ポーカー選手の給料・手取り・賞金ランキングを解説! | 給料BANK

ポーカー選手の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

ポーカー選手の給料・年収や手取り額を解説!

ポーカー選手の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカー選手の平均給料・給与

  • 不明万円

ポーカー選手の平均年収

  • 10万円~5万円
    • 20代の給料:30万円
    • 30代の給料:30万円
    • 40代の給料:30万円
    • 初任給:1~万円
      年収給料については再集計中。補足参照ください

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    ポーカー選手の年収【年代別理想の年収プラン】

    ポーカー選手としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代のポーカー選手の理想年収

    ポーカー選手として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ490.0万円を超える年収です。

    30代のポーカー選手の理想年収

    ポーカー選手としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は462.0万円を超える年収です。

    40代のポーカー選手の理想年収

    ポーカー選手となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は518.0万円を超える年収です。

    ポーカー選手の年収・給料補足

    ポーカーは大会での賞金だけが公表されているため、年収や給料を算出するのがそもそも難しいです。
    ※大会以外でも稼いでいます。
    そのため、年収や給料は産出は難しいですが、大会だけでどのくらいの賞金が稼げるのか算出してみました。
    有名な2位の木原さんを参照してみますと、累計大会獲得賞金が1,013,724ドル。(2015年8月)。
    2014年9月で892,316ドルでした。
    差し引きすると、121,000ドルとなり日本円換算すると約1200万円になります。(1ドル100円換算)
    そのため大会だけでの獲得賞金は1200万円となりますね。
    25位の方で26,000ドル
     
    ※横澤選手がポーカー選手の年収給料についてツイッターで発言されていたので引用すると
    「そもそも年間1億稼いで収入マイナスな人もいるわけで、獲得賞金から年収を算出する意味がよくわからないし、ほとんどのプロの収入源はキャッシュゲーム。適当にも程がある」とのご指摘をいただきました。
    そのため訂正加筆を加えさせていただきました。
    プロポーカー横澤選手のツイート

    ポーカー選手の仕事内容

    ポーカー選手の仕事内容は、様々な大会等でポーカー勝負をし、勝って賞金を稼ぐと言うものです。
    ポーカーをプロとして職業にしている人は日本ではとても少ないとされています。
    ですが、海外ではプロポーカー選手と言う職業が確立されているようです。
    そんなポーカー選手は先程も記載した様に様々な大会へ出場するのですが、賞金の額がいくらなのかによって収入が全く違ってきます。
    ですので、プロポーカーを目指している人いたら、しっかりと賞金がいくらなのかも確認しておかなければいけませんね。
    また、ポーカー選手は勉強もしなければ一流にはなれないでしょう。
    ポーカーに通じるその他の知識をしっかりとつけていかなければいけません。
    例えば、プロのポーカー選手は心理学等にも詳しい人が多いとされています。
    相手がどの様な心理状態なのかを見定める事もポーカーには必要な事だからです。

    ポーカー選手画像1

    ポーカー選手の給料手取り

    上記から算出してみると、手取りはだいたい 20万円~50万円となりそうです。

    ポーカー大会での賞金はどれくらいなの?

    ポーカー選手になりたいと考えている人が気になる事は、賞金がどれくらいなのかと言う事ではないでしょうか?
    大会によって様々な額が賞金になっていますが、高額な大会(世界大会等)になると5千万円以上になる事もあります。
    一般的なものでは、1位で100万円~200万円くらいの大会が多いでしょう。
    ポーカーは経験を多く積む事で誰でも強くなる事が出来るので、様々な大会に出場する事でだんだん収入を増やしていく事が可能です。

    ポーカー選手の累計賞金ランキング(1~5位)

    世界のプロポーカー選手は一体どれくらい稼いでいるのか気になりますよね…
    ここでは、ポーカー選手の賞金ランキングを発表していきたいと思います!
    第1位 約36億8000万円
    世界第1位のポーカー選手は累計で36億円以上稼いでいる事が分かりました!
    これだけの腕前になるには、勉強だけではなく才能や運等も味方していそうですよね。
    第2位 約30億9000万円
    世界第2位のポーカー選手は年収30臆円超えです。
     
    第3位 約27億6000万円
    第4位 約25億5000万円
    第5位 約23億5000万円
    これを見ているだけでも、プロのポーカー選手がどれだけ多く稼いでいるのかが分かりますよね。
    これだけの金額を皆が稼げるのかと言えばそうでは有りませんので、簡単に賞金がもらえるとは思わない方が良さそうですね…

    【ぴっくんコラム】ポーカー大会に出場するにはお金が必要?

    給料解説者ぴっくん

    ポーカー選手になって、大会へ出場してみたいと思っている人は多いのだ。
    ですが、大会へ出場するだけでもお金がかかってしまうのだ
    ポーカー大会には参加料と言うものがあり、その金額も様々なようなのだ。
    例えば、一般的なものだと50~100万円の参加料が、高額なものだと1000万円以上の参加料が掛かってしまう大会もあるのだ。
    もし、賞金をもらえる順位までいく事が出来なければ参加料の分は丸々損してしまう事になるのだ。
    ですので、自信が無いという人は参加料が少ない大会や無料オンラインポーカー等で経験を積む事がお勧めするのだ。
    全ての参加料が優勝者に行くような構図でもあるのだ。
    本当の実力と運が必要な世界とはこういう世界をいうのかもしれないのだ。

    ポーカー選手の口コミお給料

    給料:0万円

    オンラインゲームでやってるのでまだ0です。

    給料:30万円

    本業が正社員で30万、ポーカーでは年に50万ぐらい稼げればいいかな?

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    匿名さん

    ポーカーの大会賞金だけで給与算定するのは、片手落ちですよ。一番稼ぎになるのはキャッシュゲームとゆう、普段からポーカールームで開かれているポーカーです。 木原プロクラスになると、一晩で1~2百万円位は軽く出入りするテーブルが主戦場となります。 ツキがない日は、5百万円負けてもおかしくないような世界です。

    ここでの収益が話題にならないのは、いつ、誰が、どこで、いくら勝ったのかは、本人が明らかにしない限り、誰にも判らないとゆう事。 勿論、把握が困難なことから、税務署も課税が出来ません。

    米国には、賞金ランキングには出なくても、西海岸に豪邸を持っているような、キャッシュゲーム専門のポーカープロは沢山います。 勿論、勝ち組がいれば必ず負け組が居なければならず、喰えなくなって廃業に追い込まれるプロも沢山います。 
    日本人でもロスやラスベガス、マカオ等で稼いでいるプロは何人かいますが、大概の連中は志も空しく、有り金の大半を失って帰国を強いられています。
    プロの中でも高い勝率(とゆうか、ポーカーの場合は収益率)を維持していくには、人並み外れたセンスと論理的思考力、洞察力、精神力が必要です。

    特になし

     >「そもそも年間1億稼いで収入マイナスな人もいるわけで、獲得賞金から年収を算出する意味がよくわからないし、ほとんどのプロの収入源はキャッシュゲーム。適当にも程がある」とのご指摘をいただいております。

    それ年商じゃん・・

    ライブポーカープレイヤー

    ラスベガスなどでライブキャッシュプロをやってます。
    収入についてですが、1年目は半年間で200万円ほど、2年目の去年は600万円でした。
    稼ぐために大会に出ることはありません(レジャーのつもりで小さい大会に出ることはありますが)

    その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧