校正校閲部【20代30代40代】の給料年収や有名企業(共同通信・集英社)などの給料・時給相場 | 給料BANK

校正校閲の給料報酬や年収や有名企業(第一生命・日本生命)などの給料や報酬体系を解説|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 校正校閲の給料報酬や年収や有名企業(第一生命・日本生命)などの給料や報酬体系を解説

校正校閲の給料年収や手取り額、初任給を解説!

校正校閲の給料年収を解説します。

校正校閲の平均給料・給与

  • 27万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:26万円
  • 40代の給料:33万円
  • 初任給:20~万円
    年収給料については補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

校正校閲の給料・年収補足

0代の給料:22万円(推定)
30代の給料:26万円(推定)
40代の給料:33万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
320万円~528万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:15万円~19万円(月収)
東京の求人調査結果:18万円~37万円(月収)
大阪の求人調査結果:16万円~37万円(月収)
福岡の求人調査結果:19万円~23万円(月収)
 
校正校閲だけでなく、原稿整理や制作進行管理など、編集業務と兼務する仕事の募集が大半を占めます。
大手出版社・新聞社の校閲部はその企業の給料体系に依るため、給料はもっと高くなり、年収は600万円以上(月給38万円以上)となります。

校正校閲の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~26万円となりそうです。

校正校閲の仕事内容

校正校閲の仕事は、出版予定の原稿(ゲラ)に書かれた文章の誤字脱字、内容の誤りなどを見つけ、修正することです。
 
校正と校閲は、区別がしづらいですが正式には違います。
 
「校正」とは、著者や編集者が意図した通りに原稿が刷られているか、もと原稿と刷られた試し刷り原稿(ゲラ)を見比べ、誤りを見つけ正すことを指します。明らかな誤植、誤字・脱字も、校正の段階で赤字を入れて修正指示を出します。赤入れには「校正記号」という独特の記号を用います。
校正は、あくまでも原稿に忠実にゲラが刷られているかを確認する作業が中心となります。
 
「校閲」とは、単純な字句の誤りだけではなく、文章の内容や文言の適否を判断することを指します。例えば、人名や地名などの固有名詞や、電話番号や住所、年号や財務データが正しく掲載されているかを確認します。また、文章の内容に嘘や矛盾点がないかもチェックします。ときには海外の文献や学術資料にあたったり、時代考証や時刻表のチェックまで細かく行うこともあります。
著者の世界観を尊重しつつ、美しい日本語、正しい文章へと修正するのが校閲の作業となります。

共同通信の校正校閲って年収どのくらい?

共同通信社は、国内外のニュースを取材・編集して、全国の新聞社や民間放送局、海外メディアに提供する、日本を代表する通信社です。
通信社の中枢・ニュースセンターには、校閲部があります。配信前のすべての記事や写真説明、グラフィックに目を通し、誤りがないかを最終確認するのが仕事です。校閲専門記者職として採用され、勤務地は本社のみとなります。
 
口コミサイトの情報によると共同通信社の平均年収は700万円~800万円となります。初年度は年収400万円前後です。30代で年収600万円を超え、部長クラスでは1000万円~1500万円となります。校閲部でも正社員ならば同じくらいの年収になると思われます。
 
共同通信社では学生のアルバイトを募集しています。編集アシスタント業務で時給は900円~1000円となっています。校閲部でもアルバイトを採用しているようですが、時給は不明です。おそらく他の学生アルバイトと同程度の時給であると考えられます。

求人の探し方

校正校閲者は、出版社や新聞社の校正校閲部門や、編集プロダクション、印刷会社、広告代理店、校正校閲専門会社などで働きます。正社員からアルバイト、在宅ワークまで、働き方はさまざまです。
   
校正・校閲の求人は、求人情報サイトなどで多数見つけることができます。
ただし、大手出版社や新聞社の校閲部の正社員採用は、中途での募集をほとんど行っていません。まれに求人が出ることはありますが、欠員が出た場合のみです。大手企業の校閲部で働きたいならば、新卒採用を狙うしかありません。
そのほかの編集プロダクションや広告会社、校正・校閲専門会社では中途でも多数募集があります。小さな出版社などでは、編集が校正・校閲を兼ねていることもあります。
 
地方では月給16万円~、首都圏では月給21万円~、高いところで25万円前後での募集になります。アルバイトの場合、校閲の経験の有無にもよりますが、地方で時給1000円、首都圏だと時給1600円以上での募集がありました。
校正だけのアルバイトなら、クラウドソーシングなどで在宅での募集もあります。時給は1000円未満となり、場合によっては原稿の文字数によってギャラを支払われることもあります。

大手出版社(集英社・小学館)の校正校閲部の年収

大手出版社の多くは、校正校閲を専門に行う校閲部門を設置しています。
 
集英社には校閲室があります。集英社の校閲はレベルが高いことで有名です。
小説などにおいて、著者が何気なく書いた場面設定に対して、「その時代にその建物は存在しません」や「◯年前の時刻表によると、主人公はそのバスに間に合いません」などと細かく内容の矛盾点を指摘してきた、という経験談がありました。
採用情報によると、校正校閲の作業だけでなく、進行管理なども業務として行うようです。
年収は集英社の正社員なので、平均620万円となります。集英社は能力と業績次第では、年収1000万円も可能といわれています。
集英社の整理・校閲スタッフの募集要項によると、初任給は26万2300円以上で、モデルケースとして勤続8年の30歳で37万8590円(年収換算605万円)となっていました。
 
小学館に関しては校正校閲部の情報がほとんど出ていません。校閲専門職の採用は新卒・中途採用でも行っていないようです。しかし、辞典や図鑑などを多く手掛けているため、校閲を行うスタッフがいるのは確かです。子会社である小学館クリエティブは業務として校正校閲を掲げており、そちらに外注している可能性もあります。部署(文庫)によっては外部の校正校閲専門会社(鴎来堂など)に校閲をお願いしている、という情報もありました。
小学館の正社員として校閲を行うなら、平均年収は1195万円となっています。ただし、この金額は残業の多い編集部勤務の場合の金額であり、校閲者の正確な年収は不明です。集英社と大きく年収が違うということはないはずなので、おそらく年収600万円前後であると思われます。

時給相場はどのくらい?

校正校閲のアルバイト時給は、校正のみなら時給850円~、校閲まで行うと時給は1000円以上、難易度や能力に応じて、時給1600円以上となります。誤字脱字レベルの校正であれば編集アシスタントでもできるため、校正のみのアルバイトは少なく、基本的には校閲まで行う人が求められます。学生アルバイトや格安のクラウドソーシングでは、校正のみ、という仕事もあるようですが、件数は少ないです。
出版社は地方よりも首都圏に多くあるため、編集プロダクションや校正校閲専門会社も首都圏に集中しています。アルバイトの募集も、ほとんど都内が中心です。
地方の場合、出版物のほかパンフレットや広告制作物の校正校閲を行ったり、編集業務を兼務するような仕事が多くなります。

校正校閲で年収1000万円以上(高年収)を狙うには?

給料解説者ぺすくん

校正校閲で年収1000万円を狙うのはほぼ不可能に近いです。
ただ大手出版社で校閲部の役職者になればまだ可能性が高いかもしれません。
実際に大手出版社の集英社では年収1000万円になるといわれていました。
校閲で高年収を狙うには大手企業を目指しましょう。

校正校閲の口コミ

給料:20万円

都内で校正校閲を契約社員でやってます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧