ディスパッチャー(運航管理者)の給料年収や求人募集・なるには・資格を解説! | 給料BANK

ディスパッチャー(運航管理者)の給料年収・求人募集を解説!|「給料BANK」

ディスパッチャー(運航管理者)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ディスパッチャー(運航管理者)の給料年収を解説します。

ディスパッチャー(運航管理者)の平均給料・給与

  • 27万円

ディスパッチャー(運航管理者)の平均年収

  • 334万円~437万円
    • 20代の給料:23万円
    • 30代の給料:27万円
    • 40代の給料:34万円
    • 初任給:18~万円
      給与年収は補足参照ください。

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております。年収は給与や取得したデータからおよそで算出しています。

    ディスパッチャー(運航管理者)の年収【年代別理想の年収プラン】

    ディスパッチャー(運航管理者)としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代のディスパッチャー(運航管理者)の理想年収

    ディスパッチャー(運航管理者)として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ392.0万円を超える年収です。

    30代のディスパッチャー(運航管理者)の理想年収

    ディスパッチャー(運航管理者)としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は420.0万円を超える年収です。

    40代のディスパッチャー(運航管理者)の理想年収

    ディスパッチャー(運航管理者)となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は574.0万円を超える年収です。

    ディスパッチャー(運航管理者)の給料・年収補足

    20代の給料:18万円~23万円(推定)
    30代の給料:23万円~30万円(推定)
    40代の給料:30万円~40万円(推定)
     
    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    300万円~500万円となると予測されます。
     
    札幌の求人調査結果:19万円~23万円(月収)
    東京の求人調査結果:18万円~28万円(月収)
    大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
    福岡の求人調査結果:20万円~30万円(月収)

    ディスパッチャー(運航管理者)の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    15万円~24万円となりそうです。

    ディスパッチャー(運航管理者)の仕事内容

    ディスパッチャー(運航管理者)とは、運航管理をする仕事を行う人のことです。
    運航管理の仕事といっても、その業務の範囲はとても広くなっています。
    行き先の空港・代替の空港・航空路の気象情報や機体の状態・乗客や搭載する貨物の重量などなど、さまざまな情報をまとめて管理し、安全かつ効率的な運航ができるようにフライトプランを作成します。
    そのプランを元に、キャプテンと出発前にブリーフィングを行うのです。
     
    そして、運航管理の仕事の中で最も重要なのが、ロードコントロールになります。
    これは、それぞれのフライトの乗客や貨物の状況を考慮して、貨物の搭載量・搭載位置を決めるというものです。
    航空機の重さのバランスをとるということになります。
    前に傾いても後ろに傾いても、左に傾いても右に傾いても、安全だとは言えません。
    安全かつ効率的にフライトを行うためには欠かせない仕事です。
    出発した後には、無線を通じて飛行ルートの気象状況や機体がどれだけ揺れるかを予測したりと、情報を機内の職員に伝える仕事もあります。

    コンパニオンの仕事の面白さ・向いてる性格

    乗客からすれば、飛行機は飛んであたりまえです。
    当然のごとく空を飛び交っている飛行機、その運航のためには、運航管理の仕事が欠かせない。
    この仕事について知る前は知りもしなかったことでしょう。
    人々から感謝されることは無いにしろ、飛行機の安全な運航の支えになっているという実感はあります。
     
    表舞台に立っている役割ではありませんが、仕事の責任はキャプテン並みです。
    そのため、地上のキャプテンとも呼ばれています。
    それほどに責任の重い仕事をするということで、充実感はとても大きなものとなるでしょう。
    ディスパッチャー(運航管理者)の仕事の面白さとは、そのようなところにあると言えるかもしれません。
     
    ディスパッチャー(運航管理者)には、まず責任感が無ければならない。
    その前提の上で、計画を立てるのがすきだという人には向いているかもしれませんね。
    運航前は計画を練ることが仕事のメインとなるため、その仕事が苦になるようではだめです。
    旅行の計画を緻密に立てるのが好きだという人には向いているでしょう。

    ディスパッチャー(運航管理者)になるには?【資格】

    ディスパッチャー(運航管理者)(運航管理者)として名乗って正式に働くには、運航管理者技能検定という国家資格が必要になります。
    この資格がなければ、正式に仕事をすることはできないのです。
    しかし、この試験の受験資格に「2年以上の実務経験」という項目があります。
     
    ディスパッチャー(運航管理者)になりたい人は、航空会社に、まず就職する。
    そうして運航管理業務に適正アリと判断された場合に、運航管理室に配属されるでしょう。
    ここで少し運の要素が入ってきます。
    適正もありますが、思うような部署に配属されるためには、運も必要です。
     
    運航管理室に配属されたディスパッチャー(運航管理者)志望者は、運航支援者としてディスパッチャー(運航管理者)のサポートに回ります。
    そうして実務経験を2年積むのです。
    2年経ってから、試験合格を目指します。

    ディスパッチャー(運航管理者)の求人募集の探し方やどんな業種で募集しているの?

    ディスパッチャー(運航管理者)という言葉で探すか、運航管理者という言葉で探しましょう。
    運航管理者としての資格がある人は、中途採用でも見つかる場合があります。
    資格が無い場合は、まず航空会社に就職しなければなりません。
    希望職業をディスパッチャー(運航管理者)とし、就職するのです。
     
    そのため、まずは航空会社の求人を探しましょう。

    ディスパッチャー(運航管理者)(運航管理者技能検定)の資格ってどのくらいの難易度なの?

    ディスパッチャー(運航管理者)になるのに必要な、運航管理者技能検定の資格ですが、その難易度は高いです。
    国家資格ですから、それ相応の難しさは覚悟しなければなりません。
    資格の難易度を偏差値で表すなら、67となり、難関レベルになります。
    学科試験と実地試験があるのですが、学科試験の科目数が9科目もあるのです。
    航空機・航空機の運航・航空保安施設・無線通信・航空気象・気象予報・天気図の解説・空中航法・法規といった科目から、問題が出題されます。
    その範囲の広さも、難しさに関与しているのでしょう。

    ディスパッチャー(運航管理者)になる大学ってある?

    給料解説者ぺすくん

    ディスパッチャー(運航管理者)になる「ための」大学というのは、特にありません。
    学部や学科・専攻なども特に問われることが無いため、どの大学を卒業したとしてもディスパッチャー(運航管理者)になれます。
    ただし、大卒以上の肩書きは求められるため、大学進学は考える必要がありますよ。
    ディスパッチャー(運航管理者)は総合職(事務職)というくくりで一括採用されるため、学部や学科は必要とされないのです。
    必要なのは、ディスパッチャー(運航管理者)の適性です。
    適性ありと認められなければ、航空会社に入ったとしてもディスパッチャー(運航管理者)になれません。
    大学卒の資格が求められ、ディスパッチャー(運航管理者)について学べる学校が特に無い。
    事前にディスパッチャー(運航管理者)について、誰かに教えてもらうことはできないのです。
     
    適性というのも、能力というよりは人間的な部分が大きくなっています。
    責任感や計画性など、これから備えるものでなく、すでに備わっている部分が評価されるのです。
    そのため、ディスパッチャー(運航管理者)になれるかどうかは、もうすでに決まっているかもしれませんね。

    ディスパッチャー(運航管理者)の口コミ

    給料:30万円

    運行管理なのでかなりシビアな世界で責任感を感じます。

    給料:24万円

    フライトプランの作成をしています。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧