レコーディングエンジニア【スタジオ・独立フリーランス】の給料年収手取りや仕事内容や求人の探し方を解説 | 給料BANK

レコーディングエンジニア【スタジオエンジニア】の給料年収手取りや独立フリーランスの年収|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > レコーディングエンジニア【スタジオエンジニア】の給料年収手取りや独立フリーランスの年収

レコーディングエンジニアの給料年収や手取り額、初任給を解説!

レコーディングエンジニアの給料年収を解説します。

レコーディングエンジニアの平均給料・給与

  • 37万円
  • 20代の給料:28万円
  • 30代の給料:39万円
  • 40代の給料:44万円
  • 初任給:16~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

レコーディングエンジニアの給料・年収補足

20代の給料:28万円(推定)
30代の給料:39万円(推定)
40代の給料:44万円(推定)
 
 
レコーディングエンジニアの求人を見てもレコーディングエンジニアの経験がない人は、最初はアシスタントエンジニアとしてリハーサルスタジオ受付業務や機材管理業務などを行います。
雇用形態としてはアルバイトも多く、正規雇用の正社員であっても初任給は16万円程度です。
 
契約社員の場合も月収15〜18万円で、一般のサラリーマンの給料よりも少し低いようです。アルバイトの場合は時給の相場は880円程度と、大手コンビニ店員よりも低めか同じ程度と厳しいのが現状のようです。
ただアシスタントエンジニアとしてさまざまな経験を積みレコーディングエンジニアになれば、レコーディングスタジオやレコード制作会社によっても大きく異なりますが、630〜780万円が平均年収だと言われています。
 
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
630万円~780万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:14万9600円 ~ 18万4000円(月収)
東京の求人調査結果:20万8000円~25万8000円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~24万円(月収)
福岡の求人調査結果:17万円~23万円(月収)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レコーディングエンジニアの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
18万円~となりそうです。

レコーディングエンジニアとして独立フリーランスになると年収はあがるの?

レコーディングスタジオやレコード制作会社でレコーディングエンジニアとして働いていてば毎月の給料が支給されますが、独立してフリーランスのレコーディングエンジニアになれば給料が保証されているわけではありません。
そのため必ずしもサラリーマン時代よりも年収が上がるとは言えません。
ただ誰もが知っているような有名なアーティストに腕を認められ独立して、専属のレコーディングエンジニアになったり常に仕事の依頼があれば、年収が上がる可能性は高いです。
ただフリーランスのレコーディングエンジニアになっても仕事の報酬はその人の実力や、仕事を依頼するアーティストのレベルによっても異なりますが、売れっ子のレコーディングエンジニアになれば年収1000万円も夢ではなさそうです。

レコーディングエンジニアのスタジオで給料が高いスタジオはあるの?

ソニー・ミュージックエンタテインメントやエイベックス・ミュージック・クリエイティヴなど大手レコード会社に勤務するレコーディングエンジニアであれば年収も年齢にもよりますが700万円から800万円程度はありますが、レコーディングスタジオの多くが社員数も少ない小規模なところばかりです。
 
る程度の設備が整っているレコーディングスタジオは交通の便が良い都内に集中していますが、例えば目黒区青葉台にある青葉台スタジオも資本金1300万円で法人化しエイベックス・エンタテインメントやキングレコードや、ソニー・ミュージックレーベルズなどを顧客としていますが、社員も6人でチーフエンジニアが1人でレコーディングエンジニアが4人でアシスタントエンジニアが1人と小規模です。
他のレコーディングスタジオも同じような規模で、平均年収も良くてレコード会社と同じ水準の年収かそれ以下です。

レコーディングエンジニアの仕事内容

レコーディングエンジニアの仕事内容はレコーディングスタジオやレコード制作会社で、アーティストがスタジオでレコーディングを行う際にレコーディングからマスタリングまでを手がけることです。
スタジオや会社によってはレコーディングを担当するスタッフをレコーディングエンジニアと呼び、ミキシングを担当するスタッフをミキシングエンジニアやミキサーと呼ぶ場合もあります。
 
また音響エンジニアと呼ばれることもありますが、いずれにしてもレコーディングエンジニアの仕事は、歌手やコーラスグループやオーケストラなどの歌や演奏を録音し、それぞれの音量のバランスを調整したりして楽曲として完成させるのが仕事になります。
例えば歌手がCDを出す場合には作詞家や作曲家がその曲をアレンジして、レコーディングスタジオやレコード制作会社にレコーディングを依頼します。
レコーディングエンジニアはスタジオでその歌手が歌う曲を録音し、ミキシングと呼ばれている編集作業の後に、マスタリングと呼ばれているマスターテープの制作を行います。場合によっては加工と呼ばれているあまり良くない部分をカットして、良い部分だけをつなぎ合わせることもあります。
 
またミキシングも2チャンネルミキシングや多チャンネルの音源から行う多チャンネルミキシングがありますが、録音された音源を基にしてミキシング・コンソールで、音声トラックのバランス・音色・定位などを調整する作業です。
レコーディングエンジニアの仕事はこのようにアーティストの録音作業と、トラックダウンやミックスダウンとも呼ばれているミキシングを行ってマスターテープを仕上げのが仕事ですが、納得できるような音が録れない場合は残業でスタジオや会社に泊まり込みで仕事をすることも珍しくありません。

レコーディングエンジニアになるには?【資格取得方法や難易度など】

レコーディングエンジニアになるには特に、資格や免許を取得する必要はありません。
ただレコーディングエンジニアの仕事は未経験者が、いきなり入社してすぐにできるような仕事ではありません。
 
先ずは採用されたならばアシスタントしてレコーディングエンジニアの見習いから始めるのが普通で、少なくとも数年間は見習いとして先輩のレコーディングエンジニアがする仕事のやり方を覚えます。
具体的には音響機器に関する知識やデジタル処理に関する技術を覚え、スキルを身に付け経験を積んだ後にレコーディングエンジニアになれます。
 
レコーディングエンジニアになるには資格や免許を取得する必要はありませんが、社団法人日本音楽スタジオ協会が主催する「ProTools技術認定試験」や「サウンドレコーディング技術認定試験」を受験し、認定試験に合格した後に就職するのも良いかもしれません。ProTools技術認定試験はレコーディングスタジオで使用される音楽制作ソフトウェアやProToolsの技術をランク形式で判定する検定試験で、サウンドレコーディング技術認定試験は音響の理論やレコーディング技術などが評価されます。
これらの認定試験を受験する前に専門学校に入校しレコーディングエンジニアコースや音響エンジニア専攻科などで、音響機器の操作技術やProToolsのデジタル処理技術などを学ぶのも良いかもしれません。
ProToolsのデジタル処理技術はMacやDAW用ソフトウェアを使うので、独学ではなかなか覚えるのは大変なので専門学校で学んだほうが早いかもしれません。
 
それにこれらの専門学校はレコーディングスタジオやレコード制作会社への就職の際の求人情報やコネクションもあるため、もしレコーディングエンジニアになりたいのであれば有利になります。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レコーディングエンジニアや貴金属バイヤーの求人の見つけ方

給料解説者ぺすくん

レコーディングエンジニアとしての求人情報はほとんどなく、アシスタントエンジニアの求人がほとんどです。
アシスタントエンジニアの求人はウェブ上のさまざま求人サイトで見つけるか、音楽系の専門学校や響エンジニア専攻科があるコンピュータ関連の専門学校にアシスタントエンジニアの求人依頼が来ます。
 
【この仕事を募集している企業】
・レコーディングスタジオ
・レコード制作会社
・音楽関連会社
など

レコーディングエンジニアの給料年収の本音口コミ

20才 給料:18万円

音楽が好きで音楽関連の仕事に就きたくて、コンピュータ専門学校でProtoolsのオペレートなどを学びました。
今はレコード会社でアルバイトとして働いていまあすが、いずれレコーディングエンジニアになりたいです。

30才 給料:34万円

都内にあるレコーディングスタジオに勤務するレコーディングエンジニアで、主に大手レコード会社の歌手やアイドルグループを担当しています。
できれば将来はチーフエンジニアになり、経験を積んだ後に独立するのが夢です。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧