スポーツドクターの給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

スポーツドクターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > スポーツドクターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収

スポーツドクターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

スポーツドクターの給料年収を解説します。

スポーツドクターの平均給料・給与

  • 54万円
  • 20代の給料:34万円
  • 30代の給料:52万円
  • 40代の給料:76万円
  • 初任給:30~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

スポーツドクターの給料・年収補足

20代の給料:34万円(推定)
30代の給料:52万円(推定)
40代の給料:76万円(推定)

 
20代の医師の給料ですがストレートで大学の医学部に合格しても、2年間は前期研修医としてどこかの病院で勤務します。
この研修医期間の給料は月に30万円以上と決まっていますが年収に換算すると、研修医期間の医師の年収は約300万円から400万円と言われています。
前期研修医として2年間の研修期間を終えるとその後は、後期研修医として3年ほどまた研修期間があります。
ただ2年間の前期研修医期間はとても忙しくてアルバイトなどできませんが、後期研修医は大学病院の医局勤務でなく民間病院に勤務すれば高額なアルバイトをすることができます。
そのため20代の医師の給料は推定ですが年収に換算すると544万円で、これを年間に4か月のボーナスと考え給料は約34万円と算出しました。
スポーツドクターは何科の医師であっても取得は可能ですが整形外科で働く医師がほとんどで、医師の転職サイトなどで調べると30代の整形外科の年収はだいたい800万円でこれを年間に4か月のボーナスと考え給料は約52万円になると算出しました。
同様に40代のスポーツドクターの年収は約1200万円でこれを年間に4か月のボーナスと考えると給料は約76万円になると算出しました。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
1000万円~1200万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポーツドクターの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
56万円~68万円となりそうです。

スポーツドクターの仕事内容

スポーツドクターの仕事内容はプロ野球選手などプロのアスリートや、オリンピックの強化スポーツ選手などの健康管理の指導や怪我や故障のリハビリを行ったりします。
スポーツドクターには日本医師会や日本体育協会が認定するいくつの資格がありますが、勤務医でも開業医でも医師免許を持っていればどんな科の医師でもなれます。
ただスポーツドクターはアスリートなどのスポーツ関連の健康管理や行う指導や、怪我や故障のリハビリを行うので筋肉や筋や靭帯や神経や骨などの治療を行う整形外科医がほとんどです。
スポーツドクターはその競技によって痛めやすい筋肉や筋や、時にはアスリートの脊髄や脊椎や骨盤などの治療を行うこともあります。
またチームのスポーツドクターの場合は遠征の時などはチームに同行し選手の健康管理や、怪我や故障の予防や試合中に治療を行うこともあります。

スポーツドクターになるには?【資格・試験難易度】

スポーツドクターになるにはどこかの大学の医学部に入学して、医師の国家試験に合格する必要があります。
国家試験に合格しても直ぐにスポーツドクターになれるのではなく、2年間は前期研修医としてどこかの病院で勤務します。
2年間の前期研修の後は後期研修医として3年ほどまたどこかの病院で勤務しますが、もしスポーツドクターになりたいのであれば整形外科医になるのが一般的です。
スポーツドクターの認定資格としては日本医師会認定スポーツドクター・日本体育協会認定スポーツドクター・日本整形外科学会認定スポーツドクターの3つの認定資格があり、日本医師会と日本体育協会の場合は何科の医師であっても取得が可能ですが日本整形外科学会認定スポーツドクターの場合は整形外科専門医だけが取得できます。
日本医師会認定スポーツドクターの場合は前期と後期の講習を受講する必要があり、講習を修了したならばスポーツドクターの登録申請を行います。
日本体育協会認定のスポーツドクターの養成講習会の内容ですが神経・筋の運動生理とトレーニング効果などの基礎と、スポーツによる精神的障害や筋力トレーニングの理論と実際などの応用に分かれています。

スポーツドクターの求人の見つけ方

スポーツ整形クリニックでスポーツドクターの求人を目にすることもありますが少なく、もしスポーツドクターの求人を探すのであれば医師専門の転職エージェントに登録したほうが良いでしょう。

スポーツドクターで高年収になるには?

民間の総合病院に勤務しているスポーツドクターの年収は、あまり一般の整形外科医の年収と変わりません。
国立や公立の病院に勤務しているスポーツドクターの場合もあまり大差はなく、年収は1000万円~1200万円前後が相場のようです。
スポーツドクターで高年収になるには整形外科医院やスポーツ整形クリニックのスポーツドクターになるのではなく、例えばプロ野球チームの専属スポーツドクターになれば年収も2000万円以上と高年収を得ることができます。
個別に選手と契約するのではなく試合だけでなくチームの海外への遠征にも同行する、スポーツドクターの年収はチーム次第では3000万円を超えているようです。
ただ前述したようにスポーツドクターの求人自体が少なく、ましてプロ野球やJリーグのチームの専属のスポーツドクターの求人などはまず目にしません。
そのためプロチームと契約してスポーツドクターになるには、その希望を医師専門の転職エージェントに伝えて空きを待つことになりそうです。

スポーツドクターのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

プロ野球やJリーグなどのチームの専属スポーツドクターになれば、誰もが憧れるようなスター選手と仕事を通じて接することができます。
またそんな一流のスター選手から先生と呼ばれ、健康管理などさまざまな相談もされ信頼や尊敬を受けます。

スポーツドクターの給料年収の本音口コミ

29才 給料:42万円

総合病院の整形外科でスポーツドクターとして、スポーツ選手やアスリートの怪我の治療などを行っています。
高校生の時から柔道をやっていてスポーツドクターに興味があり、日本整形外科学会が主催するスポーツ医学研修会に出席し資格を取得しました。

35才 給料:76万円

民間の病院に勤務していてスポーツ専門のクリニックで、バイトでしたことがきっかけでスポーツドクターの資格を取りました。
スポーツドクターの資格を取ってからは大きな競技会で、選手の応急処置をしたりドーピング検査なども行っています。

44才 給料:78万円

総合病院に勤務する整形外科医でしたが今は、リーグチームの専属のスポーツドクターです。
大学時代にサッカーをしていたこともあり、専属のスポーツドクターの話があった時は面白いと思い承諾しました。
サッカーチームは転戦が多く全国に同行して、選手の健康管理に配慮しています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧