プロブロガーの給料・手取り・初任給、仕事内容を解説 | 給料BANK

プロブロガーの給料、手取り、初任給|「給料BANK」

プロブロガーの給料・年収や初任給を解説!

プロブロガーの給料年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロブロガーの平均給料・給与

  • 30万円

プロブロガーの平均年収

  • 370万円~485万円
    • 20代の給料:30万円
    • 30代の給料:30万円
    • 40代の給料:30万円
    • 初任給:不明万円
      ※具体的な数字の算出が難しいため補足説明参照

    ※給料年収統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    プロブロガーの年収【年代別理想の年収プラン】

    プロブロガーとしてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代のプロブロガーの理想年収

    プロブロガーとして働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ490.0万円を超える年収です。

    30代のプロブロガーの理想年収

    プロブロガーとしてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は462.0万円を超える年収です。

    40代のプロブロガーの理想年収

    プロブロガーとなるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は518.0万円を超える年収です。

    プロブロガーの給料・年収補足

    プロブロガーの収入は、完全歩合や人気により左右されるため、年代別の平均給与を算出するのは難しいです。
    プロブロガーと呼べるための定義は「食べていけるかどうか」だそうです。
    そのため上記で算出した平均給料は、
     
    「都内で一か月の生活が可能な給与」
     
    ということで算出いたしました。
     
    また先日1年以上コンスタントにブログを運営している方に給料のアンケートを取った結果、
    1万円以下が全体の21.2%
    1万円~29万円までのお小遣い程度が51.6%とほぼ半数。
    単独で生計を立てられる30万円以上稼げるブロガーは、27.1%と約3割弱となりました。
     
    運営歴が長ければ長いほど月収も上がる傾向がありますが、1年目でも月収20万程度稼げるという口コミもありました。
    また数年間やってるけど、月収2000円という方もおりマネタイズの方法によって左右されるようです。
    アンケート結果はこちら
    https://blog.with2.net/vote/v/?m=va&id=175429

    プロブロガーの仕事内容

    プロブロガーとは、近年台頭してきた新しい職業です。
    イケダハヤト氏が提唱した職業であり、簡単にいうと「ブログでお金を稼ぐ仕事」です。
    日々新しい情報にアンテナをはり、記事を寄稿したり意見を述べ、読者に伝えることが主な仕事内容となります。
    ブロガーには、IT系に特化した人や、製品レビューに特化した人、稼ぎ方や生き方、働き方など様々なジャンルがあります。
    ネットに自分の意見や意志を公開させるため賛否両論が生まれやすく、時には炎上したりもするようです。
     
    ネットの表現者といってもいいかもしれません。
     
    また上記以外にも「本の出版、講演、セミナー・サロン」などで収益を上げている方も多いようです。
    「ブログで有名になりそれで食べている人」といってもいいかもしれません。

    プロブロガーの給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    40万円~80万円ぐらいとなりそうです。

    プロブロガーになるには?【定義】

    プロブロガーになるには特に資格や免許などはいりません。
    とにかく世間で注目を浴びるようなブログを書くことが必須です。
    プロブロガーとアマチュアブロガーの境界線はさまざまですが、イケダハヤト氏によると、
      
    「生計を立てているか否か」
     
    かどうかだそうです。
    ※ほかにプロの定義を持っている人もいるかもしれないだそうです。
     
    売上40〜50万円程度だと普通に生きていけるレベルでプロ。
    年収だと600万円~1000万円。
     
    売上が15万とかだと一人で食べていくのは厳しいので「アマチュア」だそうです。
    それ以外にも、基準になるとすると「自分が罪人であることを理解しているか」だそうです。
     
    詳しくは下記をご覧になってみてください。
     
    まだ東京で消耗してるの?「プロブロガーの定義」

    ブロガー画像1

    プロブロガー一覧をまとめてみた

    プロブロガーの定義は、食べていけることが条件になりそうですが、食べていけているプロブロガーはどんな人たちがいるのかPVや知名度などからある程度予測できます。
    ネットに落ちている情報をもとに、プロブロガーの一覧を作ってみました。
     
    月刊はあちゅう はあちゅう
    まだ東京で消耗してるの? イケダハヤト氏
    Chikirinの日記 ちきりん
    DJあおいのお手をはいしゃく DJあおい
    ネタフル コグレマサト氏
    和洋風KAI するぷ氏
     
    上記以外にもまだプロと呼べそうな方がいらっしゃいそうですがこのあたりが代表的な人たちになりそうです。

    プロブロガーになるための時間ってどのくらい必要?

    プロブロガーになるためにはまず食べていけることが大前提です。
    最初から著名人であればすぐにブログを作ればある程度のアクセスは見込めますが、まったくの素人の場合はだいたいどのくらいかかるのでしょうか。
     
    上記のブロガー様のブログ発足を見てみると、
    「中国嫁日記」が2010年
    「まだ東京で消耗してるの?」が2010年
    となっていました。最低でも1年以上。
    1年半~2年ぐらいはやり続けないとプロと呼べるところまではいけないようですね。
    そしてその期間に加え何よりも大事なのが「影響力を与えれる記事を書く」ことです。
    影響力を与え、バズるような記事を毎回かけば1か月でもプロになれる完全弱肉強食の世界でもあります。
      
    1年以上継続していればそのカテゴリーではある程度のスペシャリストと認知されるようです。
    最近では著名ブロガーが開くオンラインサロンなどがありそこでプロブロガーになりたい有志を集いアドバイスなども行っています。

    挫折するブロガーが多いの?

    給料解説者ぺすくん

    プロブロガーになる資格や免許などはありませんが、一番大変なのが、毎日ブログ記事を書いても収益に結びつかないことやアクセス数が上がらないことだそうです。
    そのためある程度一定のところまでブログを書くと、疲弊して断念する方も多いようです。
    1年半、毎日1記事(1記事あたり1時間~2時間あたりの時間)を割いて書くので、仕事をと同時並行ではかなりの負担や労力になるようですね。
    そのため最初は週に3,4など、小さい目標を決めて長く続けていくと継続しやすいそうです。
    継続することが一番大事だと将棋界の羽生名人もいっておりましたが、ここが勝負だそうです。
    先日参加したセミナーでは100記事前後である程度のアクセスを見てこのまま続けるかどうかを判断するという意見もありました。

    プロブロガーの口コミお給料

    給料:60万円以上

    1年前は30万前後でしたが、倍以上になりました

    給料:32万円

    ガジェット系のブログを運営しています。出版なども含めての給料になるのでブログだけだと20万ぐらいになります。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    匿名さん

    3000万稼いでます。
    ブログだけでなく書籍やセミナーやサロンなど。

    戦術的な男

    月30~40万です
    ただし1日の作業時間は2時間くらい

    毎日観光者気分で南国で住んでます

    その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料年収一覧