小学校教諭の給料年収や年収を上げる方法を解説!また手取り・求人募集や免許取得大学なども解説! | 給料BANK

小学校教諭の給料年収・手取り求人募集を解説!|「給料BANK」

小学校教諭の給料・年収や手取り額を解説!

小学校教諭の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校教諭の平均給料・給与

  • 37万円
  • 20代の給料:29万円
  • 30代の給料:37万円
  • 40代の給料:46万円
  • 初任給:20~【23歳教育2級13号の給与】万円
    給与年収については補足参照

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

小学校教諭の給料・年収補足

20代の給料:20万円~25万円(推定)
30代の給料:25万円~35万円(推定)
40代の給料:35万円~45万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
600万円~700万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:14万円~18万円(月収)
東京の求人調査結果:14万円~37万円(月収)
大阪の求人調査結果:14万円~47万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~20万円(月収)
 
非常勤の先生も含めているため給料にかなりのばらつきがあります。
小学校に置かれる職員のうち、おおむね、副校長、教頭、主幹教諭、指導教諭、教諭、助教諭、講師、養護教諭、養護助教諭、栄養教諭などが小学校教員と言われます。
 
・神奈川県の教育職給料表を見てみると
全体の総平均給料が37万円
助教諭で31万円
教諭で33,7万円
教頭で44,2万円
 
各都道府県の教育職給料表を見てみるとおよその給与額がわかってきます。

小学校教諭画像1

小学校教諭の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~32万円となりそうです。

小学校教諭で年収を上げるには

公立小学校の場合、小学校教諭は地方公務員となります。
自治体の定めている給料表にもとづいて、給料は支給されます。年齢、勤続年数、役職によって給料は上がっていくので、大幅に年収を上げるというのは難しいです。地道に経験を積んで役職を上げていくのが年収アップへの基本です。
私立小学校の場合も、勤続年数によって上がっていきます。能力を認めて給料を上げるところもありますが、小学校教諭としての能力を判断する数字を出すことが難しいため、年功序列というのが一般的です。
私立小学校に勤めながら、教育者として本を出したり知名度を上げることで講演会などを開き、年収を上げることは可能かもしれません。
公務員は基本的には副業は禁止されていますが、作家活動などは認められていることもあります。その場合、任命権者への事前の申請が必要になります。

小学校教諭の仕事内容

小学校教諭は、6歳から12歳の児童に勉強を教える教育指導を行います。
小学校教諭の場合、中学校や高校のように専門とする1つの科目のみを教えるわけではありません。
国語、算数、理科、社会、体育、図工、など多くの科目を一人で教えなければなりません。学校によっては音楽や体育は専門の先生が教えていることもあります。
最近ではクラスを2つに分けて少人数制にする授業もありますが、ほとんどの場合、基本的な座学は担任教師が教えることになっています。課外授業や遠足、修学旅行など、学校外での指導を行うこともあります。
勉強のほかにも、クラス運営や生活指導、健康観察や安全管理、事務作業、保護者への対応など、広範囲にわたる仕事をこなさなければなりません。
社会生活の基礎を教え、児童それぞれの個性を伸ばしてあげるというのも、小学校教諭の仕事です。
「価値観を押し付ける教育」ではなく、「価値観を芽生えさせ、育てる教育」をしなければなりません。中立的な第三者として生徒とかかわり、すべての生徒を一個人として公平に見ることが必要です。
児童が下校した後も、明日以降の授業の準備をしたり、テストの採点や行事の準備を行ったり、小学校教諭にはやることがたくさんあります。
家庭訪問、PTAや教員の会議への出席など、業務はとても多いです。

小学校教員の仕事の面白さ・向いてる性格

子どもたちが好きで、教えることに喜びを感じ、そして偏見がなく好奇心が強い人が小学校教諭に向いているといいます。
人に物事を教えるというのは、一筋縄ではいきません。
わかる児童とわからない児童では適切な教え方も違います。
そういった違いを踏まえて、自分なりの授業を考え試行錯誤を繰り返していくことで、児童の学力や精神面を伸ばすことができると、非常にやりがいがあるといいます。
また、卒業後の児童に再会して、その子の成長を実際に見ることで、仕事の面白味を感じることもあるそうです。
子どもが好きというだけでなく、一歩引いて物事を見るという冷静さも小学校教諭には欠かせません。
たとえば、いじめ問題など人間関係のトラブルに直面した時には、どちらか一方の言い分だけを聞いていては解決することはできません。
誤った対応をすれば、その児童の一生を左右する問題になることもあります。中立な立場で冷静に判断し、適切な対応をすることを心がけましょう。

小学校教員になるには? 【資格免許】

小学校教員になるためには、まず教員免許を取得しなければなりません。
通常は小学校教諭の養成課程のある大学や短大で所定の単位を取得して卒業すると、教員免許が交付されます。
小学校教諭普通免許状には、1種免許(大卒)・2種免許(短大卒)・専修免許があります。
免許を取ったからといってすぐに小学校教諭になれるわけではなりません。
免許取得後、各都道府県や政令指定都市が実施している教員採用候補者試験を受けるか、私立小学校の教員採用試験を受けて、合格しなければなりません。
教員採用候補者試験に合格して自治体に採用されると、所定の面接などを経て、各学校に配属が決定します。
自治体採用の小学校教諭は公務員となります。私立小学校の場合は、その学校法人に所属する社員、という扱いになります。
教育学部の学生が全員教師になれるだけどの採用枠はないため、狭き門となります。免許があっても、希望する自治体では小学校教諭として働けない、ということも多いです。
中学や高校教師と違い、小学校教諭はさまざまな科目について教えなければならないため、幅広い知識が求められます。多くのことを学び、知識を身につけて採用試験に臨みましょう。
最近は採用基準に学力とともに、人間性を重視するところ増えてきています。勉強だけでなく、人間的な力も持っていなければ、小学校教諭になるのは難しいといえるでしょう。

小学校教員の求人募集の見つけ方

「地域名 小学校教員 採用」と調べれば採用試験の概要が出てきますが、詳しい採用情報などはわかりません。
それぞれの学校の採用人数や採用の状況については、新聞の地域欄や学校のホームページで情報を得ることが大切です。
 
私立小学校の場合は、最初は「講師」として採用される場合が多くなっています。
講師の募集であれば、indeedなどの求人サイトなどでも多く見られますよ。
そこから、経験と実績を積んでいくにつれて正規の教員になるという流れですね。
契約社員のような立場だと考えればわかりやすいかもしれません。
(契)という表記をしているところも多いです。

小学校教員免許は通信で取れるの?

小学校教員免許は、通信でも取得することができます。
通信といってもユーキャンのような通信教育ではなく、通信制大学で学ぶということになります。
小学校教諭になるための所定の課程を、通信制の授業で学び、卒業することによって免許を取得します。
通信制大学で小学校教員免許取得を目指すのは、20代から40代程度と、とても幅広い年代です。
社会人として仕事をしながら「教師がしたい」と考えはじめ、免許を取得する人や、「やっぱり教員課程取っておけばよかったなあ」と後悔している人たちが中心となっているようです。
一度免許を取得して、採用試験に合格してしまえば、通信で取得したということは気にされません。
ただ、新卒採用すら狭き門となっているので、年齢が上がるにつれて採用は厳しくなってくると覚悟しておきましょう。
現役大学生は在学中から養成課程と並行してサポートを受けながら採用試験の勉強をしており、社会人よりも勉強時間を割けるので有利です。

小学校教員免許を取得できる大学

給料解説者ぺすくん

小学校教員免許を取得できる大学はとても多いです。一種免許状が取得できる大学は、全国で260校以上あります。
北海道・関東・関西の大学を一部紹介します。
なお、以下の大学名はすべて2015年度の文部科学省による一覧から取っています。
また、免許の種類も一種免許状です。
二種・専修や他の大学については、文部科学省のホームページをご覧ください。
 
免許資格を取得することのできる大学
 
・北海道の国立大学
北海道教育大学 教育学部の教員養成課程または国際地域学科の地域教育専攻にて取得することができます。
言わずと知れた国立大学ですね。
国立大学ということで、とてもハードルが高いです。
 
・北海道の私立大学
札幌学院大学人文学部の、こども発達学科で取得することができます。
北海道の私立大学だと北翔大学や北海道文教大学でも小学校教員免許を取得可能です。
 
・関東の国立大学
茨城大学 教育学部 学校教育教員養成課程。
宇都宮大学 同上。
群馬大学  同上。
埼玉大学 同上。
千葉大学 同上
東京学芸大学 教育学部 初等教育教員養成課程など。
 
・関東の私立大学
筑波大学 人間学群 教育学類。
共栄大学 教育学部 教育学科。
敬愛大学 国際学部 こども学科。
青山学院大学 教育人間科学部 教育学科。
東京家政大学 家政学部 児童教育学科など。
 
・関西の国立大学
京都教育大学 教育学部 学校教育教員養成課程。
大阪教育大学 教育学部第一部・第二部 学校教育教員養成課程。
神戸大学 発達科学部 人間形成学科など。
 
・関西の私立大学
大谷大学 文学部 教育・心理学科。
大阪青山大学 健康科学部 こども教育学科。
足あだ医学 臨床教育学部 児童教育学科。

小学校教員の口コミお給料

給料:30万円

小学校の先生やってますが大変です。夏休みがあるのはいいですけど

給料:10万円

非常勤講師のため給料は安いです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

学年主任

学年主任でも給料は年齢制です。
残業代がつきません。
ボーナスは2ヶ月分。

特になし

私のいる自治体の話になりますが…
学年主任や生徒指導主任など、主任の教員には主任手当が日額で支給されます。

残業代は出ませんが、教職調整額が毎月、残業するしないに関わらず支給されています。生徒対応等のため、勤務時間そのままに勤務することが難しいためです。
(余談ですが、このことを理解している教員は非常に少数に思います)

匿名さん

ボーナスではなく期末勤勉手当ですし今なら年間4ヶ月分は出ているのでは。
日額で手当がでても学年主任が外れクジなのは間違いないですけどね…

講師

常勤だと教諭の先生方と仕事内容はほぼ同じです。
職員数の多い学校だと校務分掌が少な目ですが、小規模だとがっつり仕事があります。
講師でも僅かですが昇給していきます。
非常勤は決められた仕事を、決められた時間だけなので楽。
行事にも分担がなかったりするし。
でも、長期休業は無給になり、社会保険等の支払いはあるので不安定です。
今は講師は足りないのかな。コンスタントに声をかけてもらえます。

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧