木こり(樵)の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

木こり(樵)の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 木こり(樵)の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収

木こり(樵)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

木こり(樵)の給料年収を解説します。

木こり(樵)の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:42万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

木こり(樵)の給料・年収補足

20代の給料:24万円(推定)
30代の給料:28万円(推定)
40代の給料:32万円(推定)
 
 
樵(きこり)は森林の樹木を伐採することを職業とする人をこう呼びますが、一般的には各都道府県にある森林組合に所属する林務作業員のことを指します。
ただ樵にも森林組合にも民間の林業会社や林業の第3セクターや、海外産業植林センターなどに所属する作業員もいるので給与や年収も一様ではありません。
しかしいずれの場合も樵の高齢化が進み研修に参加して林業に興味を持った若者をリクルートしていますが、樵の給与や年収は一般のサラリーマンの平均的な給与や年収と比べても低いのが現実です。
また森林組合の現場職員は一般的に事務職よりも給料が低い傾向があり、作業が天候に影響されやすいことも給料が安い一因のようです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
320万円~360万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:18万円~25万円(月収)
東京の求人調査結果:17万円~24万円(月収)
大阪の求人調査結果:16万円~23万円(月収)
福岡の求人調査結果:16万円~22万円(月収)

木こり(樵)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15.6万円~22.5万円となりそうです。

木こり(樵)の仕事内容

樵の仕事はチェーンソーを使って樹木を伐採したり、伐採した木を土場まで運ぶのが主な仕事内容です。
昔話などにもよく登場する樵は筋肉隆々で斧や鋸を使用して木を切り倒していましたが、現代の樵は防刃服や防刃長靴などを着用して伐採作業を行います。
また必要に応じて鋸やくさびやヨキと呼ばれるくさびを打ち込むハンマーや、ロープやウインチやバールなどを使用することもあります。
伐採作業の手順ですが先ずは受け口と呼ばれる樹木の直径の、4分の一から3分の一くらいの切り込みを水平に入れます。
そしてその切り込みに約30度くらいの斜め角度に切り込みを入れ、つると呼ばれる木片を除去した部分に反対方向から追い口を入れます。
追い口とは受け口の高さの3分の二くらいの高さを目安に水平方向に切れ込みを入れることで、追い口を入れることでつると呼ばれる木片を除去した部分が木の重みで傾きます。
あびせ倒しと呼ばれるかかり木に向かって木を当ててその両方を倒す手法や、チルホール伐倒しと呼ばれるワイヤーで引っ張りながら伐木するやり方もあります。
樵の仕事は危険を伴うので、雨の日や夜間は行わず休日になります。

木こり(樵)になるには?【資格・試験難易度】

樵になるには一つは全国にある森林組合の現場職員になることで、森林組合とは森林の所有者がお互いに共同して林業を発展させ森林を守り育ててゆくことを目的にした協同組合のことです。
森林組合は組合員である森林所有者や国や県や市町村の地方自治体からの依頼で、樹木を伐採したり間伐や下草刈りや植林などの森林作業を行います。
樵になるには特に学歴や資格などは必要ありませんが林業科がある高校などで、チェーンソーや刈払機器の授業や実習を受けていると研修期間も短くて済みそうです。
また重機オペレーターの資格も取得していたほうが有利で、全国にある森林組合の多くでは通年で求人を行っているようです。
多くの森林組合では希望すれば職場の見学や、作業現場で体験就業ができるところもあるようです。
森林組合の他にも民間の林業会社に就職したり、林業の第3セクターの職員になる方法もあるようです。

木こり(樵)の求人の見つけ方

樵の求人の見つけ方で最も一般的なのは全国に638ほどある森林組合のホームページを検索して、現場職員の求人を行っているかを調べてもし求人があればお問い合わせをすることです。
森林組合の現場職員は高齢化が進み人材不足で、どこの森林組合も通年で求人を行っているようです。
樵の経験がなくてもどこの森林組合でも健康でやる気があれば、研修制度があるので採用される可能性が高いようです。
ただ民間の林業会社や林業の第3セクターの職員になるには、新卒採用がほとんどで中途採用に関しては求人サイトなどで調べる必要がありそうです。
 
【この仕事を募集している企業】
・養父市森林組合
・富山県西部森林組合
・株式会社すず森林
など

木こり(樵)で高年収になるには?

森林組合の現場職員として働く場合は給与や年収は、一般的なサラリーマンの給与や年収と比べても決して高いとは言えません。
またこの仕事は雨などの悪天気に影響を受け、一般のサラリーマンのように収入がどうしても安定していません。
しかし独立し樵で伐採した原木を自分の窯で炭焼きし、高年収を得ている樵も存在しているようです。
原木を買うこともできるようですが買うと儲けの半分は消えてしまうようなので、樵として自分で木を伐採すれば20日の周期で炭が焼き上がるので売り先さえ確保できればかなりの高年収になりそうです。

木こり(樵)のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

仕事を覚えたらサラリーマンのように上司に指図されることもなく、自分のペースで仕事をできることです。
サラリーマンのように自宅から毎朝のように通勤電車で会社に行く必要もなく、残業もないので日が沈めばその日の仕事は終わり自宅で好きな時間を過ごすことができます。
真夏の山は暑く蚊や蛇なども多く過酷な環境ですが自然が好きで、人間関係が苦手な人には樵という職業は最適かもしれません。
また朝が早いので汚染されていない自然の空気を吸い、鳥のさえずりと共に生活できる喜びは都内のサラリーマンでは味わうことはできません。
重機やチェーンソーを使いますが体力が付き、身体を動かすのが好きな人にはやりがいがある仕事です。

木こり(樵)の給料年収の本音口コミ

25才 給料:23万円

高校生の時に林業関係のアルバイトをしたことがきっかけで、この仕事に興味をもつようになりました。
親に相談したら地元で働けることもあり、親も賛成してくれました。
ただ冬の山はとにかく寒くて朝は起きるのが大変ですが、樵という職業は自然の中で仕事ができるという点がとても魅力的です。

28才 給料:25万円

高校を卒業して民間の林業会社に就職し、森林作業員として働いています。
仕事は木を伐採したり造材したり他にも木の搬出や、運搬や下刈や間伐や植林なども行っています。
この仕事は残業はありませんが朝が早く、雨や台風など天気に左右されるのが難点です。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

45才のきこりは月収33万円!

以前は大阪で営業マンとして働いていましたがそのころと比較すると、収入はダウンしましたが今の方がとても気楽です。
前はノルマに追われ達成できないと会社から嫌味を言われていましたが、今は重機の操作や伐倒作業で精神的には楽です。
将来的には多少の不安はありますが都会で働いていても会社が倒産したり、リストラされることもあるのであまり考えないようにしています。

戦術的なチェーンソー使い

33才で給料27万円
学校を卒業して民間の食品会社に就職し、工場で仕事をしていました。
ただ経営が安定していなかったのでリストラされ、森林組合の現場職員の求人を見つけ応募しました。
森林での仕事はきつく危険なこともありますが、チェーンソーでの伐倒作業はストレス解消になります。

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧