水先人(水先案内人)の給料年収手取りや東京湾の水先任の年収や高年収になる方法を解説 | 給料BANK

水先人(水先案内人)の給料年収手取りや初任給|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 水先人(水先案内人)の給料年収手取りや初任給

水先人(水先案内人)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

水先人(水先案内人)の給料年収を解説します。

水先人(水先案内人)の平均給料・給与

  • 86万円
  • 20代の給料:58万円
  • 30代の給料:75万円
  • 40代の給料:125万円
  • 初任給:50~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

水先人(水先案内人)の給料・年収補足

20代の給料:58万円(推定)
30代の給料:75万円(推定)
40代の給料:125万円(推定)
 
 
算出方法:20代は3級水先人の平均年収700万円から算出、30代は2級水先人の平均年収900万円から算出、40代は1級水先人の平均年収1500万円より算出。水先人(水先案内人)は個人事業主となるため、ボーナスはありません。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
600万円~1500万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明(月収)
東京の求人調査結果:求人無しのため不明(月収)
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水先人(水先案内人)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
40万円~100万円となりそうです。

水先人(水先案内人)で高年収を稼ぐ方法はある? 

水先人の給料である水先料は、水先業務を行ってから約3ヶ月後に代理店等から振り込まれます。水先人会の会費、水先艇等の費用、個人事務所費用等の経費が引かれた分が、個人の報酬となります。
年間の報酬額(年収)は、各水先人会や業務量によって異なります。水先人連合会のHPによると、
・1級水先人:外航船船長とほぼ同等
・2級水先人:外航船一等航海士とほぼ同等
・3級水先人:外航船三等航海士とほぼ同等(年収600万~800万円程度)
となっています。
外航船の一等航海士の年収は推定1000万円前後となり、外航船の船長の年収は1500万円~2500万円といわれています。
水先人で高年収を稼ぐには、3級、2級、1級とステップアップしていき、多くの業務をこなすことが必要となります。健康であるかぎり、72歳までは業務を続けることができます。

東京湾の水先人(水先案内人)は年収が高いの?

東京湾は水域面積こそ伊勢湾、大阪湾に比べると小さいものの、日本を代表する広域物流拠点となっており、年間約25万隻の船舶が入港しています。
東京湾内は船舶交通が複雑に集中していて危険なため、水先人の乗船が義務付けられる強制水先区に指定されています。
「東京湾水先区水先人会」のHPによると、東京湾では177名(平成27年7月1日現在)の水先人が就業しており、船の扱い隻数は年間で約5万7000隻に及ぶといいます。一人当たり年間322隻の船の水先案内をしていることになります。
水先人は個人事業主であり、業務量がダイレクトに収入に響きます。東京湾では仕事の量がかなり多いということもあり、他の水域に比べると年収が高くなると推定されます。
3級で800万円以上、2級で1000万円以上、1級で2000万円前後の収入を得ていると考えられます。

水先人(水先案内人)の仕事内容

水先人(水先案内人)は、船長のアドバイザーとして船舶に乗船し、船舶の操縦を指揮して船や港の安全を守るのが仕事です。
海はどこでも自由に航行できるわけではなく、船の通る道である航路がきちんと定められており、灯台などの航路標識も存在します。
それぞれの水域によってルールは異なるため、安全に目的の岸壁に接岸するにはその水域特有のルールを熟知している専門家である水先人の案内が必要となります。
水先人は古代から「ポーター」と呼ばれ、世界中の海域で活躍してきました。
 
日本周辺の海は、漁船、旅客船、タンカーや貨物船など、大きさのさまざまな船舶が数多く行き交っており、港湾周辺は非常に混雑しています。
特に日本近海は地形や水路が複雑な上に、波、風、潮流といった自然条件が変化し危険を伴います。海域の事情を熟知している水先人が乗船しているかしていないかで海難事故の発生率も大きく異なるといいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

水先人(水先案内人)になるには?【資格取得方法や難易度など】

水先人になるには、国土交通大臣の免許(国家資格)が必要です。海上では、水域によって、風、波、潮流、水深等の自然条件が異なります。また水域によって独自の通航ルールがある場合もあり、それぞれの場所に応じた知識や条件を熟知しておく必要があります。
そのため、免許は全国35ヵ所の水先区別に取得しなければなりません。一箇所の免許で別の場所の水域の水先人として仕事をすることはできない仕組みになっています。
 
水先人の免許は水先業務を行える船舶の総トン数に応じて「1級水先人」「2級水先人」「3級水先人」に分かれています。
1級:制限なし
2級:5万トンまでの船舶(危険物積載船は2トンまで)
3級:2万トンまでの船舶(危険物積載船は不可)
※「危険物」とは原油や液化石油ガス(LPG)など、可燃性であったり毒性があったりする、取り扱いが危険な物質を指します。
3級→2級→1級とステップアップしていきます。
 
3級水先人の試験を受けるには、まずは3級海技士以上の資格を取得し、総トン数1000トン以上の船舶で1年以上船長や航海士として乗船した実務経験があることが必要となります。
2級、3級にもそれぞれ経験年数や受験要件があります。以前は船長経験が必要でしたが、免許制度改正により、船長未経験者でも受験できるようになりました。
受験要件を満たしていたら、登録水先人養成施設で養成課程を受講し、試験を受験して資格を取得します。試験の内容は、身体検査・筆記試験・口述試験となります。筆記試験は学科試験と海図描画が試験科目です。
 
養成期間は実務経験や級によって異なり、8.5ヶ月~3年9ヶ月となります。
水先人養成のための教育は比較的長期間に及ぶため、養成課程を履修する間、一般財団法人「海技振興センター」による経済的支援を受けることも可能です。
ただし、そのためにはまず海技振興センターの実施する水先人養成支援対象者選考試験に合格しなければなりません。
資格のほか、水先人が乗船する船のほとんどが外国船のため、高い英語力やコミュニケーション力も求められます。

水先人(水先案内人)を募集している企業はどんな企業があるの?

給料解説者ぺすくん

日本国内には、35の海域があり、それぞれに水先人がいます。水先人の免許を取得後、各水先区に1つ置かれている法人水先人会に加入しなければなりません。そして業務を開始する前に、
・水先料金の認可申請及び届出(国土交通大臣あて)
・水先約款の届出(国土交通大臣あて)
などを行います。
免許取得後、海運会社などで正社員として働く人もいますが、ほとんどは個人事業主として開業することになります。船会社や船舶代理店から各水域の水先人会の事務所に電話やFAX等で水先業務の要請が入り、そこから水先人に仕事の依頼が来ます。
仕事を受注した水先人は、水先艇(パイロットボート)に乗船し、沖合の乗船場所に向かい、依頼主の船に乗り水先業務を行います。
個人事業主とはいえ好きな時間に好きなように仕事ができるわけではなく、所属する水先人会によって24時間体制で全員の交代制でローテーションが組まれています。
現状、企業として水先人を募集しているところはほとんどありません。
漁業を行っている海運会社で自社の船に乗る水先人を募集しているところなどがありますが、あくまでも自社の「船員」としての募集のようです。

将来を担う子供たちのために水先人(水先案内人)の仕事の面白さや給料を投稿する

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧