映画プロデューサーの給料年収【20代30代40代】や年収1000万円以上を稼ぐには?を徹底解説 | 給料BANK

映画プロデューサーの給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

映画プロデューサーの給料年収や手取り額、初任給を解説!

映画プロデューサーの給料年収を解説します。

映画プロデューサーの平均給料・給与

  • 38万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:40万円
  • 40代の給料:50万円
  • 初任給:20~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

映画プロデューサーの給料・年収補足

20代の給料:24万円(推定)
30代の給料:40万円(推定)
40代の給料:50万円(推定)

 
求人情報や口コミなどから算出。大手映画会社と小規模制作会社では給料にかなりの差があります。また、フリーランスの映画プロデューサーの収入は一定ではないため、算出は難しいです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
320万円~800万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:30万円~56万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~24万円(月収)
福岡の求人調査結果:18万円~25万円(月収)

映画プロデューサーの手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~40万円となりそうです。

映画プロデューサーの仕事内容

映画プロデューサーは、映画の企画を立てて、制作から宣伝までの責任を一手に引き受けるのが仕事です。監督や脚本家、撮影スタッフを集めて、資金を調達し、役者をキャスティングして、上映する映画館の手配までを行います。映画プロデューサーの力量によって映画の成功が左右されるといっても過言ではありません。映画監督よりも強い決定権を持ちます。 映画の企画は漫画や小説などの原作から探すこともあれば、プロデューサーが企画を立てることもあります。
さまざまな情報に幅広くアンテナを立てて、日頃から多くのメディアや資料などに目を通す必要があります。
また、資金集めはプロデューサーの重要な仕事の1つであり、人脈を作ることも大切です。
映画プロデューサーは映画会社のほか、テレビ局の映画製作部、映像制作会社などに勤務しています。
また、独立したフリーのプロデューサーとして働いている人もいます。

映画プロデューサーになるには?【資格・試験難易度】

映画プロデューサーになるために必要な知識を学ぶ専門学校などが多くあります。映画の知識から、マネジメント、配給や宣伝などに関わる専門知識などを学ぶことができます。
実際に映画プロデューサーになるには、映画会社に就職してサラリーマンプロデューサーとなるか、独立してフリーのプロデューサーとなる方法があります。
大手映画会社は就職も狭き門なので、専門学校よりも有名所の四年制大学を卒業している方が有利になります。映画が好きで、映画の知識があることは大前提です。
独立してフリーのプロデューサーとしてやっていくには、いかに広く太い人脈を持っているかが重要になります。
企画を実現させるには多くの人の手が必要であり、資金も必要です。
映画業界以外の企業にスポンサーになってもらうこともあるため、いろいろな業界に顔を広げておかなければなりません。

有名どころの映画プロデューサーってどんな人?

映画プロデューサーには有名な人がたくさんいます。スタジオジブリで有名なのは、鈴木敏夫プロデューサーです。
「紅の豚」「千と千尋の神隠し」など有名なジブリ作品を多数手がけています。メディアで顔を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
大手映画会社の東宝で最近話題なのは、川村元気プロデューサーです。
「電車男」を皮切りに「君の名は。」などヒット作品を多数手がけています。また、小説家や絵本作家としての顔を持ち、マルチに活躍しています。

映画プロデューサーで年収1000万円を超えるには

映画プロデューサーで高年収を狙うならば、フリーよりも大手映画会社に勤めていることが近道となります。
大手映画会社では30代で年収1000万円を超えることもあります。
フリーのプロデューサーは収入が安定せず、映画が失敗すれば借金を負う可能性すらあり、博打的要素が高くなります。
自由に映画を作ることができる反面、高年収となるのはフリーでは難しいといえます。
しかし、世界的な映画祭で受賞したり認められれば、個人の名前が有名になり世界を舞台に活躍できる可能性もあります。
映画会社に勤務する映画プロデューサーよりも大きく稼げる可能性もゼロではありません。それほど有名になれば映画専門学校や大学の講師などの仕事や講演も依頼されるので、そうした講師料や出演料で稼ぐこともできます。
映画プロデューサーで年収1000万円を超えるには、大手映画会社に勤めるか、作品が世界的に有名になるか、のどちらかが必須です。

映画プロデューサーとして長年やってる人の特徴

映画プロデューサーは、多くの観客に視てもらえる映画を作るのが仕事です。
ターゲットとなる観客の世代や、時代の流れに応じた作品を作るためには、時流を読む力が必要になります。
そんな映画の世界で長年活躍できる映画プロデューサーというのは、古い常識や固定観念にとらわれず、新しい情報に敏感であるという特徴があります。
若い世代に流行っているものや、人気の俳優やアイドル、音楽、映像技術などにも幅広い興味と知識がある人が多いです。
また、資金を多く集められるのも映画プロデューサーの資質の1つです。
「人たらし」と呼ばれるほど人の信頼や信用を得ることに長けており、コミュニケーション能力が高い人がプロデューサーとして成功する確率が高いです。
企画を通すには説得力のあるプレゼンができることも重要です。
人を納得させられる話術があるプロデューサーも多いです。
そんな力を悪用して、監督に制作費を持ち出しさせたり、スタッフへの支払いを先延ばしにしたりといった、詐欺まがいのことをしているフリーの映画プロデューサーもいるといいます。

映画プロデューサーのかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

映画プロデューサーのかっこいい所は、自分の思い描いた企画を映画という形にして、観客に届けることができるという点です。
クリエイティブな仕事であり、夢や憧れのつまった仕事であるといえます。
一方で辛い所は、自分が「面白い」と思った企画であっても、却下されたり、映画になっても興行的に失敗してしまったりすることもあるという点です。
映画は多くの人やお金のかかるものなので、それらが無駄になってしまうことは心情的にも辛く、フリーの場合は金銭的にも厳しくなってしまう可能性があります。
また、多くのスタッフや役者、宣伝や興行に関わる人々を統括する立場であることから、人間関係や資金繰りなど考えなければならない問題も山積みです。
そうした大変なこと、辛い事を乗り越えて世界中から認められる素晴らしい作品を世に出すことができれば、映画プロデューサー冥利に尽きるといえるでしょう。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧