船長【タンカー・フェリー】の給料年収や企業別の【商船三井・日本郵船】年収比較 | 給料BANK

船長の給料年収やタンカー船長とフェリー船長の年収差|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 船長の給料年収やタンカー船長とフェリー船長の年収差

船長【タンカー・フェリー】の給料年収や手取り額、初任給を解説!

船長【タンカー・フェリー】の給料年収を解説します。

船長【タンカー・フェリー】の平均給料・給与

  • 95万円
  • 20代の給料:0万円
  • 30代の給料:80万円
  • 40代の給料:160万円
  • 初任給:30万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

船長の給料・年収補足

20代の給料:0万円(推定)
30代の給料:80万円(推定)
40代の給料:160万円(推定)
 
 
算出方法:口コミなどから算出。20代で大型船の船長というのはほとんどいませんが、航海士(海技士)の給料を参考にしています。給料BANK「航海士」の給料年収を参照。  
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
480万円~2560万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:600万円~1000万円(年収)
大阪の求人調査結果:480万円~640万円(年収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

船長の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
24万円~128万円となりそうです。

船長の仕事内容

船長とは、船が安全に予定通りに目的地に着くよう、乗組員を監督し航行を指揮する、船の最高責任者です。
英語では「キャプテン」や「マスター」と呼ばれます。
天候やその時々の状況を考慮して船の針路を決定し、複雑な特徴を持つ海域などでは自ら操船を行うこともあります。
船長は船の安全を守るために、場合によっては船員だけでなく時には乗客にも命令をすることができると、法律によって定められています。
船員の世界は階級社会となっており、制服の肩章や袖章の金筋の数とその間の色分けによって階級がわかるようになっています。金筋は4本で、金筋の間の色が黒色なのが船長の証です。

船長になるには?【資格・難易度】

20トン未満の船舶を操縦するには小型船舶操縦士の免許が必要で、20トン以上の大型船舶を運航するためには、国土交通省所管の国家資格である「海技士」の免許が必要です。
海技士(航海)には1級~6級があり、級によって操縦できる船の総トン数や推進機関の出力などが異なります。
免許区分に応じて年齢、乗船履歴などの受験要件が定められており、身体検査及び学科試験(筆記試験及び口述試験)を受けて、免許を取得することができます。通常は小さな船舶で船長経験を積みながらより上の級を目指してランクアップしていき、最終的に大型船の船長となります。
国内航路の船に乗るなら中学、または高校卒業後に海上技術学校で学び、4級海技士の資格を取ります。
外国航路の船の船長になるには、商船大学や商船高等専門学校を卒業するのが一般的です。
商船大学は東京と神戸にあり、四年半の間専門知識を学び、訓練を積みます。商船高等専門学校は全国に5校あり、航海実習を含めて5年間学びます。これらの船員養成専門機関を卒業し試験に合格すると、3級海技士の資格を得ることができます。
海技士の資格を取得後、新卒として海運会社、商船会社、フェリー会社、水産会社などに就職をします。そして規定の日数の実務経験を積み、海技士の上の級の資格を取っていき、船長となります。

船長で高年収を稼ぐためには?

海技士資格を取得した後、船会社で航海士として経験を重ねて必要な資格を取得していき、実力を認められると、船長となります。
航海士は比較的給与水準が高い職業だといわれています。新卒でも月給30万円以上もらえるところも多く、年収も500万円以上となります。
しかしその分、3ヶ月間インターネットもコンビニも使えない海の上での生活の上、人間関係も濃密で、体調管理にも気を配りながら仕事をしなければならず、精神的にも肉体的にもキツイ仕事だという話もあります。船の上で寝泊まりする生活であることからお金を使うチャンスがないため、貯金がかなり貯まる人もいるようです。 国内を運行する内航船の船長の年収は600万円~700万円といわれており、国際的に航行する外航船の船長の年収は1500万円~2500万円にもなるといわれています。 船長として高年収を狙うならば、国内ではなく海外を運行する外航船の航海士となり、総トン数のより大きな大型船舶の船長となるのが一番の近道です。また、勤める会社によっても給与水準は異なるため、商船会社や海運会社など世界規模で就航している企業を選ぶのがよいでしょう。

船長の企業別年収ってどのくらいになるの?(商船三井・日本郵船)

商船三井、日本郵船、川崎汽船の3社は国内3大海運会社と呼ばれています。3社とも国際的に見ても世界の海運会社のランキング20位以内に入る規模の大企業です。
 
商船三井は創業130年の歴史ある総合海運会社です。
有価証券報告書によると、平成28年3月31日現在の従業員(海上従業員)の平均年収は約1016万円となっています。同社の陸上の従業員の平均年収は約993万円なので、海上で働く船員の給料水準が高いことが伺えます。船長の年収が1016万円以上なのは確実で、口コミでは1500万円~2500万円になるという話です。
日本郵船は三菱グループの中核企業でで、現在業界第1位となっています。最近では海運にとらわれず総合物流に力を入れています。
平成28年3月31日現在の従業員の平均年収は1037万円となっています。
商船三井よりやや平均年収は高くなっていますが、船長の給料は1500万円~2500万円と、ほぼ同じ水準だと考えられます。
川崎汽船は国内第3位の大手海運会社です。平成28年3月31日現在の従業員の平均年収は約920万円となっており、トップ2社に比べると約100万円近く年収は低くなります。
船長の給料もそれに伴って、1300万円~2300万円くらいになると予想されます。
海運会社は世界経済の影響をもろに受けると言われており、年によって売上高も大きく変動します。そのため、船長の給料も波があるものと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タンカー船長とフェリー船長なら年収はどちらが高いの?

給料解説者ぺすくん

内航船よりも外航船の方が給料は高くなる傾向があり、また観光船よりも商船の方が給料水準は高いため、総合的にはフェリーよりタンカーの船長の方が年収が高くなるといえます。
外航船の大型タンカーなら年収2000万円以上となるといわれています。内航船のフェリーでも大型船ならば、船長の年収は1500万円となりますが、小型のフェリーでは700万円程度ということもあります。
しかし勤めている企業と、船の大きさや景気によって給料は変動するため、タンカーの船長とフェリーの船長の年収が逆転する場合もありえます。

船長の給料年収の本音口コミ

40才 給料:900万円

内航船の船長をやってます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧