海上自衛隊の階級別給料や手取り・初任給、仕事内容・保有戦力を解説 | 給料BANK

海上自衛隊の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

海上自衛隊の給料・年収や初任給を解説!

海上自衛隊の給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

海上自衛隊の平均給料・給与

  • 37万円

海上自衛隊の平均年収

  • 454万円~597万円
    • 20代の給料:21万円
    • 30代の給料:30万円
    • 40代の給料:37万円
    • 初任給:16~万円
      ※高卒者12万5,000円(3ヶ月後昇任15万9,000円、1年9ヶ月後昇任18万7,600円)

    ※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    海上自衛隊の年収【年代別理想の年収プラン】

    海上自衛隊としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の海上自衛隊の理想年収

    海上自衛隊として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ364.0万円を超える年収です。

    30代の海上自衛隊の理想年収

    海上自衛隊としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は462.0万円を超える年収です。

    40代の海上自衛隊の理想年収

    海上自衛隊となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は616.0万円を超える年収です。

    海上自衛隊の給料・年収補足

    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    480万円~640万円になると予測されます。

    海上自衛隊の仕事内容

    日本の官公庁で、防衛庁の特別機関の一つで、戦時中の海軍が解体された後、海上警備隊が組織化され、やがて海上保安庁の前身保安庁から独立して、現在の防衛庁管轄になりました。
    日本国に対する侵略行為に、自主防衛する役割と、国際緊急援助活動、海賊対処活動、国際テロ対応などの国際的な役割を担っています。
    戦争の抑止力として潜水艦・イージス艦やヘリコプター搭載護衛艦は活躍しています。

    海上自衛隊の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    27万円~29万円となりそうです。

    海上自衛隊になるには?【資格】    

    陸海空の自衛隊全般の採用と、海上自衛官になるための専用コース、大卒者対象の採用コース、高校卒のための採用コース、パイロットコースなどの4つから採用枠を用意しています。
    海上自衛官になるためには、高校卒業後に一般曹候補生になって、選考により技術海曹になるか、曹となって准尉となり幹部となるか、航空学生となって幹部候補生になり、その上の幹部となる道、防衛医科大学、防衛大学校を受験する方法から、幹部候補生となります。
    また現職自衛官から、幹部候補生学校を経て、隊付教育のある舞台へ配属され、術科学校を経て、やがて幹部学校へ進む道もありますね。
    海上自衛隊では、大卒の方がやがて幹部になる率が高く、流れは幹部候補生学校の課程を最大で1年と5ヶ月、海上実習を最大5ヶ月、術科学校初級幹部技課程を最大26週、術科学校中級幹部特技課程を最大1年、そして幹部学校へと進みます。
     
    一般曹候補生となるには、筆記試験と口述試験、身体試験の1次2次試験を受験する必要があり、高卒の場合はこの一般曹候補生からスタートすることになります。

    海上自衛隊の階級別と給料を解説 

    佐官級:
    ・1等海佐給与40万~55万
    ・2等海佐給与34万~50万
    ・3等海佐給与31万~48万
     
    尉官級:
    ・1等海尉給与26万~45万円
    ・2等海尉給与24万~45万円
    ・3等海尉給与23万~44万円
    准尉(幹部候補生クラス)
    ・海准尉給与22万~44万円
     
    下級士官
    ・海曹長22万~43万円
    ・1等海曹22万~41万円
    ・2等海曹21万~38万円
    ・3等海曹18万~31万円
    ・海士長17万~23万円
    ・1等海士17万~19万円
    ・2等海士約16万~17万円
     
    ちなみに海曹へ昇任出来ない場合は、解任、つまり会社員でいうところのクビになるそうです。

    海上自衛隊の手当ってどんなものがあるの

    以下のような手当が支給されます。
     
    総じて自衛官の中では、待遇は非常に良いことが言えますね。
    ・特例地退職手当:1任期90万円、2任期143万円で合計233万円
    ※海上自衛隊は3年、5年が1任期で、満期金は自衛官最大です。
    ただし、曹になってからは、任期制ではないので支給はなくなります。
    他に扶養手当、通勤手当、単身赴任手当、住居手当、寒冷地手当、地域手当、高級作業手当、乗組手当、落下傘隊員手当、災害派遣手当、航海手当などがあります。
    乗組手当はその名の通り、艦艇に乗り組んでいる人のみにつきます
    海上自衛官なのに乗組員じゃない人がいるの?と思うかもしれませんが、海上自衛隊の各総監部や航空基地、自衛隊の学校などでも多くの人たちが働いています。
    一般的には基本給の、掃海艇なら15%、護衛艦なら30%、潜水艦なら50%が付与されます。

    海上自衛隊の保有戦力

    給料解説者ぺすくん

    ・護衛艦47艇/ヘリコプター護衛艦(ひゅうが、いずも等)、ミサイル護衛艦含む
    ・潜水艦16隻/シュノーケルによる空気吸引を必要としないAIP潜水艦6隻所有
    ・掃海艦3艇
    ・掃海艇20艇/機雷掃討艇など
    ・掃海管制艇2艇
    ・掃海母艦2艇
    ・ミサイル艇6艇/対艦ミサイル装備
    ・輸送艦4隻
    ・輸送艇2隻
    ・エアクッション艇6艇
    ・練習艦4隻
    ・練習潜水艦2隻
    ・海洋観測艦4隻
    ・音響測定艦2隻
    ・砕氷艦1隻
    ・敷設艦1隻
    ・潜水救難艦1隻
    ・潜水艦救難母艦1隻
    ・試験艦1隻
    ・補給艦5隻
    ・特務艇1艇
    海上自衛隊は、イージス艦などの特殊最先端艦艇が多く、潜水艦も3,000トンクラスで、米海軍と並ぶ最も近代化された戦力を保有しています。
    イージス艦はアジア最大保有数で、イージス艦1隻で、航空機ミサイル、魚雷、標的補足から攻撃までも瞬時に行えるので、単純に軍力としても世界的に強力といえます。
    加えて、潜水艦技術は恐らく世界一の技術力があり、米国とアジアで購入希望が非常に強く打診されたこともあるそうです。

    海上自衛隊の口コミお給料

    給料:30万円

    元ですが結構もらってました。年収にすると600万ぐらいです。今は家を継いで蕎麦屋へクラスチェンジしました。

    給料:40万円

    責任感がある仕事です。かつ大変な仕事でもあります。お金よりやりがいですね。日本のために頑張ります。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    海曹長

    私が、海自に入隊したのわ昭和42年です、そのころは初級の報酬は1カ月3万弱でした。23歳で練習員として、4カ月教育隊で教育受けて、居る期間に自分の希望する職種を、いくつかの決める、例えば潜水艦、航海科、魚雷科、潜水士、水聴科、とゆように、でも教官からわ、適正無し、と告げられた、でわ?自分に適しているのは、と聞くと、航空電子らと言われた、

    高山 一信

    責任の重い仕事です。
    自分の失敗が仲間達を危険にさらしてしまう可能性が
    あるので、自分のやるべきことは完璧にこなさなくては
    なりませんね。

    海士長

    勤続二年の潜水艦で基本給約18万で手当て(乗組員、航海)含めて約30万。
    積立て月3万して手取は20万くらい。

    長期出港なら一ヶ月総支給40万越えるくらい。

    ボーナスは普通の判定で30万越えるくらい。

    上位判定でプラスん万からん十万。

    同期の航空士(パイロットではない。レーダー員や常駐の整備士的な)で手当て60%(現階級初任給)と、護衛艦専属でプラス30%(基本給)の給料の約60%から90%支給。

    海士長3年目(21歳)くらいで、現階級初任給が18万なら、その他手当て(航海、夜間飛行、危険等)合わせると40万~50万は支給されます。

    艦に乗ってれば、19歳くらいでもう年収は500万近く行くので、本人のやる気と能力次第になります。

    海士長

    勤続3年の水上艦艇乗り組みで総支給27〜29万。(出航日数で少し変動します)
    夏のボーナスは忘れましたが冬は45万くらいです
    乗る艦艇とマークによってキツい配置と楽な配置の差がハッキリとしていますね

    その他の公務員系職業の給料一覧の給料年収一覧