プロバスケットボール選手【bリーグ・NBA】の給料年収や内訳、年俸ランキングを解説 | 給料BANK

プロバスケットボール選手【bリーグ・NBA】の給料年収や内訳、年俸ランキング|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > プロバスケットボール選手【bリーグ・NBA】の給料年収や内訳、年俸ランキング

プロバスケットボール選手の給料年収や手取り額、初任給を解説!

プロバスケットボール選手の給料年収を解説します。

プロバスケットボール選手の平均給料・給与

  • 47万円
  • 20代の給料:70万円
  • 30代の給料:50万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:20万円~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

プロバスケットボール選手の給料・年収補足

20代の給料:70万円(推定)
30代の給料:50万円(推定)
40代の給料:20万円(推定)
 
 
算出方法:Bリーグは最低年俸が定められており、B1で300万円、B2で240万円となっています。
初任給はB2リーグの最低年俸を12ヶ月で割った金額です。
Bリーグは始まったばかりで平均年俸を出すことは難しいため、1チーム1億円の総年俸と仮定し、ベンチ入りできる12人で割った金額、一人当たり年俸約840万円を20代の給料として算出しています。40歳前にはほとんどの選手は引退してしまいますが、40代で現役の選手も存在します。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~840万円となると予測されます。

プロバスケットボール選手の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~56万円となりそうです。

プロバスケットボール選手の仕事内容

プロバスケットボール選手はプロリーグに参加するチームに所属し、バスケットボールに専念し試合に出場して結果を残すことが仕事となります。
日本国内には、バスケットボールのプロリーグがあります。2016年に「bjリーグ」と「ナショナル・バスケットボール・リーグ(NBL)」が統合され、「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)」が発足しました。
2部制を採用しており、B1リーグ、B2リーグともに現在18チームが参加しています。まだ始まったばかりの新しいプロリーグですが、世界的に活躍する選手の輩出が期待されています。
 
プロバスケットボール選手になるには、高校、または大学でバスケットボールプレイヤーとして注目を集め、スカウトされてクラブチームに所属することが一番の近道となります。
また、Bリーグでは「B.DREAMプロジェクト」として、満16歳~22歳以下を対象とした特別指定選手制度を設けています。
代表選手に選ばれたことがなかったり、地方大会を突破できなかった若者でも参加することができ、クラブチームのスカウトへのアピールができる場となっています。
スポーツの特性上、身長は高い方が有利となりますが、日本のプロ選手には160センチの選手もいます。
もしアメリカのプロリーグであるNBAを目指すなら、アメリカのバスケットボール強豪の大学に入学し、そこでレギュラー入りした後、スカウトを待つことになります。
またはNBAの下部リーグに所属し、実績を認められてやはりスカウトされるかです。海外で活躍したいならば、10代か20代の早いうちに渡米しなければ現状難しいようです。

プロバスケットボール選手の年収内訳ってどうなってるの?

プロバスケットボール選手の年収は、
・所属するクラブチームの年俸
・出場給
・勝利給
・スポンサー契約料
という内訳になります。
これまでのbjリーグなどは最低年俸が決められていませんでした。
そのため、年俸100万円と、かなり苦しい契約をしていた選手もいたといいます。
しかし、2016年に新しく発足したBリーグは最低年俸が定められており、B1で300万円、B2で240万円となっています。
入団初年度のみ年俸の最高額が460万円、出場給5万円、勝利給8万円と上限が定められていますが、それ以降の年俸の上限はありません。
リーグ内のトップクラスの外国人選手の年俸は8000万円になるともいわれています。しかしNBAの高卒ルーキーの初年度の年俸が1億円~5億円となっているので、日本はまだまだ低いといえます。

NBAのトップクラス年収ランキング

NBAは北米で展開するバスケットボールのプロリーグで、世界的に人気が高く、所属選手はプロスポーツリーグの中でも高年俸を誇ります。
NBAの2016-2017期の年俸ランキングは、以下の通りです。(2位が同額で6人です。)
 
1位 レブロン・ジェイムズ(CLE) 3096万3450ドル
2位 ジェイムス・ハーデン(OKC) 2654万100ドル
2位 マイク・コンリー(MEM)  2654万100ドル
2位 ラッセル・ウェストブルック(OKC)  2654万100ドル
2位 ダマー・デローザン(TOR)  2654万100ドル
2位 アル・ホーフォード(BOS)  2654万100ドル
2位 ケビン・デュラント(GSW)  2654万100ドル
8位 ダーク・ノビツキー(DAL)  2500万ドル
9位 カーメロ・アンソニー(NYK) 2455万9380ドル
10位 デイミアン・リラード(POR) 2432万8425ドル
 
1位のレブロン・ジェイムズは年俸だけで32億5000万円もありますが、スポンサー契約料も含めると年収はなんと70億円にもなるといわれています。

国内の最高年俸ってどのくらいもらえるの?

かつてあった2つの国内リーグでは、チームの選手全員の年俸を合わせた総年俸額の上限を定める「サラリーキャップ制度」が採用されていました。
NBLで総年俸が1億5000万円の上限で、bjリーグは7000万円が上限でした。
12人で平等な年俸配分だったとしても、年収は583万円~1250万円ということになります。
実際には、選手の実力によって年俸に差が出るため、下は生活できるギリギリの額で、トップ選手でも年俸数千万円で頭打ちだったといわれています。
しかし、新しく発足したBリーグには年俸の上限がありません。Bリーグに所属するトップクラスの選手、例えば元NBAの選手の年俸は2000万円~8000万円という話です。
恐らく現時点での最高年俸は8000万円程度であると予想されますが、今後はBリーグの人気次第で年俸が高騰する可能性もあります。人気と実力を兼ねた選手ならば、スポンサーがついて契約料がチームから支給される年俸を上回るということもあるかもしれません。

プロバスケットボール選手の選手生命と引退後

給料解説者ぺすくん

バスケットボールは体力、スピード、瞬発力が必要なスポーツです。そのため、10代から20代が選手としてのピークとなります。
30歳を過ぎると多くの選手は体力の衰えを感じて引退を考えるそうです。
NBAの名プレイヤーでも30代後半までにはほとんどが引退してしまいます。
また、ハードなスポーツであることから怪我も多く、10代や20代という若さで引退せざるをえない人もいます。しかし中には折茂武彦選手(選手兼オーナー)のように46歳にしてプロバスケットボール選手としてBリーグで活躍している選手もいます。
 
引退した選手は、チームのコーチや監督となったり、母校の高校や大学のコーチとなったりする人もいます。
しかし、指導者になれるのはごく一握りといわれ、多くの人が転職をします。
バスケットボール選手は90%以上が大卒というアンケート調査もあり、高卒の多いプロサッカー選手などに比べると再就職先が見つかりやすい傾向があるようです。引退したプロバスケットボール選手に特化し転職を支援している人材会社もあります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧