ゴーストライターの給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

ゴーストライターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > ゴーストライターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収

ゴーストライターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ゴーストライターの給料年収を解説します。

ゴーストライターの平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:40万円
  • 30代の給料:40万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:30~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ゴーストライターの給料・年収補足

20代の給料:40万円(推定)
30代の給料:40万円(推定)
40代の給料:40万円(推定)

 
ゴーストライターとは本人に代わり書籍や記事を書くライターのことで、出版会社に勤務する編集者とフリーランスのゴーストライターといます。
2014年にドワンゴと経営統合したKADOKAWAも年商では1000億円を超えていますが、平均年収は約600万円で他の出版会社の社員の平均年収も400万円前後です。
出版会社に勤務する編集者がゴーストライターの場合は平均給料が30~35万円と推測されますが、フリーランスのゴーストライターの場合は一つの案件ごとに幾らという仕事の依頼があり、取材によると、40~50万円でした。
特に有名人の執筆のゴーストとなると50万円以上となるようです。そのためどれくらいの依頼があるかで収入も大きく違ってきます。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
480万円~640万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

ゴーストライターの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
33万円~となりそうです。

ゴーストライターの仕事内容

ゴーストライターの仕事は本人に代わり書籍や記事を書くことで昔で言えば代筆屋のことですが、代筆屋とは字が書けない人に代わって手紙などをする職業のことを指しました。
それに対して現代の代筆屋とも言えるゴーストライターの仕事は、会社の社長やタレントや俳優などの芸能人の自伝などを代筆したり、なかにはエッセイやコラムなどをその本人に代わり書いたりするゴーストライターもいます。
ゴーストライターの仕事も口述筆記と呼ばれる本人の一言一句を書きとる場合や、本人が書いた原稿に訂正を加えたりするリライトを行う場合や、ゴーストライターが書く内容まで考える場合もあります。
書籍や記事やエッセイやコラムだけでなく2014年には耳が聞こえない作曲家の佐村河内守氏の、ゴーストライターの新垣隆氏が告発したように音楽業界にもゴーストライターは存在します。
出版業界のゴーストライターも音楽業界のゴーストライターも本人に代わり書籍や記事を書いたり、番組の主題歌やCM音楽の作詞を作詞家に代わって作るのが仕事です。

ゴーストライターになるには?【資格・試験難易度】

ゴーストライターになるには特に資格や学歴などは必要ありませんが、情報収集力と最低限の文章力が求められます。
特に文章の構成や表現力が豊かでないと、いくらゴーストライターになっても仕事の依頼など来ません。
文章の構成を学んだり表現力を付けるために専門学校に通ったり通信教育を受講する人もいれば、出版社や編集プロダクションに就職して編集者になり経験を積んで独立する人もいます。
ただ最初からゴーストライターを目指す人などほとんどいなくて、ライターとしての仕事をしている人にゴーストライターとしての仕事の依頼があるのが普通です。
なかには作家を目指していてなかなかプロの作家になれない人が、ゴーストライターとしての多くの書籍や記事や脚本などを書いていることもあります。

ゴーストライターの求人の見つけ方

これまでゴーストライターの存在が明らかになった例としては例えば矢沢永吉の「成りあがり」を書いた糸井重里氏や、古くは菊池寛の「不壊の白珠」を書いた川端康成などがありますが著作権法121条で、著作者でない者を著作者として表記することは著作者名詐称罪になります。
そのため表立ってゴーストライターの求人は行われていません。

ゴーストライターで高年収になるには?

ゴーストライターも出版社や編集プロダクションの編集者がゴーストライターの場合と編集者が独立して、フリーランスのゴーストライターとして芸能人や会社経営者に代わり書いている場合とあります。
出版社や編集プロダクションの編集者がゴーストライターの場合は、当然のことですが会社から給料が支払われます。
出版社や編集プロダクションも書籍がなかなか売れない時代なので、1部の会社を除いて高年収になるのは難しいと言えます。
その点ではフリーランスのゴーストライターの場合はライターとして実力や経験があるのであれば仕事の依頼さえあれば、書籍などは案件の報酬とは別に印税の契約もすれば高年収になれる可能性はあります。

ゴーストライターのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

海江田万里が野末陳平の著書のゴーストライターをしていたり、川端康成が菊池寛のゴーストライターをしていたりゴーストライターでも文章力がなければとても野末陳平や菊池寛の作品など書けません。
つまりゴーストライターの名前が世の中に出ることはありませんが、その作品が世の中に出て多くの人に読まれることはあります。
プロの作家や作詞家に認められるほどの才能がないと、作家や作詞家のゴーストライターなどできません。
著者が書いたものが出版されるのが本来の姿かもしれませんが、実際にはゴーストライターが書いていることも少なくありません。
誰で知っているような有名人や著名人に代わって、自分が書いたものが世の中に出るのはある意味で快感かもしれません。

ゴーストライターの給料年収の本音口コミ

25才 給料:24万円

大学を卒業した後にどこかマスコミに就職するのが希望でしたが、就職活動で挫折し内定をもらえませんでした。
そのため編集プロダクションで契約社員として編集の仕事をしていますが、会社の業務としてゴーストライターとしてWeb上のコラムなどを書いています。

40才 給料:60万円

自分自身も書籍を出してますが、ゴーストライターも時々頼まれやっています。一冊あたり60万~100万円です。

32才 給料:40万円

出版社の外注ライターとしてゴーストもやります。ページ単価になりますがだいたい40万円ぐらい毎月もらえます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧