ナレーターの給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

ナレーターの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

ナレーターの給料年収や手取り額、初任給を解説!

ナレーターの給料年収を解説します。

ナレーターの平均給料・給与

  • 56万円
  • 20代の給料:56万円
  • 30代の給料:56万円
  • 40代の給料:56万円
  • 初任給:4~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

ナレーターの給料・年収補足

20代の給料:10万円(推定)
30代の給料:50万円~60万円(推定)
40代の給料:100万円(推定)

 
ナレーターの給料体系は歩合制が一般的なようです。
そのためナレーションの仕事が多い月は給料が多く、逆に仕事が少ない月は給料もあまりありません。
テレビの番組かラジオの番組によっても予算が異なりますが、ナレーターが番組1本あたりでもらえる単価の相場は平均10万円前後と言われています。
ただこの金額はある程度のベテランのナレーターの場合で、20代の新人のナレーターだと番組1本あたり数万円のことも珍しくないようです。
そのため20代のナレーターの給料は月に、10万円前後だと推定されます。なぜならば新人のナレーターの仕事はそのほとんどが単発で、月に1本か2本程度でなかには月に仕事の依頼がないナレーターもいるからです。
30代のナレーターになると芸能関連事務所からの仕事の依頼も増え、平均で月に5本か6本程度の仕事があると考え給料は月に50万円から60万円前後だと推定されます。
40代のナレーターになると佐藤賢治さんのようにテレビ朝日の「ロンドンハーツ」や「アメトーーク」や、日本テレビの「月曜から夜ふかし」やTBSの「爆報!THEフライデー」などレギュラー番組抱えているナレーターも多く平均で月に10前後の仕事があると考えると、給料は月に約100万円だと推定されます。
ナレーターの平均給料は20代のナレーターの給料10万円と20代のナレーターの給料を60万円と考え、40代のナレーターの給料100万円を合計し3で割って算出しました。
またナレーターは一般のサラリーマンのように会社からは給料は支給されませんが、初仕事の単価を4万円と考えこれを初任給の金額としました。
また業態によっても単価が変わります。
・ラジオナレーター 一本1万円~
・企業広報ナレーション 一本3万円~
 
など業態によってもギャランティが変わります。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
1000万円~1200万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

ナレーターの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
50万円~53万円となりそうです。

ナレーターの仕事内容

ナレーターの仕事はテレビやラジオのドラマ番組やドキュメンタリー番組や、バラエティ番組や報道番組などのなかでナレーションを行うことです。
テレビやラジオのコマーシャルでナレーションを行うのもナレーターの仕事ですが、情報を視聴者に正確に伝えるアナウンサーとは違いナレーターはいかに感情を込めて朗読を行うが大事になってきます。
ナレーターの具体的な仕事の手順ですが芸能関連事務所に所属している場合は、事務所からテレビ番組やラジオ番組でナレーションを行う台本を手渡されます。
その台本をテレビ番組やラジオ番組のディレクターや放送作家と打ち合わせをして、テレビ局やラジオ局で何度かナレーションのハーサルを行います。
そして実際に本番でナレーションを入れる作業を行いますが、生放送の場合は失敗が許されないので事前の打ち合わせと準備が大事になってきます。

ナレーターになるには?【資格・試験難易度】

ナレーターになるには資格や学歴などは特に必要がありませんが現在ナレーターとして活躍している人のなかには、ナレーター育成専門学校や放送系の大学などで基本的な知識や技術を学んでいる人もいます。
また前職が地方のテレビ局やラジオ局でフリーランスのアナウンサーだったり、ニュースキャスターや声優などからナレーターに転職する人もいます。
またナレーターの仕事は自分で探すこともできますが、ナレーターの多くはどこかの芸能関連事務所に自分の履歴書とナレーションのデモテープを一緒に送り就職活動を行う人もいます。
またナレーターや声優などを抱えている事務所でも定期的にオーディションを開催していることもあるので、このような芸能関連事務所にお問い合わせをしたりホームページを常にチェックするといいかもしれません。

ナレーターの求人の見つけ方

ナレーターの求人はほとんど目にすることがないのでナレーターが活躍している所属事務所に自分の履歴書とナレーションのデモテープを送るか、ナレーターや声優などを抱えている芸能関連事務所が開催しているオーディションに応募するといいでしょう。
 
【ナレーターが所属している事務所や企業】
・株式会社アトゥプロダクション
・有限会社マッシュ
・株式会社フリー・ウエイブ
など

ナレーターで高年収になるには?

ナレーターの給料は一般のサラリーマンとは違って会社から、決まった金額が支給されるわけではありません。
ナレーターの給料は基本的に歩合制で仕事の単価に、仕事数を掛けた金額がナレーターの給料になります。
そのためナレーターで高年収になるには単価が高い仕事の依頼が、多ければ多いほど年収もアップします。
ただナレーターで年収1000万円を超えているのはアトゥプロダクションに所属している佐藤賢治さんや、マッシュに所属している田口トモロヲなどナレーター全体の1割程度だと言われています。
後のナレーターの年収は300万円にも満たないのが現状で、ナレーターで高年収になるには表現力などナレーションのスキルはもちろんですがコミュニケーション能力や営業力が求められるようです。

ナレーターのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

テレビを見ていたりラジオを聴いていると、気になるナレーターの声に親近感を覚えることがあります。
素顔も素性も知らないナレーターの声の魅了に、かっこよさを感じる人も多いはずです。

ナレーターの給料年収の本音口コミ

25才 給料:12万円

ナレーターになりたくて高校を卒業して、ナレーターを育成する専門学校に入学しました。
今はナレーター事務所に所属していますが初めての、ナレーションの仕事の時は緊張でほとんど覚えていません。

28才 給料:23万円

大学では演劇部に入っていて、アルバイトと芝居に明け暮れていました。
俳優を目指して劇団に入団し映画デビューも果たしましたが、端役ばかりでアルバイトで生計を立てていました。
今年からナレーターがいる芸能事務所に所属していて、ナレーターとしてアルバイトで稼ぎくらいの収入はあります。

32才 給料:34万円

大学を卒業してテレビ局でADをしていた関係で、偶然にバラエティ番組のナレーションを担当しました。
それがきっかけでフリーランスのナレーターとして、テレビだけでなくラジオパーソナリティとしてもデビューしました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

戦術的な男

最初は声優になりたく声優事務所に所属していましたが、声優としては大成することはありませんでしたが
現在ナレーターとして仕事を貰うことができています

勇猛なの男

給料は売れっ子ナレーターなら上記の数倍は稼いでますよ。
ましてや上記文章で名前を挙げている超売れっ子さんであれば、ギャランティの単価ももっと高くレギュラー本数ももっとあるはずです。

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧