染織家の給料年収【20代30代40代】や手取り、染織家として高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

染織家の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

染織家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

染織家の給料年収を解説します。

染織家の平均給料・給与

  • 23.6万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:28万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

染織家の給料・年収補足

20代の給料:10万円前後(推定)
30代の給料:10~30万円前後(推定)
40代の給料:10~30万円前後(推定)
 
 
染織とはテキスタイルなど布を染めたり織ることで、染織家とは織物も染め物を手掛ける作家のことです。
人間国宝で随筆家でもある染織家の志村ふくみさんの作品は、工芸品や美術品と同じで高値で取引されています。
ただ作家などと同じように染織家も有名な染織家を除いて、染織家の給料は決して高いとは言えないようです。
染織家の給料や年収などは厚生労働省が公表している、「賃金構造基本統計調査結果の概況」やウェブ上の口コミ情報でも探せませんでした。
ただオークションサイトで染織家の作品が出品されていて、月間の染織家の作品の平均落札価格は1万0421円でした。
20代の染織家の給料を10万円前後と推定したのは20代だとまだ染織家としての知名度も低く、仮に作品が1万円前後で売れても10個程度と思われるからです。
同様に30代の染織家の給料もよほど有名でなければ、月に20個前後ほど売れると推定し給料は20万円としました。
染織家も40代になるとそれなりに販売ルートや、顧客も付いてくるので給料は30万円円前後と推定しました。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
360万円となると予測されます。
 
【各地域別の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:17万円~27万円(月収)
大阪の求人調査結果:16.5万円~25万円(月収)
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

染織家の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~27万円となりそうです。

染織家の仕事内容

染織家の仕事は布を染めること・織ること・装飾することに分けることができ、日本には昔からさまざまな染織の技法が存在しています。
例えば染める技法も日本の代表的な染色法である友禅染めなどが有名で、友禅染めは着物や織物などの下絵を手描きして染色します。
染色法も友禅染めの他にも溶かした蝋を筆で着物や織物に塗り模様を描くろうけつ染めや、型染めやしぼり染めなどさまざまな日本の伝統的な染色法があります。
次に織る技法として代表的な紬織り・縮み・上布・絣(かすり)などがあり、紬織りは繭(まゆ)から作った真綿を引伸ばして紡ぎ出した糸で紡ぎ出した絹織物です。
縮みは布に細かいシワを作る手法で木綿・絹・麻などの素材が使われで、上布は薄い高品質な麻糸を使う織物のことで絣は柄がかすれて見える織り方です。
染織家の装飾技法としては刺繍や摺箔(すりはく)などの手法があり、摺箔は金箔や銀箔を糊で布地に貼っていく技法のことです。
染織家の仕事はこれらの技法を用いて友禅織りや西陣織りや結城紬などを創作することで、経済産業大臣指定の伝統的工芸品のうち織物の33品目と11品目の染色品が指定されています。

染織家になるには?【資格・試験難易度】

昔であれば染織家になるために学校を卒業した後に、染織家に弟子入りして仕事を覚える人もいました。
しかし現在は大学の芸術学部や染色を教えてくれる専門学校などに入学して、染料や薬品に関しての知識や染色の方法や技術を学ぶのが一般的な方法です。
短大でも染色科やテキスタイル科がある学校もあるので、自分に合った学校を探して受験するのが一番いいと思います。
ただ友禅染めや型染めやうけつ染めなど日本に古くから伝わる手染めを学ぶのであれば、友禅染めや型染めやうけつ染めなどを教えてくれる染色教室があります。
そういった染色教室では免状も発行もしていますが、染色家の国家資格としては染色技能士があり1級と2級があります。
染色技能士の2級の受験資格は実務経験が2年以上で学歴によっては実務経験が免除になり、1級の受験資格は実務経験が7年以上の実務経験か2級合格後2年以上の実務経験が必要です。
染色技能士の学科試験は染色加工一般・材料一般・繊維製品・試験および測定・色彩・安全衛生で、糸浸染加工法・織物・ニット浸染加工法・型紙なせん加工法・スクリーンなせん加工法・染色補正法から選択できます。
実技試験は糸浸染作業・織物・ニット浸染作業・型紙なせん作業や、スクリーンなせん作業・染色補正作業で合格率は公表されていません。

染織家の求人の見つけ方

染織家は着物などの布地を染めそれを織る作家なので会社に勤める、一般のサラリーマンのように求人を目にすることはありません。
 
【この仕事を募集している企業】
染織家の求人がないため、染織家を募集している企業は見つかりませんでした。

染織家で高年収になるには?

染織家の作品もオークションサイトなどの出品されている、平均の落札価格は1万円前後と決して高くはありません。
しかし紬織の重要無形文化財保持者の染織家の、志村ふくみさんの作品はオークションサイトでも高値で取引されています。
例えば表裏とも絹100%の手縫いの紬着物の価格は、1点で270万円でそれもモデルが着用した中古品というから驚きです。
染織家と言っても作品の価格はまさにピンからキリまであり、染織家で高年収になるには知名度をアップさせて自分の作品が高値で取引されることです。
多くの染織家はこの仕事にやりがいを感じているかもしれませんが、自分の作品が市場に高値で流通されることは容易なことではありません。

染織家のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

染織家の作品にこの世の中に同じものなど存在せず、どの作品にも染織家の独自の色合いやセンスが溢れています。
織物が持つ可能性は計り知れないもので色糸の、配置を変えるだけで繊細な織物の柄が出来上がります。
江戸時代は公家や大名など武家の上流階級しか着ることができなかった織物が、現代社会によみがえり高値ではありますが誰でも買うことができます。
染織家のかっこいいところはそんな日本古来の、伝統的な工芸品を作り出すクリエイターだということです。

染織家の給料年収の本音口コミ

28才 給料:16万円

織物に興味があり染織家が開催するワークショップに参加し、生まれて初めて染織の体験しました。
それがきっかけで織物の染めと織りに魅せられ、今は朝から夜遅くまで自分の工房で作品作りに没頭しています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧