ガラス工芸家(ガラス職人)の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

ガラス工芸家(ガラス職人)の給料年収や、各地域の時給・高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

ガラス工芸家(ガラス職人)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

ガラス工芸家(ガラス職人)の給料年収を解説します。

ガラス工芸家(ガラス職人)の平均給料・給与

  • 21.7万円
  • 20代の給料:7万円
  • 30代の給料:20.8万円
  • 40代の給料:37.5万円
  • 初任給:6~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ガラス工芸家の給料・年収補足

20代の給料:7万円(推定)
30代の給料:20.8万円(推定)
40代の給料:37.5万円(推定)
 
 
ガラス工芸家とはガラス工芸品を作る工芸家のことでガラス工芸品も美術品や、工芸品だけでなく日用品から現代アートまでと幅広い範囲に渡っています。
またガラス工芸品はコップや皿や花瓶や小物までさまざまあり、江戸時代の末期から明治時代の初頭にかけて登場した薩摩切子や江戸切子などもガラス工芸品の一つです。
ガラス工芸家が作るガラス工芸品も常温で作るコールドワークと、ガラスを加熱し熔融または軟化させて作るホットワークやキルンワークと呼ばれる工法があります。
多くのガラス工芸家は自分のガラス工房で作ったガラス工芸品を取引がある民芸品店に卸したりしていますが、なかには工房の横に自分の店舗を構えて作ったガラス工芸品を販売しているガラス工芸家もいます。
また観光地で民芸品店の店頭や一角でガラス工芸品を作る工芸家もいて、観光客にガラス工芸を作る体験をさせたりして自分の作ったガラス工芸品を販売していることもあります。
気になるガラス工芸家の給料ですが20代のガラス工芸家のほとんどはガラス工芸家に弟子入りしていつ修業期間で、給料も住み込みで6万円からせいぜい8万円程度です。
またプロのガラス工芸家として、何とか生活できる程度の年収といわれているので200万円から300万円程度のようです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
120万円~430万円となると予測されます。
 
【各地域別の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明
有名なガラス工芸家の場合は弟子を取ることもあるようですが、求人でなくほとんどが給料なしでもいいので教えて欲しいと半ば押し掛けのような感じのようです。

ガラス工芸家の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
6万円~18万円となりそうです。

ガラス工芸家の仕事内容

ガラス工芸家の仕事内容はガラスを使ってコップや皿や、花瓶などさまざまガラス工芸品を作ることです。
ガラス工芸品は美術品もありますが民芸品店で売られているようなものから、日常生活の中で使うようなガラス工芸品なども数多くあります。
工法も高温でガラス工芸品を作るホットワークと常温で作るコールドワークとありますがガラス工芸家の仕事は、いずれの工法であってもガラス工芸品を作り自分の作品を売ることで生活の糧を得ています。

ガラス工芸家になるには?【資格・試験難易度】

ガラス工芸家になるには特に資格や学歴などは必要ありませんが、ガラスの加工やカットや彫刻やサンドブラストやエナメリングなどの技法を独学で学ぶことは難しいようです。
そのため多くの場合はガラス工芸家に弟子入りして学ぶのが一般的でしたが、なかにはガラスを作る会社で働きながら趣味がガラス工芸品を作りガラス工芸家になるパターンもあるようです。
それと最近ではガラス工芸教室も増えてきているのでガラス工芸家になるためにそのような教室で技術を習得してから、コップや皿や花瓶などさまざまガラス工芸品を作る創作活動に入る人もいるようです。

ガラス工芸家の求人の見つけ方

ガラス工芸家は企業に勤めるサラリーマンではなく独立開業した、自営業になるのでガラス工芸家の求人などはありません。
ただガラス工芸品メーカーの求人は少ないようですがあるようなのでガラス工芸家になるために、ガラス工芸品メーカーに就職して技術を学びのも一つの方法かもしれません。 
 
【日本国内と海外の有名なガラス工芸家】
・岩田藤七
・川原有造
・工藤直
・小暮紀一
・ルネ・ラリック
・エミール・ガレ
・ルイス・C・ティファニー
など

ガラス工芸家で高年収になるには?

ガラス工芸家の年収は企業に勤めるサラリーマンに比べる少なく、30代のガラス工芸家の年収も200万円~300万円程度と生活するのがやっとだと言われています。
その背景には日本には薩摩切子や江戸切子のような伝統工芸品もありますが、海外から機械で大量生産された安いガラス工芸品が輸入されているからです。
そのためガラス工芸家で高年収になるには自分が作った作品の商品価値を上げ、日用品でなく美術品や芸術品の域まで高めることです。 

ガラス工芸家のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

ガラス工芸家のかっこいいところは機械で大量生産されるような商品ではなく、そのガラス工芸家にしか作れないオリジナル性にあります。
機械で大量生産されるようなガラス工芸品はデザインも同じですが、ガラス工芸家の作るガラス工芸品には独自の趣きがあります。
もちろ他のガラス工芸家が作れないようなオリジナルのガラス工芸品を作るまでには工房で試行錯誤の日を続け、大変だとは思いますがそれを乗り越えた時の達成感もそのガラス工芸家しか味わえないものです。

ガラス工芸家の給料年収の本音口コミ

22才 給料:8万円

ガラス工芸家のところで、内弟子として働いています。
どうしてもガラス工芸家になりたくて、頼み込んで弟子にしてもらいました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧