日給が3万円を超える日雇い・アルバイト・仕事ランキング | 給料BANK

日給が3万円を超えるアルバイトランキング

給料BANK > 日給が3万円を超える日雇い・アルバイト・仕事ランキング

日給が3万円を超えるアルバイトランキング

日給が3万円を超えるアルバイトランキング

新生銀行が発表している「サラリーマンのお小遣い調査」によると、サラリーマンの小遣い額の平均は37873円(2016年)だそうです。
ちなみに子どもがいる世帯では、3万円を切るそうです。
  
収入の11%くらいがお小遣いになる傾向があるようですが、これを安いとみるか、高いとみるかは、ご家庭と奥さんのパワーバランスによって変わってきます。 
日給3万円というのは、お父さんの毎月のお小遣いくらいの金額を毎日稼ぐということ。 
1ヶ月分の小遣いを1日で稼ぐ……!すごいんだかすごくないんだか、ちょっと分かりにくいですが、実際に数字で見てみると、「日給3万円」というのは結構大変なことだというのがわかります。 
  
まずは、日給3万円の手取りがどのくらいになるのか、年収はどのくらいになるのかを見てみましょう。

日給3万円のアルバイト画像

日給3万円って手取りだとどのくらい?

日額2900円以上、月額だと8万8000円以上は源泉徴収がされることになっています(平成29年度)。源泉徴収の額は「源泉徴収税額表」によって定められており、扶養家族の人数などによって異なります。 
たとえば、日給3万円を日払いでもらう場合、扶養家族が0人の甲欄だと、約4000円が引かれます。
  
日額2万6000円が手取りです。1ヶ月間に20日働くとしたら、月額で60万円もらえることになり、4万7100円が引かれます。手取りは55万2900円です。
住民税、年金、保険など必要な税金を差し引くと、手取りは48万円くらいといったところでしょうか。
 
サラリーマンの平均年収が420万円程度だといわれているので、仮に年間250日間働いていたとしたら、日給換算で1万6800円です。日給3万円というのは、サラリーマンのほぼ倍の金額を稼ぐということです。
日給3万円で250日間働いたら、年収は750万円です。一般的なサラリーマンの平均年収420万円を遥かに超えています。大手企業のサラリーマンと同程度か、年齢によってはそれ以上の収入といえます。
 
年収700万円以上はビジネスパーソンの3%ともいわれており、高給取りだといってよいでしょう。妻が専業主婦でもなんとかなる年収ですし、子どもを養うこともできるため、婚活市場では大変人気のある年収帯でもあります。
ただし、あくまでも「日給3万円」を「250日」という前提があってのことです。1日の単発の仕事を250回分見つけるのは非常に困難です。また、期間限定の仕事だと、空白期間をなくすためには日給3万円以下の仕事を入れなければならないこともあるかもしれません。
 
それでは、日給3万円のアルバイトはどんなものがあるのか、給料バンク独自に調べて働きやすさや人気度を考慮してランキングにしてみました。

日給が3万円の仕事やアルバイトのランキングと仕事内容

1位 宇宙バイト
求人情報サイト「タウンワーク」がまれに出す、変わり種のアルバイト求人の中にあった「宇宙バイト」。
飛行機内で作り出された無重力空間で目玉焼きをひっくり返したり、ウェイターとなって水を注いでみたり、チームプレイを行ったり。普通のアルバイトとは一線を画した驚きのアルバイトですが、素晴らしい人生経験となるのは間違い無しです。
第二弾まで行われたようですが、以降のアルバイト募集の予定は不明です。
「タウンワーク激レアバイト」で検索すると、そのほかにも日給3万円で珍しい仕事内容のアルバイトを見つけることができるかもしれません。
 
2位 試合実況報告
海外のスポツデータ収集会社が募集している、試合実況報告のアルバイトです。Jリーグやプロ野球など、スポーツの試合の状況を電話で随時報告します。
時給は4000円です。海外の会社の仕事なので、英語が堪能でなければならないという条件があります。
試合の日時によっては1日3万円を稼ぐことは難しいかもしれませんが、試合を楽しみながら高時給が得られる仕事であることは確かです。
 
3位 薬剤師
資格が必要な仕事ではありますが、薬剤師のアルバイトも高給が得られることで有名です。
ドラッグストアなどでは薬剤師がいなければ販売できない薬もあるため、薬剤師資格のある人は全国どこでも募集しています。時給2500円~5000円くらいまで、地域や会社によって待遇に差はありますが、時給4000円前後であれば日給3万円を稼ぐことができます。
 
4位 有料老人ホームの正看護師
国家資格である正看護師は、資格があれば全国どこでも引く手あまたです。
病院や小さなクリニックから、各施設まで仕事がありますが、特に有料老人ホームでは待遇が良いことが多いようです。病棟看護師に比べるとそこまで忙しいということもないようです。夜勤があることもあります。
 
5位 フロアレディ
資格がなくても高給が得られる仕事として、やはり水商売も外せません。
首都圏や大阪・福岡などの大都市で働くフロアレディ、ホステスは、地方よりも高時給、高待遇となるようです。
キャバクラからバニーガール、スナックでママの補助まで、働く場所は色々とありますが、お客と会話を楽しんでお酌をするといった内容は変わりません。若い女性であれば、仕事はたくさんあります。
 
日給1万円の仕事では軽作業、日給2万円の仕事では技術職に肉体労働が中心となっていました。
日給3万円以上の仕事になると、肉体労働系の仕事は激減し、単発ではキャンペーンも兼ねたような特殊なアルバイトや、国家資格が必要な仕事などが増えます。「なんとなく働きたい」という動機だけでは働くことができないのが、日給3万円以上の仕事であるといえるでしょう。

日給が3万円を超える仕事の探し方(サイト紹介など)

日給3万円という条件で検索してもあまり仕事がないのが現状です。
日給3万円ということにとらわれず、時給3750円、もしくは時給4000円で探すのが現実的かもしれません。
しかし、実働が8時間いかない場合もあるので、日給3万円の仕事を探すならば、拘束時間と実働時間も調べる必要があります。
時給4000円前後の求人は、やはりキャバクラのフロアレディなど水商売が目立ちます。水商売専門の求人サイトなどもあるので、職種を絞ったら、その職種専門のサイトを利用してみてもよいでしょう。
薬剤師なら、
MC─薬剤師のお仕事

ファーマジョブ

看護師なら、
看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】

看護師のための転職エージェント【ナースライフ】

 
などのサイトがあります。
また、ハローワークで仕事を見つけることもできます。
鳶職などでは、親方クラスで日給3万円以上になるという話もありました。ここまでくるともはやアルバイトというレベルではなく、本職です。同業者からの紹介や、自分で営業することによって仕事をもらい、日給3万円を得ることになります。