音響技術者の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

音響技術者の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 音響技術者の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収

音響技術者の給料年収や手取り額、初任給を解説!

音響技術者の給料年収を解説します。

音響技術者の平均給料・給与

  • 35万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:31万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

音響技術者の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:31万円(推定)
40代の給料:40万円(推定)
 
音響技術者とはレコーディング・エンジニアとかミキシング・エンジニアとも呼ばれ、CDなどの録音の際の音響の調整などを行う技術者のことです。
音響技術者の給料は勤めている会社の規模や、本人のスキルや能力によってもかなりの差があります。
一流ミュージシャンを担当する音響技術者のなかには年収が1000万円を超えることもあるようですが、一般的には平均的なサラリーマンの平均年収とあまり変わりがないようです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
420万円~460万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:15万円~18万円(月収)
東京の求人調査結果:17万円 ~ 24万円(月収)
大阪の求人調査結果:16.5万円~23万円(月収)
福岡の求人調査結果:15.5万円~22万円(月収)

音響技術者の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
20万円~35万円となりそうです。

音響技術者の仕事内容

音響技術者の仕事内容はコンサートや舞台や、レコーディングスタジオでCDなどの録音などを行う際に音響の調整を行うことです。
例えばコンサートであればミュージシャンの演奏や歌声を観客に。できるだけクリアな音響で聞こえるように調整することが主な仕事です。
演劇などの舞台でも同じで音響技術者は観客に役者の声や効果音などの調整を行うことですが、近年では建物の防音対策や空調の消音などを行う音響技術者も存在するようです。
担当する仕事によってはレコーディング・エンジニアやマスタリング・エンジニアや、カッティングエンジニアなどの名称で呼ばれることもあるようですが、基本的には同じ音響技術者の仕事のことを指します。
映画の録音技師も音響技術者ですが音響技術者の仕事が、映画の仕上がりにも大きく影響する大事な仕事です。

音響技術者になるには?【資格・試験難易度】

音響技術者になるには特に必要な学歴や資格というのはありませんが、就職する際に持っていれば有利な音響関係の資格はあります。
例えば厚生労働省管轄の技能検定の舞台機構調整技能士は国家資格で、1級~3級までの等級があり舞台機構の調整に必要な技能を認定するものです。
職業能力開発促進法でこの舞台機構調整技能士資格を持っていないと舞台機構調整技能士と名乗ることが禁じられていて、市民会館やホールなどの公的な場所で働きたい場合には取得したほうがいい資格のようです。
舞台機構調整技能士の3級の実技作業試験は作業試験は課題の音源について音響機器を用いてミキシングを行う試験が7分間あり、CDに記録されたさまざまな音を聞いてその内容の判別を行う要素試験が約17分間あります。
2級も1級も作業試験は課題の音源について音響機器を用いてミキシングを行うもので、要素試験はCDに記録されたさまざまな音を聞いてその内容の判別を行うものです。
舞台機構調整技能士の他にも民間資格として一般社団法人日本音響家協会が実施する音響技術者能力検定や、一般社団法人日本音楽スタジオ協会が実施するサウンドレコーディング技術認定試験や、一般社団法人日本ポストプロダクション協会が実施する映像音響処理技術者資格認定試験などがあります。

音響技術者の求人の見つけ方

大手のレコード会社や音楽関連の会社の音響技術者になりたいのであれば、新卒採用がほとんどなので求人に応募するのが一般的です。
その場合は大卒など学歴に制限がある場合が多く、採用されても音響技術者の見習い業務から始めるのが一般的で一人前の音響技術者になるまではかなりの時間を要するようです。
ただ大手のレコード会社や大手の音楽関連の会社の正社員の採用は、求人数に対して採用人数がとても少なく就職試験の競争倍率が高いことが普通です。
しかし音響技術者の求人はレコード会社だけでなくテレビ番組の制作会社や、映画制作会社やイベント関連の会社でもよく目にします。
また音響技術者の場合はコンサートやライブなどの臨時の仕事も多く、正社員でなければ比較的に簡単にネット上の求人で見つけることができるようです。
もし正社員にこだわらないのであれば転職しても、音響技術者の求人を見つけるのはさほど難しくないようです。
 
【この仕事を募集している企業】
・株式会社iStyle
・株式会社シグマコミュニケーションズ
・ヤマハ株式会社研究開発統括部 など

音響技術者で高年収になるには?

音響技術者の月給や年収は一般的なサラリーマンの平均年収とあまり変わりがないようですが、勤めている会社の規模よってもかなりの差があります。
また会社でスキルや技術を磨きフリーランスとして独立した音響技術者のなかには、有名な一流ミュージシャンを担当し年収が1000万円を超えることもあるようです。
いずれにしても会社に勤務している限りは音響技術者で高年収になるのは難しく、スキルや技術を身に付けて独立すれば大手の会社から仕事の依頼があるようになれば高年収になるのも夢ではないようです。

音響技術者のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

音響技術者として会社で働いた後に独立してフリーランスの音響技術者になり憧れのミュージックから声が掛かり、一緒に仕事ができることもあるのがこの仕事の大きなメリットの一つです。
音響技術者の仕事は不規則で決して収入の面でも安定しているとはいえませんが、音楽で生活ができるだけでもかっこいい職業だと言ってもいいでしょう。

音響技術者の給料年収の本音口コミ

25才 給料:24万円

音響技術者の大変なところはコンサートやライブイベントでは、本番の当日だけでなく前日から音響の調整の作業があることです。
さらにコンサートやライブイベントの当日は、コンサートやライブが終わるまで気が抜けません。
それでも音響技術者の仕事はやりがいがあるし、音楽が好きな人には最適な職業と位言えるでしょう。

28才 給料:28万円

音楽制作に携わる会社で正社員の音響技術者として働いていますが、仕事の依頼が多い時期などは派遣社員やアルバイトを雇うこともあります。
スタジオでのレコーディング作業も長時間にわたることが多く、時には徹夜で仕事をすることもあり集中力と体力が求められます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧