パーソナルトレーナーの給料年収を解説。それ以外にもライザップの給与相場や開業した場合の年収・高年収を稼ぐ方法についてを徹底解説 | 給料BANK

パーソナルトレーナーの給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > パーソナルトレーナーの給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収

パーソナルトレーナーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

パーソナルトレーナーの給料年収を解説します。

パーソナルトレーナーの平均給料・給与

  • 34万円
  • 20代の給料:25万円
  • 30代の給料:37.5万円
  • 40代の給料:40万円
  • 初任給:17~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

パーソナルトレーナーの給料・年収補足

20代の給料:25万円(推定)
30代の給料:37.5万円(推定)
40代の給料:40万円(推定)
 
求人情報サイトや知人・口コミから算出。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
300万円~600万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:16万円~30万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:18.6万円~24.6万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~24.6万円(月収)

パーソナルトレーナーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~32万円となりそうです。

パーソナルトレーナーで高年収になるには?

パーソナルトレーナーの平均年収は、300~600万円といわれています。
所属するジムによっては、歩合給となっているところもあります。担当する顧客の数が増えれば増えた分、給料に反映されるため、とにかくたくさんの顧客から指名されることが年収アップのポイントとなります。
しかし、トレーニングジムやフィットネスクラブなどスポーツクラブの正社員の年収は、おおよそ300万円~400万円。雇用されている限り、高年収となることは難しいです。
パーソナルトレーナーは、スポーツクラブの正社員よりも、個人事業主としてトレーニングジムと契約を結び、業務委託のような形で施設内で指導をする方が年収は高くなります。平均年収は500万円~600万円となります。
それ以上に稼ぎたいという場合は、独立開業するのが近道となります。個人契約であれば、契約料の上限はありません。
優秀なパーソナルトレーナーであれば、年間1000万円の契約料でプロスポーツ選手などと契約をすることもできます。
もっとより高年収を狙うならば、ジムを開業するという方法もあります。ジム経営者となれば収益は無限大となり、年収1000万円以上も可能となります。成功しているジム経営者では年収3億円以上という人もいるといいます。

パーソナルトレーナーの仕事内容

パーソナルトレーナーとは、一対一でトレーニングやエクササイズ、ボディメイク、ダイエットのためのアドバイスなどを行う職業です。
カウンセリングを行って顧客の要望を汲んで、その人に最適なプランを作成し、それに沿ってトレーニングを指導します。
個人に合わせたプログラムを組むことによって、効率的で無駄のないトレーニングが可能になります。
エアロビクス、ボクササイズ、テニス、ゴルフ、スイミング、スキー、スキューバダイビングなど、多種多様なスポーツを教えるスポーツインストラクターも、マンツーマンで教えていればパーソナルトレーナーであるといえます。
パーソナルトレーナーはパーソナルトレーニング専門のジムやフィットネスクラブに雇用されている人が多いですが、フリーでパーソナルトレーナーとして活動している人もいます。
プロのスポーツ選手は専属のパーソナルトレーナーと個人契約をして雇っていることも多いです。

パーソナルトレーナーになるには?【資格・試験難易度】

パーソナルトレーナーには公的な資格はありません。基本的には誰でもなることができます。
ただし、パーソナルトレーニングを行うには人体の構造やトレーニングに関する専門的な知識が必要となります。
また、カロリー消費に関する知識など、健康面に関する指導を行ったり、怪我の応急処置をしたりすることもあります。
体育大学や専門学校などで知識を学ぶ人もいれば、フィットネスクラブなどでインストラクターとして経験を積んで、パーソナルトレーナーとなる人もいます。
 
公的な資格はありませんが、民間資格はたくさんあります。
健康・体力づくり事業財団認定の「健康運動指導士」や「健康運動実践指導者」、NSCA(日本ストレングス&コンディショニング協会)の「CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)」や「NSCA-CPT(認定パーソナルトレーナー)」、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の「PFT(パーソナルフィットネストレーナー)認定」などがあります。
自分の能力を証明するアピールポイントにもなるので、取得した方が仕事をする上で有利であるといえるでしょう。

ライザップのパーソナルトレーナーって給料高いの?

近年CMが話題となり、パーソナルトレーニングのジムとして有名になったライザップ。
マンツーマン指導で、食事のアドバイスやメールでのフォローなど、パーソナルトレーナーが徹底的に管理してくれるということで、厳しいながらも短期間で痩せるということで人気を博しています。そんなライザップのパーソナルトレーナーの給料について調べてみました。
ライザップの公式HPの求人情報によると、
◆トレーナー
給与:時給910円(東京・神奈川に限り時給+30円の調整手当あり)+インセンティブ
月収:平均支給実績 27万1,677円(店舗配属後)
(入社半年以上の392名のトレーナー 平均月収/2016年7月~12月実績 )
内訳:時給910円 × 平均実働8h × 平均22日+各種インセンティブ
インセンティブ平均:11万301円

 
<インセンティブ詳細>
トレーニングインセンティブ(500円~3, 000円)+その他各種インセンティブ有
となっています。
人によっては、インセンティブ込みで月収40万円という人もいるようです。入社1年目で年収300万円、入社2年目で年収420万円という給与モデルも別の求人情報にありました。
ライザップのトレーナーの給料は、一般的なスポーツジムの正社員のインストラクターと同程度の給料です。パーソナルトレーナーとしては決して給料は高いとはいえません。

開業したパーソナルトレーナーはどのくらいの年収になれるの?

開業すれば年収の上限はありません。ジム経営者として成功すれば年収3億円も夢ではありませんが、中には月給5万円など、とても生活できないような人もいるようです。
個人事業主としてジムと契約して施設で指導している人や、フリーランスで活動しているパーソナルトレーナーの平均的な年収は約500万円といわれています。ジムに正社員で勤めるよりもやや年収は高くなるようです。
完全なフリーランスは施設使用料などが経費としてかかることもあります。

パーソナルトレーナーのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

日本では最近になって注目されるようになったパーソナルトレーナー。
アメリカではごく一般的な職業ですが、日本ではまだ新しい職業です。
そんなパーソナルトレーナーの格好良いところは、まずは外見です。自分自身もトレーニングをして完璧な身体を維持していなければ顧客からの信頼は得られません。鍛えられた筋肉は非常に格好良いといえます。
また、自分が計画したプランでトレーニングを指導して、顧客の身体が変化していく過程を見るのはやりがいのある仕事です。スポーツ選手のパーソナルトレーナーなら、その選手が結果を出すことで、自分の仕事が報われるといえます。
 
パーソナルトレーナーの辛いところは、顧客とのコミュニケーションがうまくいかないこともあるという点です。
トレーニングをマンツーマンで指導するというのは接客業でもあることから、気持ちよく厳しく指導するというのはなかなか難しいこともあります。
結果の出ない顧客からのクレームはよくあることです。しかしそれを乗り越えて結果が出た時、パーソナルトレーナー冥利に尽きるといえます。

パーソナルトレーナーの給料年収の本音口コミ

30代 給料:120万円

都内でプライベートジム経営しています。諸経費差し引いて1500万円ぐらい。個人でやってるので回転率など含め最大年収は2000万円ぐらいが限界だと思います。
年収を増やすには従業員を雇わないときついですね。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧