旅行代理店【受付・添乗員・旅行プランナー】の給料年収手取りや企業年収ランキングを解説 | 給料BANK

旅行代理店【受付・添乗員・旅行プランナー】の給料年収手取りや企業年収ランキングを解説|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 旅行代理店【受付・添乗員・旅行プランナー】の給料年収手取りや企業年収ランキングを解説

旅行代理店の給料年収や手取り額、初任給を解説!

旅行代理店の給料年収を解説します。

旅行代理店の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:31万円
  • 初任給:18~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

旅行代理店の給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:31万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
280万円~490万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:17万円~23万円(月収)
東京の求人調査結果:21万円~25万円(月収)
大阪の求人調査結果:17万円~25万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~23万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行代理店の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~25万円となりそうです。

旅行代理店の仕事内容

旅行代理店とは、宿泊や交通まで含めた「旅行」という商品を企画し、販売する会社です。単純に旅行会社、とも呼ばれます。
目的地の選定からホテルの決定、観光プランなどを立案する企画の仕事のほか、店舗でお客様に商品を販売するカウンター業務、旅行に同行する添乗員(ツアーコンダクター)の仕事などを行います。
海外旅行・国内旅行の企画や手配ができる第一種、国内旅行のみの企画と手配を行う第二種、企画はできず手配のみを行う第三種、第一種~三種の旅行会社から委託された業務のみを行う旅行業者代理業者、の4種類の旅行代理店が存在します。
 
参照:添乗員(国内海外)の給料、手取り、初任給
参照:ツアープランナーの給料、手取り、初任給

旅行代理店の企業年収ランキング

年収サイトの調査によると、旅行業界の年収ランキングは以下のようになっています。
 
1位 阪急阪神HD …896万円
2位 ANAホールディングス …789万円
3位 KNT-CTホールディングス(近畿日本ツーリスト) …646万円
4位 一休 …573万円
5位 ニッコウトラベル …560万円
6位 ユーラシア旅行社 …557万円
7位 農協観光 …454万円
8位 エイチ・アイ・エス …426万円

 
上位3位はグループ企業であり、旅行業以外にも多くの業種を含めた年収となっています。
旅行代理店のみでは、平均年収は450万円前後といわれています。支店長クラスでも、年収は550万円という話もあります。
旅行業界は売上が景気や自然災害、治安などに大きく左右されやすいため、ボーナスがカットされることもよくあるようです。

旅行代理店の受付嬢の年収は安いの?

駅前などによく店舗を構えている旅行代理店の店舗では、カウンター業務を行う若い女性をよく見かけます。彼女たちは、旅行代理店の正社員であることもありますが、契約社員や派遣社員など非正規雇用の人もたくさんいます。中途採用では正社員の募集はほとんどなく、派遣社員の募集はたくさん出ています。
正社員の場合、大手代理店なら給料は19万円前後~、地方の小規模代理店の場合は15万円~となり、年収は200万円~300万円となっています。
派遣社員の時給は1400円前後が相場となっているようです。月給に換算すると22万円前後で、年収は260万円ほどになると予想されます。
お客様の予定や予算に合わせたプランを数ある旅行商品の中から提案しなければならず、国内外の観光地のことや、ホテルや旅館のこと、飛行機やJRなどの交通に関することを熟知しておく必要があります。会社によっては成約数や売上などノルマがあることもあり、決して楽な仕事とはいえないようです。
旅行に関する知識のほか、専用の端末を扱ったりすることもあるため、採用においては経験者が優遇されるようです。また、英語が話せるといったスキルも重要となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行代理店にはどんな業種の人が務めているの?【ウェディングプランナー・旅行プランナー・営業など…】

旅行代理店には多くの部署と仕事があります。
企画部では旅行プランナーがさまざまなリサーチのもと、旅行の目的地を決め、滞在ホテルや観光などのツアープランを立てます。また、そのプランに応じて実際にホテルや旅館、飛行機や新幹線、観光施設などに予約の手配を行う部署があったり、店舗でお客様に旅行商品を案内・販売するカウンター業務を行う仕事もあります。
また、添乗員(ツアーコンダクター)としてお客様のツアーに同行し、案内業務を行うこともあります。添乗員は旅行代理店の正社員であることもあれば、ツアーコンダクター専門の派遣会社の社員や契約社員であることも多いようです。
学校や企業など、団体向けに旅行販売を行う営業部もあります。旅行の企画立案から営業、旅行遂行まで一手に引き受けるため、団体営業は旅行業の花形とも言われるようです。
そのほかにも、一般的な企業と同じように総務や経理、広報などの部署もあります。
大手旅行代理店ではウェディング事業部が設けられており、ウェディングプランナー資格を持った社員が活躍していることもあります。ウェディング事業部はかなり人気がある部署という話もあります。
規模が小さな旅行代理店になると、ウェディング関係は外注していることもあるようです。

旅行代理店に必要な資格って何かある?

給料解説者ぺすくん

旅行業界には、旅行業務全般を取り扱うことができる「旅行業務取扱管理者」という国家資格があります。
旅行会社の支店や営業所は、各店舗ごとに必ず一人は「旅行業務取扱管理者」資格保持者を置かなければならないと旅行業法で定められています。そのため、支店や営業所の責任者は、この資格の保持者であることがほとんどです。
国内旅行のみを取り扱うことのできる「国内旅行業務取扱管理者」と、海外旅行も取り扱うことができる「総合旅行業務取扱管理者」の二種類があります。
 
また公的資格として、「旅程管理主任者」資格もあります。これは観光庁長官の認定資格で、添乗員などツアーコンダクターの仕事をすることができる仕事です。旅行代理店で添乗の仕事をするならば、この資格が必要となります。
 
資格がなくても旅行代理店で働くことはできますが、就職や転職にはやはり資格があった方が有利なようです。

旅行代理店の給料年収の本音口コミ

給料:20万円

都内で仕事しています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧