歌人の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、求人の見つけ方など徹底解説 | 給料BANK

歌人の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > 歌人の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収

歌人の給料年収や手取り額、初任給を解説!

歌人の給料年収を解説します。

歌人の平均給料・給与

  • 15万円
  • 20代の給料:10万円
  • 30代の給料:15万円
  • 40代の給料:20万円
  • 初任給:不明万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

歌人の給料・年収補足

20代の給料:10万円(推定)
30代の給料:15万円(推定)
40代の給料:20万円(推定)
 
歌人とは和歌を作る人やまたはそれを職業とする人のことで古くは古今和歌集の柿本人麻呂や、山部赤人などの歌人は歌聖(かせい)とも呼ばれていたようです。
柿本人麻呂や山部赤人などの歌人は宮廷歌人とも呼ばれていたようですが、宮廷歌人という官職は当時は存在していなくあくまで俗称であったようです。
日本では古代から歌人は存在していたようですが、当時から歌人としての職業は存在していなかったようです。
現代も多くの歌人が存在していますが歌人としての活動だけで生活するのが困難であるのが現実で、主な収入としては雑誌に自分の短歌しその稿料や歌集を出版社から出しその印税や、高名な歌人であれば講演や和歌の批評を行ったして収入を得ますが限られています。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
100万円~200万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明 福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

歌人の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
8万円~16万円となりそうです。

歌人の仕事内容

歌人の仕事内容は和歌や短歌や詩を作るのが仕事で、自分の魂の叫びを和歌や短歌や詩などを通じて言葉にします。
近年ではインターネットの普及で自分の作品をネット上で発表するネット歌人も存在しますが、インターネットが登場するまでは多くの歌人はどこかの短歌結社に所属しその結社の雑誌に自分の作品を発表していました。
今でも新聞や雑誌に自分の作品を発表している歌人はいますが、そのほとんどが歌人としての活動だけで生活するプロの歌人ではなく、別に本業を持った歌人で生活費は本業で稼ぎ趣味として和歌や短歌や詩を作るのが一般的です。
また歌人の小島なおさんのように若手歌人の登竜門である角川短歌賞を史上最年少で受賞し、2007年に角川書店から第一歌集「乱反射」を出版し現代短歌新人賞と梅花文学賞受賞した若手の歌人も台頭しています。
小島なおさんの他にも2010年に第46回現代詩手帖賞を受賞し思潮社から出版された第一歌集「適切な世界の適切ならざる私」で、第15回中原中也賞と第19回丸山豊記念現代詩賞を受賞した文月悠光さんも期待の歌人です。
小島なおさんや文月悠光さんなどは和歌や短歌や詩を作るだけでなく、さまざまな雑誌などにエッセイや書評なども執筆しています。

歌人になるには?【資格・試験難易度】

最近では青山学院大学を卒業した小島なおさんや上智大学文学部を卒業し、2010年に「花に眩む」で第9回文学賞読者賞を受賞した彩瀬まるさんのような、高学歴の歌人もいますが歌人になるためには学歴も特別な資格など必要ありません。
歌人と名乗るだけであれば和歌や短歌や詩を作れれば誰でもできますが、金額は別にして歌人として報酬を得るためには自分の作品を投稿して稿料を貰う必要があります。
また歌人として多くの人に名前が知られるには歌集をどこかの出版社から出すなどして、人気がでて批評や講演の依頼があったりし名前が売れてきます。

歌人の求人の見つけ方

歌人の多くはどこかの短歌結社に自分の作品を投稿したり最近ではネット歌人とも呼ばれている、インターネットのブログなどを通じて自分の和歌や短歌や詩を発表する歌人もいます。
また新聞歌人や投稿歌人とも呼ばれている雑誌や新聞に自分の作品を投稿する歌人もいますが、いずれも稿料や批評などの報酬だけで生活するプロの歌人などは存在していません。
まして歌人の求人などは皆無で歌人として生活していくためには出版社が主催する文学賞を受賞し、短編集を刊行しエッセイや書評などの執筆の依頼があれば収入を得ることができます。
 
【この仕事を募集している企業】
歌人を募集している企業は見つかりませんでした。

歌人で高年収になるには?

結論から言えば今の日本で歌人で高年収になるのはとても難しく、例えば著名な歌人として名前が知れている歌人でさえ収入面では決して恵まれているとは言えません。
そんななかでも280万部のベストセラーになった「サラダ記念日」の著者の俵万智さんは高年収であるかは別にして歌人で成功した一人と言えます。
稲田大学第一文学部に入学し短歌の世界に入った俵万智さんは大学を卒業すると神奈川県で、高校の教員として働きながら発表した「野球ゲーム」が第31回角川短歌賞で次席になりその斬新な表現が注目を集めました。
さらに翌年には「八月の朝」が第32回角川短歌賞を受賞し、1987年に出版された第一歌集「サラダ記念日」は歌集としては異例のベストセラー本となりました。
「サラダ記念日」がヒットした背景にはカタカナを巧みに使い、短歌を分かり易く多くの人々に伝えたことが考えられます。
俵万智さんは1988年に「サラダ記念日」で現代歌人協会賞を受賞し、1991年には第19期国語審議会委員となり1996年には読売新聞の歌壇の選者になっています。
2003年には「愛する源氏物語」が紫式部文学賞を受賞し、2006年には「プーさんの鼻」が若山牧水賞受賞を受賞し2009年には「ベストマザー賞」を受賞するなどの活躍を見せています。

歌人のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

書家としてもよく知られている歌人の相田みつをさんの作品は、挫折を乗り越えて作られ死後も多くの人に感動を与えています。
1984年に出版された相田みつをさんの「にんげんだもの」はミリオンセラーとなり、1987年に出版された第2詩集の「おかげさん」も約25万部のベストセラーになり今でも多くの人に読まれています。

歌人の給料年収の本音口コミ

24才 給料:8万円

幼い頃から絵本を読むのが好きで、いろいろなことを想像するのが好き少女でした。
中学生の頃から頭の中に浮かんだ言葉を言葉にしていくことを始め、いろいろな詩を作ってコンテストに応募しています。
今はコンビニでアルバイトをしていますが、いずれは自分の詩集を出版するのが夢です。

27才 給料:5万円

自分の思いを短歌や詩として綴り、それをブログなどで発表しています。
主に恋愛のことや日常生活のことを題材にしていますが、自分の短歌や詩に感想などが送ってこられるととても嬉しいです。
自分が作った短歌や詩が同年代の女性から、共感を得られるだけでやりがいがあります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

趣味好きな女歌人

ブログで月に3~8万円ほど。
今は3人の子供を抱える主婦で、雑誌や新聞に自分の作品を投稿しています。
稿料は微々たるもので収入のほとんどは、アルバイトの翻訳で得たものです。
副業として翻訳を行っているので、短歌や詩は私にとっては特別な意味があります。

仕事一筋の女

本業は看護師ですが歌人として、いろいろな同人誌などに自分の短歌や詩を発表しています。
仕事が休みの時には朗読会を行うなどの、さまざまな活動も積極的に行っています。
本業として詩人を目指すことも考えた時期もありますが今は副業として、歌人の活動をするのもいいかもしれませんと思っています。

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧