機動隊の給料・手取り・仕事内容・求人募集を解説! | 給料BANK

機動隊の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

機動隊の給料年収や手取り額、初任給を解説!

機動隊の給料年収を解説します。

機動隊の平均給料・給与

  • 49万円

機動隊の平均年収

  • 598万円~789万円
    • 20代の給料:25万円
    • 30代の給料:45万円
    • 40代の給料:55万円
    • 初任給:20~万円
      40代が平均給与。公務員のため俸給制度によってきまってます。手当によって変動あり。

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております。年収は給与や取得したデータからおよそで算出しています。

    機動隊の年収【年代別理想の年収プラン】

    機動隊としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の機動隊の理想年収

    機動隊として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ420.0万円を超える年収です。

    30代の機動隊の理想年収

    機動隊としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は672.0万円を超える年収です。

    40代の機動隊の理想年収

    機動隊となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は868.0万円を超える年収です。

    機動隊の給料・年収補足

    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    350万円~700万円となると予測されます。

    機動隊の仕事内容

    機動隊の仕事内容は災害時や遭難時の人命救助をはじめ、街のパトロール、海外から訪れたVIPの敬語、テロの対応、暴動が起こりそうな時の警戒など多岐にわたります。
    仕事がとても過酷なため、体力的に優れている若い警察官で構成されています。

    機動隊の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    15万円~40万円となりそうです。

    機動隊になるには?【資格】

    機動隊になることを夢見ている人もいると思いますが、どうすればなれるのでしょうか?
    そもそも機動隊は警察の一部門です。
    まずは警察官の採用試験に合格して、警察官になる必要があります。
     
    警察官になった後、適正があると認められれば機動隊になることができます。
    この適正というのが非常に重要で、体力的に他の人よりも優れていないといけません。
    身体を動かす仕事が多いため、体力に自信のある者がなることも多いようです。
    柔道や剣道などの分野で優れている場合は機動隊になれる可能性が高くなります。
     
    また、年齢も重要になります。
    基本的に若い警察官で構成されているので、年齢が高いとなることができません。
    これは先ほどもお話したように身体を動かす仕事が多いためです。
    どうしても年齢が若くないと仕事をこなすことが難しいです。

    機動隊の求人募集の探し方

    機動隊の求人を探したけど見つからないという人もいるのではないでしょうか?
    それもそのはず、機動隊はいきなりなれるものではありません。
    まずは警察官になって、それから適正が認められないと機動隊になることはできないのです。
    つまり、ハローワークや求人サイトを見ても求人は載っていないということです。
     
    機動隊になりたいのであれば、警察官の採用試験を受けて合格してください。
    採用試験に合格しないと警察官になれないので、必然的に機動隊にもなることができません。
     
    警察官採用試験には受験資格があるので、最初に自分が基準を満たしているのか確認しましょう。
    例えば、以下のような基準を満たしている必要があります。
    身長:男性約160cm以上、女性約155cm以上
    体重:男性約47kg以上、女性約45kg以上
    胸囲:男性約78cm以上
    視力:裸眼の視力が左右ともに約0.6以上、矯正視力が左右ともに約1.0以上
    この他にも色彩が正常であること、体に障害がないことも重要な受験資格です。
    柔道や剣道、スポーツなどで活躍した人や語学力に長けている人などは採用されやすいです。

    機動隊と警察官って何か違いがあるの?

    機動隊と警察官は別物だと考えている人も多いかもしれませんが、機動隊は警察の一部門です。
    警察官の中から若くて適性のある人が機動隊として活躍しています。
    ただ、同じ警察官ですが仕事内容は異なります。
    機動隊はテロや災害が行った時の対応、山岳の救助活動、爆発物の処理、VIPの警護など普通の警察官がやらないような仕事をします。
    さらに機動隊の中には銃器対策部隊や爆発物処理部隊、広域緊急援助隊、山岳救助隊といったような専門的な部隊もあります。

    機動隊の訓練ってどんな訓練なの?過酷なの?

    給料解説者ぺすくん

    機動隊の訓練は過酷だといわれていますが、実際のところはどうなのでしょうか?
    結論からいうと非常に過酷です。
    やはり、身体を動かす仕事が多いため、普段から厳しいトレーニングに励んでいます。
    厳しいトレーニングで心身ともに鍛えておかないと機動隊の仕事を全うすることができません。
    その訓練の厳しさから警察官の仕事の中でも機動隊の仕事が最も過酷だといわれています。
     
    機動隊の仕事内容は多岐にわたるため、訓練内容も様々です。
    体力トレーニングをはじめ、柔道や剣道といった武道の訓練、集団警備の訓練、爆発物処理の訓練など行っています。
    自衛隊と共同のアクアラング訓練やレンジャー訓練なども行われます。
    こういった激しい訓練を耐えて、ようやく一人前の機動隊員になることができるのです。
     
    訓練がとても過酷なので、体力に自信のある体育会系の人の方に向いている仕事です。
    人命救助や警護、爆発物の処理、テロ対応など命を落とす危険があるため、強い正義感や責任感、覚悟がないと続けることができません。
    生半可な気持ちでは仕事に支障をきたしてしまう恐れがあります。

    機動隊の口コミお給料

    給料:30万円

    警察官です。

    給料:25万円

    体力があるときにしかできません。管区機動隊で2年やっていました。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧