柔道選手の給料年収や仕事内容・引退後の年収や職業などを解説 | 給料BANK

柔道選手の給料年収や仕事内容、引退後|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > 柔道選手の給料年収や仕事内容、引退後

柔道選手の給料年収や手取り額、初任給を解説!

柔道選手の給料年収を解説します。

柔道選手の平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:40万円
  • 30代の給料:40万円
  • 40代の給料:0万円
  • 初任給:22万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

柔道選手の給料・年収補足

20代の給料:40万円(推定)
30代の給料:40万円(推定)
40代の給料:0万円(推定)
 
 
算出方法:口コミなどから、年収約640万円で給料を算出。
企業や個人によって給料には差があります。
30代前半にほとんどの選手が現役を引退するため、40代の「柔道選手」としての給料を算出することはできません。
引退後はそのまま所属企業の社員となり一般業務に従事するか、退職することになります。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
352万円~640万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

柔道選手の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~32万円となりそうです。

柔道選手の仕事内容

柔道とは、投げ技、固め技、当身技を基本の技法とする、日本の古武道から生まれたスポーツです。
柔道選手は学生として、または企業の柔道部に所属して、柔道の大会に出場します。
企業に所属する柔道選手は、正社員、または契約社員として昼間は仕事をしながら夕方以降に柔道の練習を行う場合と、完全に柔道の練習のみに専念する環境が与えられている場合とがあります。
力のある企業は、所属する選手を事実上の「プロ」として扱い、オリンピックに出場させることを目標としていることもあります。いずれの場合も企業の看板を背負って試合に出ることになるため、優勝し結果を残すことが何よりも重要となります。時には柔道を通じて会社のPRや広報活動を行うこともあります。

柔道選手になるには?【資格・難易度】

柔道選手になるには、幼いころから柔道教室や道場に通い、柔道に必要な体を作っていき、技を習得していくことが必要となります。
受け身から教わり、形や乱取りといった稽古を行います。段級位制を取っており、級から始まり段を取得していき、それに伴い帯の色が茶帯、黒帯へと変わっていきます。
もともとの身体能力が高く、センスのある人であれば、中学校の部活動から柔道を始めて日本代表選手になるような人もいます。
しかし多くの選手は子供の頃から柔道を始めて、厳しい練習を重ねています。
有名な柔道選手は、子供のころから多くの試合に出場し、結果を残しています。中学、高校、大学、と柔道部の強豪校へと進み、インターハイなどで上位の成績を修めていくと、「強化選手」に選抜されます。
強化選手とは、日本代表の候補者で、国際大会に出場する資格があります。そうして国際大会で結果を残すことで日本代表に選ばれ、世界選手権やオリンピックに出場するチャンスを得ます。体重別の階級制で、選手は選ばれます。
大学を卒業した後は、柔道部を有する企業に就職、または契約社員として雇用契約を結び、引退するまで企業の看板を背負って柔道を続けます。

柔道選手の年収内訳

柔道選手の年収内訳は、
・所属する企業の給料
・強化費(日本代表候補である強化選手の場合)
となります。柔道は非常に人気があり注目度も高いスポーツのため、柔道部を抱えている企業は大企業が多く、選手の年収も一般的なサラリーマンの年収約400万円よりもやや高い傾向があるようです。
口コミでは640万円前後(月給約40万円)という話もあり、全国的に名前の有名な選手であれば年収1000万円をもらっている人もいるという噂です。
企業の正社員ではなく広告塔としてスポンサー契約のような形を取っている場合は、高額な年収となることもあるようです。
オリンピックで金メダルを取って、1億円のボーナスをもらったという選手の話もありました。

柔道選手は引退後はどんな職業につくの?

柔道は全身を使うハードなスポーツです。
そのため怪我も多く、若くして引退する選手も少なくありません。オリンピックの柔道でメダルを取れる上限年齢は、男子は33~34歳、女子は32~33歳だといわれています。そのため、その年齢に差し掛かると、ほとんどの選手は現役を引退します。
 
柔道選手は引退後、オリンピックを経験したような有名な選手であれば、解説者やタレントとしてフリーでやっていく人もいます。
中には谷亮子選手のように、政治家となる人もいます。
総合格闘技やプロレスなどに転向して、柔道で培った力や技を活かして活躍している人もいます。
ただしプロ格闘家になった場合、簡単に柔道に復帰することはできません。
全日本柔道連盟の規定により、選手は3年、指導者は1年経たなければ再登録できないと定められています。
現役時代は企業に所属している選手がほとんどですが、引退後はそのまま企業の会社員となる人、辞めてしまう人と分かれます。
柔道部に携わる仕事ができれば良いですが、それ以外のまったく関係のない部署に配置されると、適応できないことがあるようです。
柔道部が有名な日本中央競馬会では、引退後にスムーズに社会人生活を送ることができるように、現役選手でも3年程で職場異動をしながらさまざまな仕事を経験させるそうです。
 
能力次第では、企業や有名大学の柔道部の監督やコーチなど指導者となる人もいます。
優秀な選手が優秀な指導者になるとは限らず、逆に、あまり結果が残せなかった選手でも、有能な指導者として教え子を世界に送り出すこともあります。
日本では多くの学校に柔道部があるため、コーチの仕事は探せば全国にあるようですが、無名の教室や学校のコーチではあまり高年収は期待できません。
 
大学院に入り直してスポーツマネジメントを学んだり、専門学校に通って柔道整復師の資格を取ったり、スポーツトレーナーになったりと、なんらかの形で柔道やスポーツ全般に携わる仕事をする人が多いようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

柔道選手を雇ったりしている企業ってどんな企業?

給料解説者ぺすくん

日本中央競馬会やALSOKなどが、柔道が強い企業で有名です。また、ミキハウス、警視庁、JR東日本、旭化成なども非常にレベルの高い選手を抱えています。
柔道は日本では親しみがあるスポーツで人気が高く、また国際的にも日本は強豪国のため、業種を問わず多くの企業がPRや社会貢献を目的として柔道部をもっています。
今後は東京オリンピックの開催に向け、ますます柔道が注目され、選手が柔道により専念できる環境が整えられていく可能性があります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧