アメリカンフットボール選手【NFL】の給料年収【20代30代40代】・NFL年俸ランキングを徹底解説 | 給料BANK

アメリカンフットボール選手の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

アメリカンフットボール選手の給料年収や手取り額、初任給を解説!

アメリカンフットボール選手の給料年収を解説します。

アメリカンフットボール選手の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:31万円
  • 30代の給料:31万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:22~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

アメリカンフットボール選手の給料・年収補足

20代の給料:31万円(推定)
30代の給料:31万円(推定)
40代の給料:0万円(推定)

 
日本人の実業団選手と仮定し、一般的な大卒の会社員の年収500万円から給料を算出。
(アメフト選手のほとんどが大卒のため。)企業や個人によって給料には差があります。
30歳~40歳の間にほとんどの選手が引退してしまうことから、給料を算出することはできません。
引退後はコーチとして残留するか、そのまま所属企業の社員となり一般業務に従事するか、退職することになります。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
352万円~500万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

アメリカンフットボール選手の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~25万円となりそうです。

アメリカンフットボール選手の仕事内容

アメリカンフットボール選手の仕事は、アメリカンフットボールというスポーツを行うことです。
アメリカンフットボールはサッカーとラグビーを基にして楕円形のボールを用いて2つのチームが競う、アメリカで生まれたスポーツです。
アメリカで「フットボール」というと、アメリカンフットボールを指すのが一般的で、野球を上回るほどの人気を誇る国民的スポーツとなっています。
日本では「アメフト」と略されます。
1回のプレーには各チーム最大11人が試合に出場することができます。
交代人数に制限がないのも特徴です。
攻撃を担当するオフェンスチーム、守備を担当するディフェンシブチーム、キッキング・ゲーム(キックオフ、フィールドゴール、パント)でプレーするスペシャルチームの、大きく分けて3種類のポジションがあります。
その中で、QB(クォーターバック)、WR(ワイドレシーバー)、LB(ラインバッカー)、RB(ランニングバック)、OLとDL(ライン)、K(キッカー)、P(パンター)、H(ホルダー)などの役割があり、選手はそれぞれ専門に特化したポジションについています。
中でもクォーターバックは総合的な運動能力が高く、リーダーシップや判断力が求められることから、人気の花形ポジションとなっています。
アメリカではNFLというプロリーグがあり、トップ選手は約30億円という年俸を誇ります。日本にはアメフトのプロリーグはありませんが、社会人リーグであるXリーグがあります。
実業団に所属する選手たちが参加しています。

アメリカンフットボール選手になるには?【資格・試験難易度】

アメリカンフットボールは、腕力、脚力、瞬発力などさまざまな力が必要とされるスポーツです。
身長があることや、筋力や体重があることも重要な資質となることから、総合的な体力の高さが欠かせません。また、体力だけでなく知力も求められるスポーツであり、メンタルの強さも重要です。
子どもの頃から運動に親しみ、成長期には体を大きくしながらもスピード力をつけるといったトレーニングが必要になります。
日本ではアメリカンフットボールのプロリーグがないため、日本でアメフトの選手になるには有名な実業団に所属するのがアメフト選手になる道です。
まずは高校時代からアメリカンフットボール部に所属し、大学もアメリカンフットボール部の強豪校に行くのがよいでしょう。学校によってはアメフト部がなく、ラグビーで体の基礎を作る人もいます。
大学時代に学生リーグで成績を残すことができれば、有名な実業団チームからスカウトされます。
実業団チームに入ることができれば、会社の社員として身分を保障された上でアメリカンフットボールに専念することができます。(会社によっては、昼間は事務仕事などをすることもあります。)
実業団チームに入れなかった人は、クラブチームに所属するという方法もあります。
これは、普段は別の仕事をしながら、独立したアメリカンフットボールチームに籍を置くということです。
チームから生活できるほどの給料は出ませんが、社会人リーグには参加できます。
海外のプロリーグに所属する選手になるには、日本国内で実力をつけて渡米する、という形になります。
しかし、難易度はかなり高いです。もしくは、アメリカの大学に入学して学生時代にアメフト選手として活躍できれば、プロになれる可能性が高くなります。

アメリカンフットボール選手年俸ランキング

アメリカのプロリーグNFLにおける選手の年俸ランキング(2016年)上位10人は以下のようになっています。
 
1位 ドリュー・ブリーズ(QB)  $31,250,000
2位 アンドリュー・ラック(QB)  $30,000,000
3位 ジョー・フラッコ(QB)  $29,000,000
3位 オリビエ・バーノン(QB)  $29,000,000
4位 トム・ブレイディ(QB)  $28,764,705
5位 フレッチャー・コックス(DT)  $27,299,000
6位 ボン・ミラー(LB)  $25,100,000
7位 ジャスティン・ヒューストン(LB)  $23,500,000
8位 ムハンマド・ウィルカーソン(DE)  $22,000,000
9位 フィリップ・リバース(QB)  $22,000,000
 
花形ポジションであるクォーターバックが、やはり年俸も高いということがわかります。
アメリカのNFLの選手たちは、基本給と契約金、成功報酬(インセンティブ)によって収入を得ています。
NFLに所属する選手は平均年俸が約2億円ともいわれているので、日本のプロ野球選手よりも稼げるといえます。日本にはプロリーグがないため、日本のアメフト選手はこれほどの金額を稼ぐことはできません。

日本人でアメフトで活躍してる人

これまで何人かの日本人のアメリカンフットボール選手がアメリカのプロリーグであるNFLに挑戦していますが、正式に契約した日本人選手はまだいません。
過去に栗原嵩選手が最もNFLに近い日本人選手といわれ、トライアウトに参加しトレーニングキャンプに招待されましたが、正式に契約するには至りませんでした。
現在、庄島辰尭選手(UCLA)、伊藤玄太選手(ハワイ大学)などが学生リーグで活躍しています。NFL入りが期待されている選手です。

NFLリーグで選手になるには

日本人がアメリカンフットボールのプロリーグであるNFLに入るのはかなりの狭き門です。
アメリカ本国の選手ですら契約は夢のような話であり、多くのライバルが世界中から集まります。
本国では大学リーグで活躍して実力を残すと、プロチームからスカウトされて契約に至ります。日本人がチャレンジするには、トライアウトに参加してテストを受けて、ミニキャンプなどに参加する権利を得ることから始まります。実力を証明するチャンスとなり、そこで認められれば正式に契約される可能性もあります。
また、「インターナショナル・プレイヤー・ディベロップメント(IPD)」という、NFLの外国人選手発掘・育成プログラムなどに参加する方法もあります。
参加といっても選考会で選ばれなければならないので、実力派必要です。
強化選手としてキャンプに参加したり、プロチームに帯同してトレーニングをすることもできるので、実力が認められれば入団できるかもしれません。

アメリカンフットボール選手のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

高度な運動能力と知力が必要とされるアメリカンフットボール。そんなスポーツの選手として活躍できることは、とてもかっこいいと言えます。
日本ではそれほど認知度は高くありませんが、アメリカでは子どもから大人まで熱狂する国民的スポーツであり、トッププレイヤーは30億円以上を稼ぐ憧れの職業です。
日本人初のNFL選手となれば、世界的にも注目されるでしょう。
辛いところは、実力がすべての世界なので、怪我や身体の不調にはとにかく気をつけなければならないという点です。
また、20代から30代が全盛期となるため長くはアメリカンフットボール選手として働くことはできません。
現役引退後はコーチなど後進の育成に回る人が多いです。活躍できる期間は短いですが、選手以外の形でアメリカンフットボールに関わっていくことは可能です。

アメリカンフットボール選手の給料年収の本音口コミ

40才 給料:30万円

実業団でやってました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧