ライフセーバーの給料年収や高年収を稼ぐ方法や時給相場についてを徹底解説 | 給料BANK

ライフセーバーの給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > ライフセーバーの給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収

ライフセーバーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ライフセーバーの給料年収を解説します。

ライフセーバーの平均給料・給与

  • 16万円
  • 20代の給料:16万円
  • 30代の給料:16万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:16万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ライフセーバーの給料・年収補足

20代の給料:16万円(推定)
30代の給料:16万円(推定)
40代の給料:16万円(推定)
 
 
プールや海で救助活動や監視を行うライフセーバーの夏場の平均給与を算出しています。
時給1000円×8時間×20日=16万円。ライフセービング競技を行うプロのライフセーバー(アスリート)の給料は、個人差が大きく平均を出すことはできません。年収は夏の3ヶ月間分の給料となっています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
48万円~となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:800円(時給)
東京の求人調査結果:940円~1500円(時給)
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

ライフセーバーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~となりそうです。

ライフセーバーで高年収になるには?

水辺で人命救助を行うライフセーバーだけで生計を立てるのは、まず無理だといってよいです。
ほとんどのライフセーバーが別に仕事を持っています。
海やプールの安全を見守るだけではボランティアのような収入にしかならないためです。
しかし、「プロライフセーバー」となれば別です。
プロライフセーバーとは人命救助を行うライフセーバーではなく、スポーツとしてのライフセービングを行う競技者となります。
日本のライフセーバーで有名なのは、飯沼誠司氏。女優・中山エミリと結婚したことで話題になりました。
飯沼氏はライフセービング競技世界大会でメダルを獲得したこともあり、日本初のプロ契約を結んだライフセーバーといわれています。
そうした実績により、ライフセービング競技日本代表監督も務めています。タレントとしても活動しているので、推定年収は1000万円程度ではないかともいわれています。
ライフセービング競技の大会で結果を出すことができれば、スポンサーがついて、年収は大幅にアップします。実績があれば引退後も全国の講習会で教えることもできますし、海上保安庁などで指導教官として活躍している人もいます。
 
参照:、海上保安庁の年収

ライフセーバーの仕事内容

ライフセーバーとは、海やプールなどにおいて水難事故を防止するために活動する人を指します。
溺れた人を救助したり、呼吸がない人への処置を施したりといった救助活動から、水難事故を未然に防ぐために水辺のパトロールをしたり、事故の事例を報告して啓発活動を行ったりといったことも仕事になります。
週末だけボランティアで行っている人や、大学生のアルバイト、またはライフセービングのプロとして活動している人など、さまざまな働き方があります。
なお、ライフセービング発祥の地でもあるオーストラリアでは、競技としてのライフセービングが国技にもなっており、ライフガード(ライフセーバー)が公務員として認められています。

ライフセーバーになるには?【資格・試験難易度】

現在、日本にはライフセーバーの公的資格はありません。そのため、どんな人でもライフセーバーとして仕事をしても違法になることはありません。
しかし、実際に人命救助や事故防止のための活動を行うには、一定以上の距離を泳げることはもちろんのこと、知識とトレーニングが必要になります。海に関する知識や、人命救助の方法、パトロールの手順などを知っておくことが必須です。
日本ライフセービング協会(JLA)ではライフセーバーの認定制度を実施しています。
水辺全般の基礎的ライフセービング資格である「ウォーターセーフティー」や、心肺蘇生法を習得する「BLS」、主に海辺のライフセービングである「ベーシックサーフライフセーバー」や「アドバンスサーフライフセーバー」、プールを中心とした「プールライフガード」「アドバンスプールライフガード」など多様な資格があります。
講習を受けて資格を取得します。
また、日本赤十字では「赤十字救急法救急員」のほか、「赤十字水上安全法救助員Ⅰ・Ⅱ」などの資格の養成講座を開催しています。

ライフセーバーは冬の期間はどうしてるの?

夏場、短期のアルバイトやボランティアでライフセーバーをしている人は、冬場は自分の仕事に専念します。
一方、ライフセーバーの仕事を本業としている人は、冬場はアルバイトをしながら生計を立てて、トレーニングやミーティングなどを行っているようです。
場所によっては冬場でもサーフィンなどで需要のある海岸もあるので、そうした場所で働いている人もいます。
ライフセービング競技のアスリートは、海外でトレーニングを行ったり国内で自主トレに励んだりしているようです。

ライフセーバーのかっこいい所・辛い所

ライフセーバーのかっこいい所は、ずばり「人の命を助ける」という仕事そのものです。
毎年、大人が子どもを助けようとして一緒に溺れてしまうという事故が多発していることからわかるように、溺れている人を助けるというのは非常に難しいといわれています。ライフセーバーは技術と知識、経験をフルに使って、危険を顧みずに人を助けます。そうした姿はまさにヒーローであり、格好良いといえます。
ライフセーバーの仕事の辛いところは、いざという時のためにトレーニングが欠かせず、常に気を張っていなければならないという点です。事故はいつ起きるかわからず、見落とせば大切な人の命が失われてしまいます。
また、日頃のトレーニングを怠れば自分の命さえ危険に晒されてしまいます。そうした辛いところを乗り越えて人々の水辺での安全を守ることは、本当にやりがいがある仕事だといえるでしょう。

ライフセーバーの時給相場

給料解説者ぺすくん

ライフセーバーは夏場、短期のアルバイトで募集していることが多いです。
場所によって時給は違いますが、安いところで850円~950円、高いところで1000円~1500円くらいの時給相場となっています。
公共のプールやスポーツジムのプールなどの監視員は比較的時給が安く、有名テーマーパークの大型プールなどでは時給が高めの傾向があるようです。全体を平均すると、時給は約1000円となります。
水上安全法救助員Iなどの資格保持者は、時給が数百円高くなることもあります。

ライフセーバーの給料年収の本音口コミ

50代 給料:10万円

夏の間だけ地方の海水浴場でやってます。時給は800円。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧