脚本家【ハリウッド映画】の給料年収や売れっ子脚本家ランキングや仕事内容を解説します | 給料BANK

脚本家【ハリウッド映画】の給料年収や売れっ子脚本家ランキング、その他仕事内容・求人の見つけ方|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > 脚本家【ハリウッド映画】の給料年収や売れっ子脚本家ランキング、その他仕事内容・求人の見つけ方

脚本家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

脚本家の給料年収を解説します。

脚本家の平均給料・給与

  • 42万円
  • 20代の給料:42万円
  • 30代の給料:42万円
  • 40代の給料:42万円
  • 初任給:10~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

脚本家の給料・年収補足

20代の給料:42万円(推定)
30代の給料:42万円(推定)
40代の給料:42万円(推定)
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~500万円となると予測されます。
 
30分のアニメ脚本を1本担当したとして初任給を算出。平均給料は、単価50万円/1時間のドラマを1クール(全10話)担当したとして、500万円、それを12カ月で割っています。しかし、脚本家個人によって収入は大きく異なるため、平均を出すことは難しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

脚本家の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~34万円となりそうです。

脚本家の仕事内容

脚本家は、映画、テレビドラマ、舞台、アニメなどの脚本を書くのが仕事です。
最近では漫画原作やゲームシナリオを書く脚本家もいます。
 
脚本は、時間と場所・場面を指定する「柱」、俳優がしゃべる「セリフ」、登場人物たちの行動などを表す「ト書き」の3つから構成されています。脚本家はそれらを組み合わせて、上演時間内に収めるように物語を完結させます。
経験と技術、そしてなによりセンスが必要とされる仕事です。
 
ドラマや映画の脚本は、企画段階から脚本家が関わることもあります。コンペ形式で、新人脚本家が企画を提出することもあります。
制作が決定すれば、キャスティングと並行して脚本作りが始まります。「プロット」という具体的なあらすじを作る作業から行い、プロデューサーと相談しながら脚本家は脚本を書き上げていきます。「ホン打ち」と呼ばれる打ち合わせを何度も経て、「決定稿」が出来上がります。決定稿になるまで、10稿以上も書き直すこともあります。そうして練りあげた脚本が、最終的に撮影され作品となります。
 
脚本家がオリジナル作品を書くこともありますが、最近では原作ありの映画やドラマが増えています。
脚本家は、原作となる小説や漫画を放送(上映)時間内に収まるように構成を組み替えたり、セリフを調整したりといった脚色をし、脚本の体裁に整えていきます。

脚本家の仕事の面白さ・将来性

脚本家の仕事の面白さは、自分が書いたセリフを俳優がしゃべり、物語が映像や舞台となって目に見える形で実現するところにあります。そしてその作品を観た人々が驚いたり、感動したり、笑ったり、と反応を示してくれます。創作を生業とする者にとっては、何にも代えがたい魅力といえるでしょう。
 
しかし、脚本家が思い描く作品が、そのまま制作されることは難しいのが現状です。スポンサーやテレビ局、原作者の意向など様々な思惑がからみあい、脚本を変更せざるをえないことは多々あります。
キャスティングや制作側の都合によって、主人公の性別が変わったり、キャラクターが変更されたりすることもあります。また、「バーター」と呼ばれる主人公クラスの俳優と同じ事務所の新人を出演させるために、原作にはいない登場人物を創りだすこともあります。
スポンサーや原作者などから修正指示や要望があったり、出演する俳優やその事務所からも修正指示が入ることもあります。
 
連続ドラマなどは初回から最終回分まで脚本が出来上がっている状態で撮影されることはまれで、視聴率や反響を考慮しながら、続きの回(翌々回以降)を書いていくことが多いです。脚本家は撮影に間に合うように、寝る間も惜しんで脚本を書き上げねばなりません。
 
大変な仕事ですが、その分作品が評価されれば、次の仕事につながっていき、自分の好きな脚本を書く機会にも恵まれます。

売れっ子脚本家ランキング

データニュース社のテレビ視聴者3000人を対象に行われた「最も満足度が高いテレビドラマ脚本家」のアンケート調査によると、売れっ子脚本家のランキングは下記です。(2016年)
 
1位 古沢良太
「リーガル・ハイ」や「鈴木先生」や「相棒」などの脚本を担当。抜群のセンスと物語展開のうまさで、近年最も売れている脚本家の一人。業界内での評判も高く、数年先まで仕事のオファーで埋まっているという噂も。
 
2位 宮藤官九郎
「池袋ウエストゲートパーク」や「あまちゃん」「ゆとりですがなにか」などの脚本を担当。監督や俳優、ミュージシャンとしても活躍している。どんな作品でも独特なユーモアのある「クドカンらしさ」を出せるという個性が魅力で、若者から年配の視聴者まで愛されている。
 
3位 福田靖
「DOCTORS」や「ガリレオ」「HERO」などの作品を担当。キャラクターの立った登場人物たちを書くセンスはピカイチで、ヒーローを描かせたら右に出るものはいないといわれる。
 
4位 森下佳子
「ごちそうさん」や「天皇の料理番」の脚本を担当。女性ならではの繊細な表現には高い評価があり、一方で大胆な展開を描くこともできる技量を持つ脚本家。
 
5位 田渕久美子
「篤姫」や「美女と男子」などの脚本を担当。愛憎劇を得意とし、恋愛ドラマなどの作品が多数ある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハリウッド脚本家の年収給料

ソニー・ピクチャーズがハッキングを受けた際に漏洩した情報などによると、世界的に有名な映画作家の脚本料は原稿1つで100万ドル(約1億2000万円)になり、その他に賞を受賞するとボーナスとしてかなりの額が上乗せされるそうです。
映画脚本の売買も盛んに行われており、その価格は10万ドル(約1200万円)~300万ドル(約3億6000万円)以上と幅があります。
テレビドラマの場合、1時間の脚本で3万7368ドル(約450万円)、30分の脚本で2万5408ドル(約300万円)となるそうです。
 
ハリウッドは厳格な契約があり、脚本家の地位も認められています。
しかし、高額な年収が稼げる分、争いも熾烈で、才能がなければ生き残ってはいけない世界となっています。

アニメ脚本家の単価とドラマ脚本家の単価は違う?

基本的には、脚本の執筆料(ギャラ)は、尺と呼ばれる放送時間よって変わります。
たとえば、30分アニメ1本で20~30万円のギャラがおおよその平均といわれています。15分アニメだとその半分のギャラになります。
60分ドラマ1本60分だと、30~60万円となります。全10話あれば、1クールで300万~600万円を稼ぐことができます。
2時間の映画だと、50万~100万円、商業映画の規模によっては200万円~ともいわれています。
 
脚本の執筆料は、脚本家によって大きく異なります。新人ならタダ同然のギャラのこともありますし、有名な脚本家になればギャラは100万円以上と、当然高くなります。
また、脚本を書き上げても、キャスティングが決まらないなどの理由から映像化することができない、放送を見合わせる、など、いわゆる「お蔵入り」というようなことになれば、脚本料が支払われないこともあります。
ハリウッドと違い、日本の脚本家は事前に契約を結ぶことなく、口約束で仕事をすることがほとんどのため、泣き寝入りとなってしまいます。
しかし、あまりに悪質な場合、脚本料の未払いを巡って訴訟を起こした例もあり、今後の業界の改善が望まれています。

脚本家の仕事を見つける方法は?

給料解説者ぺすくん

まったくの素人が、いきなり脚本家として仕事を見つけることはほぼ不可能です。
求人サイトなどに「脚本家」という業種での募集はまずありません。(ゲームシナリオに関しては、たまにインターネットで募集がありますが、単価はかなり安くなります。)
 
映画、テレビドラマ、アニメなどの脚本の仕事を探すには、業界でのコネクションが必要となります。そのためには、いくつかの手段があります。
たとえば、
 
・脚本のコンクールで受賞し、デビューする。
・プロデューサーや監督と知り合い、仕事を紹介してもらう。
・スクールなどに通ってそこからコネクションを作って仕事を探す。
・マネージメント事務所に所属し、仕事を回してもらう。
 
などの方法です。
最もメジャーなのはコンクールでの受賞からデビューする方法です。そこで業界とのつながりを作り、プロデューサーなどと知り合い、次の仕事につながっていきます。
昔は有名脚本家が弟子を取ったりすることもあったようですが、現在ではほとんどありません。(まれに大御所脚本家が運転手兼アシスタントなどを募集していることはあります。)
現在はスクールの講師と生徒という師弟関係が強いようで、そこから仕事につながることがあるそうです。
所属脚本家を募集しているマネージメント事務所はいくつかありますが、誰でも所属できるというわけではなく、受賞歴や過去の実績が重視される傾向があります。
 
上記以外にも、自分で舞台の脚本を書いて小劇場などで上演すれば、誰でも「脚本家」と名乗ることができます。そこでプロデューサーなど業界人の目に留まれば、ドラマや映画などの脚本の仕事が来ることもあります。三谷幸喜や宮藤官九郎などがその例です。しかし、都内だけでも推定200~300以上ある小劇団が毎日どこかの小劇場で公演していることを考えると、上にいけるのはごく一握りの人となります。
 
いずれにせよ、脚本家として仕事をするには「面白いホン(脚本)を書く能力」が一番に求められるので、実力を身につけることが重要となります。

脚本家の口コミ

給料:40万円

舞台の脚本で小劇団で10万ぐらい。商業で50万円~もらってます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧