時計職人の給料年収やスイス職人の年収、仕事内容やなるための専門学校を解説 | 給料BANK

時計職人の給料年収やスイスの職人の年収、なるには|「給料BANK」

給料BANK > その他専門的分野の給料一覧 > 時計職人の給料年収やスイスの職人の年収、なるには

時計職人の給料年収や手取り額、初任給を解説!

時計職人の給料年収を解説します。

時計職人の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:38万円
  • 初任給:18万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

時計職人の給料・年収補足

20代の給料:25万円(推定)
30代の給料:30万円(推定)
40代の給料:38万円(推定)
 
 
算出方法:求人情報サイトの求人情報などから算出。一流の独立時計師などになると年収は大幅にアップします。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
288万円~608万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:18万円~28万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~49.5万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~30万円(月収)
福岡の求人調査結果:16万円~28万円(月収)

時計職人の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~30万円となりそうです。

時計職人の仕事内容

時計職人とは、時計の修理、修復や補習、部品の交換、メンテナンスなどを行うのが仕事です。
中には時計を一からデザインして組み立てることまでやる職人もいますが、「時計職人」と呼ばれる人のほとんどは、時計の修理を専門としています。
昔はゼンマイで動く「機械式時計」が一般的でしたが、現在では水晶振動子を用いた「クォーツ時計」が主流となっています。
しかし、機械式時計は減ってきているとはいえ、過去10年で7000 万個以上が世界で生産されています。
それらの30%に修理が必要になると考えると、2100 万個の時計の修理が年間行われることになります。修理やメンテナンス、アフターケアの必要な時計がなくならない限り、時計職人の需要はなくならないと考えられます。

時計職人の求人の探し方

時計職人の求人は大手求人情報サイトで探すことができます。ただし「時計職人」としての募集は少なく、カバンや靴の修理をするリペアショップが、時計も修理をするスタッフを募集しているといった求人が大半です。
まれに有名メーカーが時計のメンテナスをする時計職人を募集していることもありますが、実務経験が必要となります。
時計職人を養成する専門学校などに通っていれば、その学校に時計店やメーカーから求人が来ることも多いです。

スイスの時計職人は年収が高いの?

スイスは時計の本場といわれています。高級腕時計のブランドの多くがスイスに本拠地を置いています。
「ブレゲ」「パテック・フィリップ」「フランク・ミュラー」「ロレックス」「オメガ」などの有名高級ブランドが、スイスにあります。そのため、時計職人の需要も高く、スイスは国家政策として時計職人を育成しています。時計職人のための専門学校もいくつもあり、国立の専門学校もあります。
特にスイス西部のジュラ地方は時計産業が集積しており、別名「ウォッチバレー」とも呼ばれています
。住民の3分の2が時計産業に従事している町もあるといいます。
スイスの時計職人は初任給40万円ほどで、最高クラスの職人になると年収1億円という時計職人もいるという話です。
時計の修理とメンテナンスを行っている日本の時計職人の初任給は年収300万円台(月給20万円前後)となっているので、スイスの時計職人の年収は日本よりもはるかに高いといえます。

時計職人になるには?【資格】

時計職人になるには、通常、高校を卒業後、専門学校や職業訓練校で時計の仕組みや修理などを学びます。
専門学校の中には、スイスの有名時計メーカーと提携しているところもあります。また、日本を離れ、時計作りの本場であるスイスの時計職人養成学校などに留学する人もいますが、スイスの国立専門学校は5年制で、日本人が通うと学費も1000万円近くかかるといわれています。
専門学校を卒業後、時計メーカーや時計の小売販売店、修理業者などに就職して、時計職人として働きます。専門学校を出ていなくても、メーカーに就職後、独自に教育を施すところもあります。
個人経営の時計店などでは「弟子入り」のような形で、働きながら仕事を覚えていくこともできます。一人前の時計職人になるには、一般的に10年はかかるといわれています。
時計職人には資格は特に必要ではありませんが、「時計修理技能士」の資格があると時計修理をする能力の証明となります。
厚生労働省認定の国家資格で、都道府県職業能力開発協会が実施しています。
1級から3級まであり、それぞれ実務経験などの受験要件があります。
科目試験と実技試験があります。科目試験では時計の種類や構造、機能に関することや、時計修理に関する知識、電子回路に関することなどが問われます。
実技試験では決められた時間内にアナログ水晶腕時計の整備・調整などを行います。

時計職人になるための学校はある?

給料解説者ぺすくん

時計職人になるための専門学校は、日本では非常に少ないです。
「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」のウォッチコースや「近江時計眼鏡宝飾専門学校」「大阪府時計高等職業訓練校」が有名です。
時計職人を目指す人のほとんどが、上記3つの学校の中から選ぶといいます。
 
一流の腕を持つ時計職人で、メーカーに所属せず活動をしている時計職人を、「独立時計師」と呼びます。
「独立時計師アカデミー(AHCI)」と呼ばれる国際的な時計師団体がありますが、所属しているのは世界で36名。そのうち日本人は2名です。機械式時計製作に精通した天才しか入会が認められません。日本人で最初に独立時計師となった菊野昌宏氏は、「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」の出身です。
2番目に独立時計師になった浅岡肇氏は東京藝術大学美術学部デザイン科の卒業生です。
浅岡氏はラフィックデザイナーから独立時計師になった異色の経歴の持ち主です。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他のその他専門的分野の給料一覧の給料一覧