レーシングドライバー【スーパーgtドライバー・プロレーサー】の給料年収手取りや賞金ランキングを解説 | 給料BANK

レーシングドライバー【スーパーgtドライバー・プロレーサー】の給料年収手取りや賞金ランキング|「給料BANK」

給料BANK > 運動・健康系職業の給料一覧 > レーシングドライバー【スーパーgtドライバー・プロレーサー】の給料年収手取りや賞金ランキング

レーシングドライバーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

レーシングドライバーの給料年収を解説します。

レーシングドライバーの平均給料・給与

  • 29万円
  • 20代の給料:26万円
  • 30代の給料:28万円
  • 40代の給料:33万円
  • 初任給:22~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

レーシングドライバーの給料・年収補足

20代の給料:26万円(推定)
30代の給料:28万円(推定)
40代の給料:33万円(推定)
 
 
日本国内では毎週のように多くのサーキット場でモーターレースが開催されていますが、レーサーになるためには国内Bライセンスや国内Aライセンス必要です。
国内Aライセンスを取得している人もたくさんいますが、そのほとんどがレースを趣味として楽しんでいる人たちでプロのレーサーは少ないのが現状です。
 
F1レーサーやル・マンやインディ500のような、大きなレースに参加するようなレーサーになれば、億単位の年収を得ることもできますが国内のプロのレーサーのほとんどが、サラリーマンの平均年収くらいの収入でレースに参加するだけで年収1000万円以上稼げるレベルのレーサーは少数です。
F1レーサーやル・マンやインディ500のような大きなレースであれば賞金も大きく優勝すれば億単位で入り、チームに所属しているのでプロのスポーツ選手と同じように年収が約によって決まります。
日本国内でも年間で約90戦ほどモーターレースが開催され、1回の競技会で複数のレースが行われますが賞金は10万円程度と少なく、個人のレーサーの場合は企業とスポンサー契約をしないとレースだけで稼ぐのは困難です。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
550万円~860万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

レーシングドライバーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
39万円~61万円となりそうです。

レーシングドライバー賞金獲得ランキング

2016年F1ドライバーの賞金獲得ランキングのみですが、
 
1位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)2788万ポンド(約48億1000万円)
2位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)2177万ポンド(約37億5000万円)
3位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)2100万ポンド(約36億2000万円)
4位:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1283万ポンド(約22億1000万円)
5位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)810万ポンド(約14億円)
6位:キミ・ライコネン(フェラーリ)520万ポンド(約9億円)
7位:ダニエル・リカルド(レッドブル)382万ポンド(約6億6000万円)
8位:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)305万ポンド(約5億3000万円)
9位:ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)275万ポンド(約4億7000万円)
10位:バルテッリ・ボッタス(ウイリアムズ)229万ポンド(約3億9000万円)

参考:F1レーサーの給料年収
 
となっておりました。
また、スーパーGTの賞金は
スーパーGT(GT500、GT300)およびフォーミュラ・ニッポンの各決勝レース上位3位のドライバーには、
大会ロゴでデザインした金(優勝)、銀(2位)、銅(3位)の各メダルを授与。
また賞金は
優勝者に300万円
2位に150万円
3位に100万円

の賞金を授与します。
それ以外にも
4位に50万円
5位に30万円
6位に20万円

を授与する
とのことでした。
レースは8戦あります。そのため単純計算をすると全部で優勝すると最低でも2400万円の賞金がもらえるという単純計算になります。
※現在も調査中

日本人レーサーの有名人だと年収や賞金ってどのくらい?

日本人レーサーの有名人である元F1ドライバーの片山右京が、2013年3月21日に放送されたテレビ東京「解禁!暴露ナイト」で、最も貰っていた時で年収7億くらいだったと語っています。
しかし現役のレーサーでも日本人レーサーの年収で3000万円を超えているのはわずかで、まして多くの日本人レーサーは副業をしているので、レースに出るだけで年収3000万円以上はさらに少なくなります。

レーシングドライバーの仕事内容

レーシングドライバーの仕事内容は自動車レースで勝利することで、日本国内でも毎週のようにサーキットでレースが行われています。
レーシングドライバーは自動車レースで勝利するために人並み外れた運動神経と動体視力が求められるだけでなく、雨などレースが行われる日の天気によって路面の状態が大きく異なるので、空気抵抗や路面状態を瞬時に判断しながら自分が操縦する車のハンドルをコントロールします。
ただ日本のレーシングドライバーがなかなか世界で勝てないのは文化の違いとも言われていて、自動車レースが盛んなアメリカやヨーロッパと比べると日本にはまだ自動車競技が根付いていないからです。
そのためレーシングドライバーの仕事内容は自動車レースで勝利することですが、レースには多額のお金が掛かるので自動車メーカーや自動車部品メーカーやタイヤメーカーなどとスポンサー契約する必要があります。
これらのスポンサーはチームとスポンサー契約を結ぶこともありますが、レーシングドライバー個人にスポンサーがつくこともあります。
また自動車レースだけでは収入が少ないので、さまざまなイベントに参加したりすることもレーシングドライバーの仕事の一環です。
さらに自動車メーカーや自動車部品メーカーやタイヤメーカーなどとスポンサー契約を結べば、そのメーカーのエンジンや部品やタイヤなどのデータをメーカーに提供することもレーシングドライバーの仕事です。

レーシングドライバーになるには?【資格取得方法や難易度など】

レーシングドライバーになるだけであれば運転免許証とJAFが発行する、国内Bライセンスか国内Aライセンスを取得すればなれます。
しかしこれがプロのレーシングドライバーになると話しは違ってきて、国内Aライセンスでは海外のレースに出場することはできません。
海外のレースに出場するためには、国際ライセンスを取得しなければなりません。
国際ライセンスを取得するためには、国内で開催されているレースに出場して、年間に最低5回は決勝で完走する必要があります。
 
そうすれば国際Cライセンスを取得する審査を受けることができ、国際Cライセンスを取得すれば海外のレースに出場することができます。
そして海外のレースで実績を積めば国際Bライセンスの試験に受験でき、国際Bライセンスを取得できれば後は国際Aライセンスの取得だけです。
ただF1に参加できるレーシングドライバーは国際Aライセンスを持つ中でもスーパーライセンスと呼ばれる世界でも約50人のみです。
 
世界で活躍するプロのレーシングドライバーはその多くが小さい頃からレーシングカートで優勝するなどして、スポンサーが付きカートレースの参加費用などを負担してもらっています。
またはレーシングスクールに入学して成績優秀であれば、奨学金制度でレースに参加する方法もあります。 

レーシングドライバーの求人の見つけ方

給料解説者ぺすくん

F1のレーシングドライバーになればスポンサー企業と契約した報酬の他に、さまざまなコマーシャルの出演料やイベント収入などで年に数十億も稼げます。
しかしチームに所属するレーシングドライバーになるには、海外のレースで実績を積む必要があり容易なことでがありません。
 
しかし個人でレーサーに参加するにも多額の費用が掛かるため、スポンサーになってくれる企業を探して契約を交す必要があります。
そして最初は小規模なレースで走り勝利を収め、レースのランクを上げていきチームの専属レーシングドライバーになったり、個人でスポンサー企業を探すしかありません。 
 
【この仕事のスポンサーになってくれる企業】
・自動車メーカー
・自動車部品メーカー
・タイヤメーカー
など

レーシングドライバーの給料年収の本音口コミ

28才 給料:28万円

個人で戦っているのでレースで勝たないと賞金が入ってこないので、収入はゼロどころかマイナスの時もあります。
この仕事は好きでないとできませんが、収入に関しては安定しているとは言えません。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の運動・健康系職業の給料一覧の給料一覧