アニヴァーサリープランナーの給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

アニヴァーサリープランナーの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

アニヴァーサリープランナーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

アニヴァーサリープランナーの給料年収を解説します。

アニヴァーサリープランナーの平均給料・給与

  • 26万円
  • 20代の給料:23万円
  • 30代の給料:26.8万円
  • 40代の給料:30万円
  • 初任給:17万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

アニヴァーサリープランナーの給料・年収補足

20代の給料:23万円(推定)
30代の給料:26.8万円(推定)
40代の給料:30万円(推定)
 
 
 
フリーランスとして活動する人が多く、人によって収入は大きく異なります。初任給と平均給与は、類似職種のウエディングプランナーと同等として算出しています。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
272万円~480万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:18万円~
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

アニヴァーサリープランナーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~24万円となりそうです。

アニヴァーサリープランナーの仕事内容

アニヴァーサリー・プランナーは、記念日(アニヴァーサリー)のパーティーをプロデュースするのが仕事です。
イベントプランナー、パーティープランナーの一種であり、日本においては、主に子供の誕生日会をターゲットにしているのがアニヴァーサリー・プランナーとなります。
あくまでも仕事の中心が「子供の誕生日会」ということであり、依頼があれば「ベビーシャワーパーティー」や「謝恩会」「結婚祝いパーティー」など、プライベートなパーティーは何でも請け負うようです。
ホームパーティーが一般的な欧米では「キッズパーティープランナー」(=アニヴァーサリー・プランナー)は割とメジャーな職業ですが、日本においては最近やっと注目されるようになってきた職業です。
 
辰元草子さんが2006年に記念日を企画プロデュースする「SOCO’S ANNIVERSARY(ソーコズ・アニヴァーサリー)」を設立し、日本で初めて「アニヴァーサリー・プランナー」を名乗るようになりました。
2014年には一般社団法人日本アニヴァーサリー・プランナー協会を設立し、現在はアニヴァーサリー・プランナーの養成も行っています。
 
アニヴァーサリー・プランナーは、パーティーのテーマに合わせた飾りつけ、招待状の作成と発送、当日の出し物やBGM、料理などをクライアントと相談しながら決定し、準備をします。
最近では「インスタ映え」を意識した演出も重要なポイントとなっています。
アニヴァーサリー・プランナーは場合によっては当日もクライアントの自宅(もしくは会場)に出張し、司会進行や写真撮影なども行います。
規模と料金次第ではプロのヘアメイクやカメラマン、パフォーマーなどを派遣することもあります。

アニヴァーサリープランナーになるには?【資格・試験難易度】

アニヴァーサリー・プランナーになるには特別な資格などは必要ありません。
現在日本では、育児経験のある女性が自分の経験を生かしてアニヴァーサリー・プランナーを目指すことがほとんどのようです。日本で初めてのアニヴァーサリー・プランナーの辰元草子さんが代表を務める「SOCO’S ANNIVERSARY(ソーコズ・アニヴァーサリー)」では、キッズパーティーのプロを養成する「アニヴァーサリー・プランナー養成スクール」を開講しています。
ベーシックコースは3万6720円、プロコースは34万5000円の費用がかかります。パーティーのプランニングから、クラフト、デコレーション、フードなど、パーティーに必要なもののノウハウを学びます。
 
また、別の経営コンサルティング会社が「アニバーサリープランナースクール」を主要都市で開講しています。
こちらの方はキッズパーティーにとどまらず、冠婚葬祭、あらゆるパーティーに対応するプランナーの育成を目的としているようです。費用は約45万円かかります。独立開業を目指す人向けなので、主婦というより本格的に仕事にしようという人が受講していると予想されます。

アニヴァーサリープランナーの求人の見つけ方

キッズパーティーにこだわらなければ、記念日をプロデュースしている企業はいくつかあります。「アニバーサリープランナー」で検索すると、何件か出てきます。
「SOCO’S ANNIVERSARY」のほか、旅行業とハイヤー業を主体としアニバーサリーサービスも行っている「株式会社アウテック」、“姫会”や“サプライズプロポーズ”などを演出する「有限会社Anipla(アニプラ)」、パーティーグッズを販売している「ダブルノット株式会社」など、アニヴァーサリー・プランナーの活躍する場は探せばあります。
 
ただし、「アニヴァーサリー・プランナー」としてイメージするような、子供の誕生日会などプライベートパーティーをプロデュースする仕事の求人はほぼありません。
「パーティープランナー」で検索しても、ウェディング系(結婚式場など)の仕事しか見つかりません。
インターネットで探してみると、出張バーなどをやっているイベント企画会社や、ケータリングが主体の会社、装花を中心とした花屋など、幅広い意味でパーティープランニングをしている企業もあります。自分がどんなパーティーをプランニングしてみたいのか、よく考えて探してみましょう。
どうしても(イメージ通りの)アニヴァーサリー・プランナーの仕事をしてみたいなら、上記の企業の採用情報をチェックして、直接応募することをおすすめします。
また、自分で独立開業してホームページを作り、営業をかけて、実績を重ねて仕事につなげていく、という方法もあります。

有名なアニヴァーサリー・プランナー

・辰元草子(SOCO’S ANNIVERSARY)
自分の娘のために開いていた誕生日会が評判となり、子供のパーティーの出張プロデュース、ママのためのキッズパーティー講座を開講。その後起業し、アニヴァーサリー・プランナーの育成やパーティーグッズのプロデュースや販売などを手掛けています。
 
・田中彩子(有限会社Anipla)
大学在学中の22歳で起業。3000組以上のサプライズ演出をプランニングしています。リムジンでの送迎やカップル向けのサプライズプロポーズなど得意としています。
 
そのほか、ウエディングプランナー兼パーティープランナーとして有名な人も紹介します。
 
・黒沢裕子(株式会社YUKOWEDDING)
900組以上の結婚式をプランニング。これまでにはなかった欧米スタイルのウェディングが人気を集めています。ウェディングやパーティーの空間デザイン、プロデュースを手がけています。
 
・イファット・オーレン
キャメロン・ディアス、ナタリー・ポートマン、アン・ハサウェイの結婚式を担当したハリウッドで大人気のパーティープランナー。結婚式だけでなく、著名人のさまざまなパーティーのプランニングを行っています。

アニヴァーサリープランナーのかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

記念日、特に「〇歳の誕生日」や「プロポーズ」といったものは、その日しかないもの。一生に一度の大切な日をプランニングし、クライアントの最高の笑顔を引き出すアニヴァーサリー・プランナーは、とても格好いい仕事であるといえます。
パーティーやイベントにおいて、“サプライズ”を成功させるためには、さまざまなノウハウや周到な計画が必要になります。
予算と演出によっては、頭を悩ませることも多いことでしょう。クライアントとのコミュニケーションも欠かせず、うまくいかなければ辛いと思うこともあるかもしれません。
しかし、それを乗り越えて無事に記念日のパーティーを成功させることができれば、大きな達成感を得ることができるはずです。

アニヴァーサリープランナーの給料年収の本音口コミ

給料:10万円

副業でやってます。協会から仕事を紹介されることもありますが基本フリーで動いています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧