主筆の給料年収や主筆とは?や手取り、仕事内容など解説 | 給料BANK

主筆の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 主筆の給料年収・仕事内容を解説!

主筆の給料・年収や手取り額を解説!

主筆の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

主筆の平均給料・給与

  • 183万円
  • 20代の給料:0万円
  • 30代の給料:0万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:20~万円
    主筆は50歳以上が多いため20~40代の給与はありません

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

主筆の給料・年収補足

20代の給料:-
30代の給料:-
40代の給料:-
 
主筆の給与年収を現在調査中。主筆になる年齢は50歳以上が多いため、年代別給与年収では算出できません。
主筆になる人は社長や役員が多いため役員報酬から考えると
 
朝日新聞の役員報酬:3000万円(一人当たり)
毎日新聞の役員報酬:1400万円(一人当たり)
 
上記より、平均給料は116万円~250万円と予測されます。

主筆画像1

主筆の仕事内容・主筆とは

主筆とは新聞社や 出版社の編集長や編集面の最高責任者を指し、企業によって役割も違いますが編集業務や論説の総責任者であるのが普通で、新聞社や出版社にしかない特別な役職で、新聞社や出版社の社長や上級役員など就任するのが一般的です。
読売新聞社の主筆である渡辺恒雄氏は自分の著書の中で「社長は経営の最高責任者で主筆は筆政の最高責任者である。」と書いていて、筆政とは編集部門や論説部門の最高責任者のことを指します。
2016年5月25日に読売新聞グループ本社の人事が発表されましたが、それによるとこれまで読売新聞グループ本社の代表取締役会長兼主筆であった渡邉恒雄氏の肩書が、代表取締役主筆になっていました。
新しい会長には代表取締役社長を務めていた白石興二郎氏が就任することになりましたが、社内の序列は相変わらず渡邉恒雄氏がトップであることには変わりがありません。
主筆のほとんどが新聞記者や雑誌記者からキャリアをスタートさせ、新聞社の場合は記者から論説委員という経歴が一般的です。
一般の企業の最高責任者は社長で筆頭株主でもあるオーナーは社主ですが、新聞社にも社長や社主が全権を掌握しているわけではなく、言論の自由や報道の自由を守るために経営とは切り離して主筆が最高責任者になっているのです。

主筆になるには?【資格取得方法や難易度など】

読売新聞社の渡辺恒雄氏のように一人の人間が長年に渡って主筆を勤めるケースは稀で、普通はベテランの記者から論説委員になり主筆になるのがほとんどです。
また主筆は新聞社や出版社の社長か上級役員がなるのが普通ですが、2016年4月28日に北京のホテルで急死した朝日新聞の主筆の若宮啓文氏は、前任の朝日新聞の主筆であった船橋洋一と同様に取締役でさえありませんでした。
若宮啓文氏は1970年に朝日新聞社に入社し、横浜支局と長野支局を経て本社の政治部・論説委員・政治部長・論説主幹を歴任し、2011年に主筆に就任しています。
若宮啓文氏のようにほとんどの主筆が記者からキャリアをスタートさせ、部長職や論説主幹を経て主筆になっています。

主筆になる人はどこの出身大学が多いの?

読売新聞社の主筆である渡辺恒雄氏は東京帝国(現在の東大)の大学文学部哲学科に入学し、同大学の大学院の新聞研究所(現在の情報学環)を修了しています。
朝日新聞の主な主筆の最終学歴を見てみると1897年(明治30年)に東京朝日新聞社の主筆になった池辺三山氏は慶應義塾大学を中退で、1940年に朝日新聞社の主筆になった高原操氏は東京帝国大学文学部哲学科を卒業しています。
1934年(昭和9年)4月に東京朝日新聞社の主筆になった緒方竹虎氏は東京高等商業学校(現在の一橋大学)に入学しますが、後に早稲田大学専門部の政治経済科に編入し、1911年(明治44年)に早稲田大学を卒業しています。
1967年7月に朝日新聞社の社長に就任し、28年間も空席になっていた主筆を兼任した、広岡知男氏は東京帝国を卒業しています。
2007年6月26日から2010年12月15日まで朝日新聞社の主筆を務めた船橋洋一氏も1968年に東京大学の教養学部を卒業しています。
2011年5月1日から2013年1月16日まで朝日新聞社の主筆を務めた若宮啓文氏も東京大学の法学部を卒業しています。
 
毎日新聞の主筆の最終学歴を見てみると2010年6月から2013年3月まで主筆を務めた岸井成格氏は1967年に慶應義塾大学の法学部法律学科を卒業していて、産経新聞社の主筆を1998年6月26日から務めた住田良能氏は1969年に慶應義塾大学の経済学部を卒業しています。
 
こうして見てみると新聞社の主筆を務めているのは、圧倒的に東京大学を卒業していることが分かります。

主筆になるには?

主筆になるには、特別な資格は必要ありませんが、そのスポーツに関する専門的な知識を有しており、見本となることができる程度の技術を身につけていることが必須となります。そのため、できるだけ早いうちからそのスポーツに馴染んでおいた方が有利となります。
スポーツ科学部のある大学や、インストラクターになるための技術を教える専門学校もあります。
スポーツクラブなどの施設に就職するか、自分で生徒を集めることにより、主筆となります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧