家具職人【見習い】の給料年収手取り初任給・仕事内容やなるにはを解説 | 給料BANK

家具職人・家具職人見習いの給料年収手取りや初任給|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 家具職人・家具職人見習いの給料年収手取りや初任給

家具職人の給料年収や手取り額、初任給を解説!

家具職人の給料年収を解説します。

家具職人の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:38~万円
    補足参照ください 平均給与は30代から算出

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

家具職人の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:30万円(推定)
 
 
家具職人の求人情報、口コミなどから算出。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
250万円~480万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:16万円~26万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~40万円(月収)
大阪の求人調査結果:15万円~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:13万円~35万円(月収)

家具職人の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~24万円となりそうです。

家具職人の見習いはだいたいどのくらいの給料になるの?

未経験者の場合、家具職人になるにはまずは見習いとして働くことになります。見習いの場合、月給は10万円~18万円が相場となります。20万円を超えることは少ないようです。伝統の家具作りの文化や技術を継承するために、村役場が職人見習いを支援するという事業を行っているところもあります。
見習いの期間に数十種類ある加工機械の使い方や、木材の扱い方、図面の見方などを実地で学び、数年をかけて一人前の家具職人となります。

家具職人で年収1000万円は可能なの?

大量生産の家具や、中国製の安価な家具、北欧など海外製の家具の人気に押されて、国内の家具製造会社はかなり厳しい状況にあるといいます。会社や工房の社員の場合、平均月給は25万円前後、年収は300万円~400万円程度となるため、年収1000万円はまず無理といってよいでしょう。
 
家具職人は個人で独立開業して工房を開く人も多くいますが、オーダー家具のみを扱い、すべての工程を一人で担当するとなると、かなりの製作期間が必要となります。
一組数十万円~100万円の家具製作を請け負うとしても数をこなすことは難しいため、年収1000万円というのはかなり厳しい金額といえます。
家具職人として年収1000万円を稼ぐためには、家具デザイナーとして世界的に有名になるか、経営者として家具製造の傍らその他のインテリアや内装業を手がけるなどなど相当な努力が必要となります。

家具職人の仕事内容

家具職人は、主に木材を使用した家具の製造を行うのが仕事です。椅子や机、箪笥などが中心となります。
顧客の注文に応じたデザインの家具をオーダーメイドで作ることもあれば、全国チェーンの家具店で販売展開するような大量生産の家具を作ることもあります。プロの家具職人ともなれば、材木商から仕入れるだけではなく、自ら木材市場で丸太を選び、競り落とすこともあるといいます。
家具のデザインや手先の器用さだけでなく、いい材料を見極める目も必要となります。
総務省の調査によると、全国に家具を製造している事業所は2万ヵ所以上あり、約15万人が家具製造業に従事しています。
しかしその中には工場などで大量生産の家具を分業して製造している労働者も含まれるため、いわゆる「家具職人」として一からデザインをして製造する人はかなり少なくなるといわれています。

家具職人になるには?

木工家具作りの本場であるスウェーデンなどではマイスター(職人)資格が確立されており、専門の学校で家具作りを基礎から学び、厳しい試験を突破して資格を取得し、家具職人として認められるといいます。
 
しかし、日本で家具職人になるには特に資格は必要ありません。
高校の工芸科を卒業したり、専門学校や、職業訓練施設で木材加工を学んだりしてから、家具製造会社に就職します。大学の建築科や美術系の学科の出身者もいますし、中にはまったくの未経験から、就職して仕事をしながら家具作りの技術を身につけていく人もいます。大きな加工工場を所有し、大量生産の家具を作っているような企業もあれば、オーダーメイドの家具を作っている小規模な会社や工房などもあります。
 
インターネットやハローワークなどで募集をしていることもありますが、規模の小さい事業所ではあまり公に採用募集を行っていないところもあります。
そのため、若手の職人の中には、家具の展示会や個展などに足を運び、気に入った工房や製造会社に直接問い合わせ、採用試験を受けさせてもらったという人も多いです。
 
地域おこしの一環として、地方の役場が中心となり、Uターンの若者などを家具職人見習いとして募集していることもあります。その場合、給料は安いですが家賃は無料というケースもあるようです。
家具製造工場で実務経験を3年以上積み、現場監督として指揮を執ったり安全面の指導をする「木材加工用機械作業主任者」(国家資格)の資格をとる人もいます。
 
家具作りのノウハウを身につけた後に独立し、自分の工房を開く人もいます。

家具職人の求人はどんな企業が募集しているの?

給料解説者ぺすくん

家具職人は、全国の家具製造会社や木材加工業、インテリアデザイン系の会社で募集していますが、求人数はあまり多くはありません。
建築会社がオリジナル家具の制作を行っているケースもあります。木材調達の関係から都心での求人は少なく、地方の求人の方が多いです。近畿地方や信州地域には個人の工房がたくさんあります。
企画・開発・製造・販売まで自社で行っているところもあれば、オーダー家具のみを製造している会社や、製造を下請けする工場などもあります。
個人宅への販売が中心のところや、ホテルや飲食店などの店舗什器を製造している会社、ペット専用の家具などを製造しているところもあります。
会社の規模によって月給は15万円~40万円と幅があります。

家具職人の給料年収の本音口コミ

23才 給料:20万円

見習いみたいなものです。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧