国家公務員2種の給料年収や課長・企画官・室長などの階級別年収・高年収を稼ぐ方法についてを徹底解説 | 給料BANK

国家公務員2種の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 公務員系職業の給料一覧 > 国家公務員2種の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収

国家公務員2種の給料年収や手取り額、初任給を解説!

国家公務員2種の給料年収を解説します。

国家公務員2種の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:38万円
  • 初任給:20万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

国家公務員Ⅱ種の給料・年収補足

20代の給料:25万円(推定)
30代の給料:30万円(推定)
40代の給料:38万円(推定)
 
行政職俸給表(一)、人事院の調査や口コミなどを参考に算出。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
320万円~608万円となると予測されます。

国家公務員Ⅱ種の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~30万円となりそうです。

国家公務員Ⅱ種で高年収になるには?

「キャリア」や「官僚」と呼ばれる国家公務員Ⅰ種に対して、国家公務員Ⅱ種は「ノンキャリア」と呼ばれます。
そのため、出世速度は国家公務員Ⅰ種の方が断然に早く、ノンキャリアは階級も給料もそれには及びません
。国家公務員Ⅰ種で採用された職員は省庁のトップである事務次官まで最終的に上り詰めることができますが、国家公務員Ⅱ種の場合は定年まで勤めても課長までしか出世することができないといわれています。
給料は在職年数と階級によって上がっていきます。国家公務員Ⅱ種で高年収を目指すならば、課長を目指して出世をしていくのが一番の近道です。30代の年収は約480万円、40代の年収は約540万円、最終的に課長となったとしたら50代で年収約730万円になります。

国家公務員Ⅱ種の仕事内容

日本の各省庁など行政機関に勤務するのが国家公務員です。国家公務員Ⅱ種とは、平成23年度までの存在した国家公務員になるための試験区分の名称で、現在は「国家公務員一般職試験(大卒程度、高卒者)」に変更されました。
名称は変わりましたが、中身はほとんど変わっていないので、今でも「国家公務員Ⅱ種」と呼ぶ人もいます。
Ⅰ種の総合職が国の政策や予算、法案策定に携わる仕事をする幹部候補なのに対して、Ⅱ種の一般職はおもに事務処理を担当することになります。
関係団体とイベントを行う際の打ち合わせや当日の運営、会議に必要な資料集め、国民からの電話相談への対応、人事部で人材配置などを行うのも仕事です。基本的には採用された同一省庁の中で長年勤務をすることになるので、1つの分野に詳しくなり、スペシャリストとなることもあります。
出先機関などに出向することがあれば、現場のプロとして、政策実現のためにその専門の能力を発揮することができます。
仕事内容は、勤務する行政機関や、専門とする分野、配属された部署によって大きく異なります。
たとえば、金融庁では金融制度の企画立案に伴う事務作業や、検査監督などを行い、入国管理局では不法入国者や不法滞在者などの取り締まりをし、農林水産省では農薬の適切な使用を農業従事者に伝える講習を行ったり、地方運輸局では民間の陸上・海上の輸送業の資格認定や免許発行などの実務を担当したりします。
外務省では一般職でも在外勤務があるため、一般職職員を対象とした語学研修も行われています。

国家公務員Ⅱ種になるには?【資格・試験難易度】

日本の各省庁など行政機関に勤務するのが国家公務員です。
国家公務員Ⅱ種とは、平成23年度までの存在した国家公務員になるための試験区分の名称で、現在は「国家公務員一般職試験(大卒程度、高卒者)」に変更されました。名称は変わりましたが、中身はほとんど変わっていないので、今でも「国家公務員Ⅱ種」と呼ぶ人もいます。
Ⅰ種の総合職が国の政策や予算、法案策定に携わる仕事をする幹部候補なのに対して、Ⅱ種の一般職はおもに事務処理を担当することになります。
関係団体とイベントを行う際の打ち合わせや当日の運営、会議に必要な資料集め、国民からの電話相談への対応、人事部で人材配置などを行うのも仕事です。
基本的には採用された同一省庁の中で長年勤務をすることになるので、1つの分野に詳しくなり、スペシャリストとなることもあります。
出先機関などに出向することがあれば、現場のプロとして、政策実現のためにその専門の能力を発揮することができます。
仕事内容は、勤務する行政機関や、専門とする分野、配属された部署によって大きく異なります。
たとえば、金融庁では金融制度の企画立案に伴う事務作業や、検査監督などを行い、入国管理局では不法入国者や不法滞在者などの取り締まりをし、農林水産省では農薬の適切な使用を農業従事者に伝える講習を行ったり、地方運輸局では民間の陸上・海上の輸送業の資格認定や免許発行などの実務を担当したりします。
外務省では一般職でも在外勤務があるため、一般職職員を対象とした語学研修も行われています。

国家公務員Ⅱ種の役職や階級【昇格】

国家公務員の一般的なキャリアパスは、
係員(20代)→主任→係長(30代)→課長補佐(40代)→企画官/室長→課長(50代)となります。
高卒の一般職の場合は、定年まで勤めても主任止まりという人もいるという話です。
採用される省庁や出先機関によって出世のスピードはかなり異なるようです。特別に優秀な人はノンキャリアからキャリアへと転身する人もいるといいます。

国家公務員Ⅱ種になるための学歴って?

国家公務員Ⅱ種、現在の国家公務員一般職になるためには、大卒程度区分、もしくは高卒者区分の試験を受けることになります。
大卒程度区分の受験資格は、平成29年度の場合、
1 昭和62年4月2日~平成8年4月1日生まれの者
2 平成8年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの
(1) 大学を卒業した者及び平成30年3月までに大学を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
(2) 短期大学又は高等専門学校を卒業した者及び平成30年3月までに短期大学又は高等専門学校を卒業する見込みの者並びに人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
となっています。
高卒者区分の受験資格は、平成29年度の場合、
(1) 平成29年4月1日において高等学校又は中等教育学校を卒業した日の翌日から起算して2年を経過していない者(平成27年4月1日以降に卒業した者が該当します。)及び平成30年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
(2) 人事院が(1)に掲げる者に準ずると認める者

となっています。
  
人事院が同等の資格がある、または準ずると認める者、というのは細かな規定があるため、当てはまる可能性がある人は個人で調べて問い合わせるのがよいでしょう。
国家公務員Ⅰ種(総合職)の場合は、東京大学卒など大学名で合格が左右されるという噂もありますが、国家公務員Ⅱ種(一般職)の場合は、大学名などは関係なく、試験の点数によって公正に決まるといわれています。

国家公務員Ⅱ種のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

国家公務員二種の格好良いところは、公僕として国民のためになる仕事に従事することができるという点です。
利益などは関係なく、困っている人を助けることができるというのは、公務員ならではの仕事です。
総合職のキャリアよりも、より国民に近いところで仕事ができるので、「人の役に立っている」ということを実感できる機会も多いです。
一方辛いところは、公務員であるがゆえに、年功序列の制度がいまだに強く、能力よりも年齢で昇格が判断されてしまうことがあるという点です。
自分よりも無能な上司の下で働かなければならないのは辛いといえます。
でも、優秀な人はノンキャリアであっても次第に認められて出先機関などで重宝されるので、努力は無駄にはなりません。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧