ダーツプロの給料年収や大会賞金額・最高年収を解説 | 給料BANK

ダーツプロの給料年収や大会賞金額、最高年収|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > ダーツプロの給料年収や大会賞金額、最高年収

ダーツプロの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ダーツプロの給料年収を解説します。

ダーツプロの平均給料・給与

  • 20~67万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:20万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:4万円~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ダーツプロの給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:20万円(推定)
40代の給料:20万円(推定)
 
 
算出方法:優勝賞金50万円の国内トーナメントで1回優勝したとして12ヶ月で割って初任給を算出しています。
また平均を出すことが難しいため上記数値は現在調査中。
平均給与はPT300で20戦を戦い全てが9位タイの場合は、
年間賞金獲得が100万円+40万円(年間総合ランキング9位)+スポンサー料
国内のトップ選手でスポンサー大会賞金を含めて年収2000万円以上。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
48万円~2000万円となると予測されます。

ダーツプロの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
4万円~66万円となりそうです。

ダーツプロの仕事内容

ダーツとは、ダーツ・ボードと呼ばれる的に、ダーツ(手投げの矢)を投げ、得た点数により優劣を競う射的競技です。
ダーツの大会に出場したり、スポンサーとの契約、ダーツイベントへの出演やレッスン料など、主にダーツによって収入を得ている人を、ダーツプロ、またはプロダーツプレイヤーと呼びます。
ダーツは今から500年前、戦争に駆り出されたイギリス兵が、戦いの余暇に酒樽に弓矢を射って遊んだのがルールといわれています。
その後、矢(ダーツ)だけを素手で投げる競技へと進化し、世界各地へと広まりました。現在は、麻でできた的に、ポイントと呼ばれる先端部分が金属製のダーツを投げる「ハードダーツ」と、ハードダーツよりもやや大きめの無数に穴の空いた的に、チップと呼ばれる先端部分がプラスチック製のダーツを投げる「ソフトダーツ」に分かれています。
日本ではダーツマシンの普及により、ソフトダーツが主流となっています。
ダーツは技術だけでなく、身体の総合的なコントロールや集中力を必要とする競技であり、メンタルも重要となります。
ダーツにはさまざまなゲームやルールがありますが、加算形式ではなく減算形式の得点計算が基本となっており、計算力や先を読み戦略を練る力、判断力なども必要となる競技です。年齢、性別関係なく参加できる競技であり、幅広い年齢層のダーツプロが活躍しています。

ダーツプロの最高年収ってどのくらいなの?

ダーツプロは、有名選手になればスポンサーがつき、500万円~1000万円くらいの契約料を得ている人もいます。
大会に出場して優勝すれば賞金が入り、スポンサー料にプラスして収入となります。スポンサーによっては優勝すればボーナスが出ることもあります。
ダーツプロの中には、契約社員のような扱いでダーツメーカーなどの企業と専属契約し、給料をもらいながら大会に出場しているという人もいます。
月給は20万円前後と高額ではありませんが、遠征費や大会への参加料など、ダーツプロとしてかかる費用は会社持ちなので、ダーツに専念することができます。ただし、結果が残せなければ契約は打ち切られてしまうので、かなり厳しい世界です。
現在、国内ランキング1位の浅田斉吾選手が、年間の獲得賞金だけで約2000万円といわれています。
PERFECTのホームページによると19社ものスポンサーがついており、人気も実力も文句なしのトップです。スポンサー料や、メディアへの出演料などを含めると、恐らく年収は3000万円以上になるのではないかと思われます。
ダーツ界の伝説とも呼ばれるフィル・テーラーは、推定年収1億円とも、10億円といわれています。現在日本には1億円以上を稼ぐダーツプロはまだいませんが、今後海外で活躍する選手が出てくれば、年収1億円も夢ではないかもしれません。

国内の大会で賞金はどのくらい貰えるの?

国内のダーツプロ団体であるPERFECTが、毎年トーナメントを開催しています。男子ツアー全37戦、女子ツアー全21戦があり、総合獲得ポイントによって年間チャンピオンを決定します。優勝賞金額は大会のグレードにより変わり、150万円、100万円、50万円となっています。そして、年間総合ランキング1位のチャンピオンとなると、男子500万円、女子200万円が授与されます。
ダーツは日本では比較的新しい競技ですが、競技人口も多く非常に人気があるため、賞金額が高額になっているといえます。

世界最高の賞金額はどのくらい?

世界的なダーツの団体である、PDC(プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション)が主催しているダーツ大会が、世界で最も権威と名誉があるといわれています。
そのPDCの主催している大会は、優勝賞金金額も非常に高額です。PDCが発表した2017年に開催予定の「William Hillワールドダーツチャンピオンシップ」の優勝賞金額は次の通りです。
 
・William Hillワールドダーツチャンピオンシップ
優勝 40万ドル(約4300万円)
準優勝 17万ドル(約1800万円)

 
昨年よりも賞金金額はアップしており、史上最高額といってもよい金額です。
このほかにも賞金1000万円クラスの大会がいくつもあるので、トップクラスのプレイヤーなら、年収1億円以上になる可能性があります。

ダーツプロの選手生命ってどのくらい? 引退はあるの?

給料解説者ぺすくん

ダーツは他のスポーツと違い、筋力や身体能力の差はあまり関係なく、ハードな運動でもないことから、子供から老人まで楽しめる競技です。そのため、基本的には引退年齢などは定められておらず、いくつになってダーツプロとして活動することができます。他のスポーツでは30歳くらいで引退してしまうアスリートが多い中、ダーツは60代で第一線で活躍しているプロもいます。また、中には“生涯現役”という人もいます。
しかし、毎日数時間の練習に体力がついていかなくなったり、視力が落ちたり、という理由から、競技大会への出場を断念し、現役を引退する選手もいます。
フィル・テーラーは、2018年のWilliam Hillワールドダーツチャンピオンシップをもって引退すると表明しています。現在56歳です。30年以上世界のトップで活躍し続けてきたものの、モチベーションの維持や体力的な衰えから、引退を決意したそうです。
 
ダーツプロは現役を引退したとしても、競技大会に参加しないだけで、趣味としてダーツを続けることはできます。フィル・テーラーも今後もダーツには深く関わり続けると言っているので、ある意味、生涯現役であるともいえます。
現役を引退したダーツプロは、レッスンを中心に講師業をしたり、自分でダーツバーを開いて経営したりといった人が多いです。有名な元プロの個人レッスンは1時間5000円~1万円くらいのレスン料となっています。一方、現役時代にあまり良い成績が残せなかったダーツプロは、まったく関係ない職に転職することもあります。

ダーツプロの給料年収の本音口コミ

30才 給料:0万円

プロになったばかりで遠征費でマイナスです。早く上にのぼっていきたい。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧