フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料年収・仕事内容を解説! | 給料BANK

フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料年収・仕事内容を解説!|「給料BANK」

フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料年収を解説します。

フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の平均給料・給与

  • 25万円

フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の平均年収

  • 310万円~405万円
    • 20代の給料:15万円
    • 30代の給料:25万円
    • 40代の給料:30万円
    • 初任給:10~万円
      ※アルバイトの場合は10万以下の場合もあるようです

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております。年収は給与や取得したデータからおよそで算出しています。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の年収【年代別理想の年収プラン】

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代のフラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の理想年収

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ280.0万円を超える年収です。

    30代のフラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の理想年収

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は392.0万円を超える年収です。

    40代のフラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の理想年収

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は518.0万円を超える年収です。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料・年収補足

    20代の給料:15万円~20万円(推定)
    30代の給料:20万円~25万円(推定)
    40代の給料:25万円~30万円(推定)
     
    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    250万円~400万円となると予測されます。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の仕事内容

    色々な花を使ったデザインを施すのが仕事。
    結婚式で使うブーケのデザインをしたり、コサージュを作ったり、お店に飾るための生け花をアレンジしたりと、花とデザインに関わることが仕事の内容です。
    その活躍の幅はとても広く、仕事はありとあらゆるところにあります。
    飲食店、ショップ、結婚式場、テレビ番組、雑誌、CMなどなど・・・。
    活躍する場所によって仕事内容はさまざまですよ。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    15万円~30万円となりそうです。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)になるには?【資格】

    フラワーデザインに関する資格というのは、結構種類が多いです。
    民間の資格から厚生労働省認定の資格まで幅広くありますが、その中でも「とっておくべき」資格は、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会の資格。
    フラワーデザイン関係の資格の中で、唯一公益法人が認定している資格で、フラワーデザイナーとして働くための必須条件ではありませんが、とっておくと「信頼性」が高まり、仕事が入りやすくなります。
     
    この資格は、昭和42年から始まった歴史ある資格で、3級から1級までがありますが、仕事のためにとるというのであれば1級をとっておくべきでしょう。
    3級は、フラワーデザインの技術や知識の基礎中の基礎を学んだという証で、2級はフラワーデザインの基礎よりさらに上の技術と知識を身に付けたという証。
    1級は、基礎を踏襲しつつも、自分で考えて自分独自のデザインを作り出すことのできる力が備わっているという証として機能するので、やはり本格的に仕事をするのなら1級を持っておくべきですね。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)になるための大学一覧

    フラワーデザイナーになることのできる大学は、全国に数多くあります。
    大学や短期大学ならば、
     
    ・神戸松蔭女子学院大学(兵庫の私立大学)
    ・池坊短期大学(京都の私立短期大学)
    ・日本大学(東京・埼玉・静岡・千葉・福島・神奈川県の私立大学)
    ・名古屋文化短期大学(愛知県の私立短期大学)
    ・城西国際大学(千葉・東京の私立大学)
     
    などなど、関西と関東の両方のさまざまな大学がありますね。
    池坊短期大学ではフラワーデザインを専門的に学ぶことのできるコースなどがあり、フラワーデザインを推している学校ですが、他は総合大学の一コースという扱いになっています。
    専門学校でフラワーデザインについて専門的に学びたいというのであれば、
     
    ・東京コミュニケーションアート専門学校(東京)
    ・静岡デザイン専門学校(静岡)
    ・日本フラワーデザイン専門学校(東京)
    ・京都芸術デザイン専門学校(京都)
    ・福岡ホスピタリティ&ブライダル専門学校(福岡)
     
    などなど、色々な専門学校で学ぶことができます。
    フラワーデザインに特化しているのは、日本フラワーデザイン専門学校で、そのほかは「デザイン」「ブライダル業界やホテル業界で働くため」の一環としてフラワーデザインを学ぶことができるコースがあるという感じですね。

    海外でフラワーデザイナーが活躍する場はどんな場所?

    フラワーデザイナーは、意外と海外でも活躍の場が多いです。
    そんなフラワーデザイナーの海外での活躍の場とは、どのようなところなのでしょうか。
    たとえば、フランスではフラワーアレンジメントが人気なようで、街のいたるところにフラワーアレンジメントを見かけることがあります。
    そんなフランスの観光協会などで、観光業の一環として街に飾る花をデザインしたり、飲食店やホテルなどで花を飾ったりと、日本とあまり変わらない仕事をすることができますよ。
    また、日本のフラワーデザイナーということで、「和風」の生け花が結構需要があるようで、海外の日本食のお店などに、雰囲気に合った和風の生け花を飾るといった仕事もあったりと、「日本人である」ことを活かして活躍することが出来る場所が結構多いです。
     
    実際にフランスの一流ホテル・レストランで数々のフラワーアレンジメントを手がける日本人フラワーデザイナーがパリで話題になっていたりと、フランスには日本人フラワーデザイナーが活躍できる場所が多くあります。

    フラワーアレンジメントやブリザードフラワーの教室を開業するとどのくらい給料稼げるの?

    給料解説者ぺすくん

    フラワーアレンジメントやブリザードフラワーの教室を開業する、大体平均で年収400万から600万円ほど稼げるということもあるようです。
    教室の受講料の相場というのは、1時間にだいたい5000円から1万円ほど。
    現役時代に数々の実績を残しているという人であれば、1万円から2万円と言うこともありますが、大体は5000円、高くても1万円ということが多いようですが、それでもフラワーデザイナーとしてどこかに就職するかフリーになるかよりは安定した収入を得ることができそうです。
     
    フラワーデザイナーの平均年収が一番高いのが、フラワーアレンジメント・ブリザードフラワー教室なので、年収アップを狙うのであれば開業を目指してみるといいかもしれません。
    ただし、教室を開業するのであればその資金稼ぎをしつつ、たくさんの実績を積んでおくことが大切です。
    たとえば、「○○という雑誌に掲載された」「超一流ホテル○○のフラワーアレンジをてがけていた」「テレビで紹介された」「テレビ番組に使われた」といったような目だった実績があると生徒がつきやすいので、そういった大きな実績を積むことが、開業には必要不可欠になりますよ。

    フラワーデザイナー(フラワーアレンジメント)の口コミお給料

    給料:30万円

    花屋の店長をしています。

    給料:50万円

    花屋もやってますが教室も開いています。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧