校長先生の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法などを徹底解説 | 給料BANK

校長先生の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

校長先生の給料年収や手取り額、初任給を解説!

校長先生の給料年収を解説します。

校長先生の平均給料・給与

  • 47万円
  • 20代の給料:0万円
  • 30代の給料:0万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:0万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

校長先生の給料・年収補足

20代の給料:0万円(推定)
30代の給料:0万円(推定)
40代の給料:0万円(推定)
 
総務省が公表している、「地方公務員給与実態調査結果の概要」で校長先生の給料を調べた結果、平均給与は47万円となっていました。校長先生になるのが50代半ばが多いため年代別は不明となっています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
1000万円~1200万円となると予測されます。
 

校長先生の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
50万円~60万円となりそうです。

校長先生の仕事内容

校長先生と言えば入学式や卒業式や始業式などの時に全生徒の前で、挨拶やスピーチをするだと思っている人もいるかもしれません。
その他にも運動会や全校集会などの学校行事の時にも校長先生が生徒や先生の前でスピーチをしますが、校長先生はクラスの担任や生徒に授業で教えることはありません。
分かりにくい校長先生の仕事ですが朝の職員会議でその週や月の予定や事務連絡を先生がたに伝え、時には校長先生の話で先生がたのやる気を促したり校長先生のいろいろな思いや考えを伝えます。
朝の職員会議が終わると子供たちがちゃんと真面目に勉強しているか各教室を巡回したり、給食がある場合には生徒と同じ給食のメニューを検食し味や量をチェックし検食簿に記録します。
給食の検食が終わると各教室を巡回して子供たちの給食の様子を見て回り、校長室ではさまざまな書類の決裁やメールの返信や来客の対応など多忙な日が続きます。
また新年度からの担任や担当の先生を決めたり、校長会への出席や講演依頼があれば講演でスピーチをします。

校長先生になるには?【資格・試験難易度】

一般の教員から校長先生になるには学年主任や教務主任を経て、教頭になるための管理職試験を受験し教頭に受かる必要があります。
そして教頭になるための管理職試験に受かった場合は、別の学校の教頭になるか教頭要員になり1年後に教頭になれます。
教頭で校長先生の管理職試験を受験し受かった人が校長になれますが、教頭も校長先生も管理職試験は小論文問題が出題されます。
昔は40代で教頭になるための管理職試験に受かり50歳前後で校長先生になれた時代もあったようですが、今では50歳を過ぎてやっと教頭になり50代の半ばで校長になれるのが一般的のようです。

校長先生の求人の見つけ方

校長先生になるには先ずは教員になる必要があり教員になるには教職課程がある大学や短期大学で、定められた科目を習得し各都道府県教育委員会に教員免許状の授与申請を行います。
教職課程を修了していない場合でも、「教員資格認定試験」に合格することで教員免許を取得することができます。
大学や短期大学で教職課程を修了していない場合でも、教員資格認定試験に合格すれば教員免許は取得することができます。
次に教員の求人の見つけ方ですが私立学校であれば、その学校のホームページに教員の求人情報が掲載されていることがあります。
また私立学校の教員の場合はウェブ上にある求人サイトでも探すことができますが、公立学校の教員の採用は各都道府県で実施している教員採用選考試験を受験し合格する必要があります。

校長先生で高年収になるには?

2012年の公立の高等学校の校長先生の平均年収は1200万円で、小中学校の校長先生の平均年収は1150万円でした。
ただ公立の校長先生の平均年収は減少傾向で今は約1000万円で、近年では2013年に大阪府が公募により校長の採用を行いました。
この時は校長先生の年収は1000万円を超えていて話題になりましたが、いずれにしても公立の校長先生の年収は1000万円程度です。
それでも一般のサラリーマンの平均年収と比べるとかなりの高年収ですがもし校長先生でさらなる高年収を目指すのであれば、私立の有名進学校や有名大学の校長先生になれれば年収は1000万円を軽く超えています。

校長先生のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

陰湿なイジメで子供が追いつめられることも珍しくない日本の学校で、校長先生として赴任してきてその学校が大きく変わることもあります。
一人の校長先生の力で先生方や多くの生徒までが変わり、生徒たちの学業やスポーツで大きな功績を上げることもあります。
それだけ学校での校長先生の影響力は大きく学校が変わることで、生徒たちの将来さえ好転することもありえます。
校長先生のかっこいいところは人の将来や人生を、左右する可能性を持っていることです。

校長先生の給料年収の本音口コミ

45才 給料:67万円

中学校の教員経験がありますがその後は大手進学塾で、塾講師や塾講師の指導に携わってきました。
昨年たまたま私立の校長先生の公募を目にし応募したところ、多くの応募者のなかから採用されました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の公務員系職業の給料一覧の給料一覧