設している採用特設サイトなどに応募するという方法があります。
どこの大学でも自校のホームページに採用についてのページを設けているので、チェックしてみるとよいでしょう。
大学によっては説明会を開いているところもあります。そうした情報も大学ホームページに掲載されます。早稲田大学などでは、「先輩の声」として実際に働く職員の話を、ホームページでいつでも見られるようになっています。
中途採用は、大学のホームページのほか、大手の求人情報サイトなどにも転載されていることがあります。転職エージェントを使うのも手です。
時間給でのアルバイトやパートタイムや契約社員での募集から、経歴重視の正社員募集まで幅広く求人はあります。仕事内容も、事務の補助など資格を問わないものもあれば、医療系の資格が必要だったり、特定の語学に堪能な人、理工学系の知識と経験がある人など、募集している部署や課によってさまざまです。
自校出身者を多く採用している大学なら、大学内の就職課などに求人情報が出ていることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私立大学職員の年収ランキング

私立大学職員の年収については公開されている情報がほとんどないため、正確なランキングを作るのは難しいのが現状です。過去(2009年)の情報によると、
1位 関西大学 1250万円
2位 明治大学 1158万円
2位 中央大学1158万円
4位 立教大学 1129万円
5位 早稲田大学 1100万円
6位 慶応大学 963万円
となっていました。
現在でもその水準が維持できているかは不明ですが、国立大学の職員よりはかなり待遇がいいといえます。

私立大学職員のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

私立大学職員のカッコイイところは、世界中から学生が集まるアカデミーで、最先端の学問や研究をしている人々を支えているという点です。
私立大学職員がきちんと大学を運営してサポートしてくれなければ、研究者や学生は自分の研究に没頭することはできません。間接的にノーベル賞を取るような人や、世界中で活躍することになる若者を支える仕事というのは、社会的にも意義があり、尊い仕事であるといえます。
一方で辛いところは、年功序列が崩れつつある現在の社会において、私立大学職員も例外ではなくなってきているというところです。
 
少子化や不景気、世界的情勢の変化、AIの台頭などによって、職員に求められる資質は年々よりハイレベルになってきています。
安定して高給の得られる楽な仕事として話題になってきた大学職員という仕事も、もはや安泰ではなくなってきている現状があるようです。
これからの私立大学職員は、大学にかかわる多くの人と緊密なコミュニケーションを取りながら、グローバルな視点を持って能動的に活動できなければなりません。上位大学にハイスペックな人材が集まることで、より私立大学の格差は広がっていくと予測されます。

私立大学職員の給料年収の本音口コミ

20代 給料:23万円

私立の大学職員をやってますが結構大変です。残業多し。自分は大学の生徒でそのまま就職しました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧