クラシック作曲家の給料年収手取りや有名人ランキングを解説 | 給料BANK

クラシック作曲家の給料年収手取りや有名人ランキング|「給料BANK」

給料BANK > 芸能・芸術系職業の給料一覧 > クラシック作曲家の給料年収手取りや有名人ランキング

クラシック作曲家の給料年収や手取り額、初任給を解説!

クラシック作曲家の給料年収を解説します。

クラシック作曲家の平均給料・給与

  • 30万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:44万円
  • 初任給:5~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

クラシック作曲家の給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:44万円(推定)
 
 
初任給は、校歌1曲あたり5万円~請け負う制作会社の例から算出。20代・30代は音楽大学の非常勤講師の推定平均給与から算出。40代は音楽大学で教授・准教授として働いていると仮定し算出。基本的に曲の依頼によって収入は変動します。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~700万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

クラシック作曲家の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
16万円~35万円となりそうです。

クラシック作曲家で活躍している有名な人は?【日本国内】

久石譲(宮崎駿や北野武の映画)
坂本龍一(戦場のメリークリスマス、ラストエンペラー)
佐藤直紀(ALWAYS 三丁目の夕日、SPACE BATTLESHIP ヤマト、龍馬伝、WATER BOYS)
 
・湯浅譲二
慶應義塾大学医学部を中退後、作曲の道に進む。多数の映画音楽や大河ドラマの音楽などを担当。現在カリフォルニア大学サンディエゴ校名誉教授を勤める。「箏とオーケストラのためのプロジェクション「花鳥風月」「クロノプラスティク」など。
   
・吉松隆
慶應義塾大学工学部在学中、松村禎三に弟子入りし、作曲を学ぶ。世紀末音楽研究所を設立し、交響曲、協奏曲など数多くの作品を発表。EL&Pの「タルカス」をオーケストラに編曲した楽曲が、NHK大河ドラマ平清盛の劇中音楽にも採用された。「シリウスの伴星によせる」「朱鷺によせる哀歌」「カムイチカプ交響曲(交響曲第1番)」「鳥と天使たち」など。
 
・望月京
東京藝術大学卒業後、パリ国立高等音楽院作曲科にて学ぶ。国内外の数々の賞を受賞し、世界各国の音楽祭やオーケストラ、財団等から作品を委嘱される。現在、明治学院大学教授。「5人の奏者のためのパサージュ・アン・ファイユ」、「ピアノとヴァイオリンとオーケストラのためのホメオ・ボックス」「パン屋大襲撃」など。
 
・藤倉大
15歳で単身イギリスに渡りトリニティ・カレッジ・オブ・ミュージックで学ぶ。国内外の多くの作曲賞を受賞している。BBC交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団など数多くのオーケストラのほか、著名な演奏家個人からの作曲の委託を受けている。「クラッシング・ツィスター」「ソラリス」など。
 
・新垣隆
桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。佐村河内守のゴーストライターとして一躍有名になる騒動以降は非常勤講師を退職し、作曲を行う傍ら、バラエティ番組などにも出演している。
「ピアノソナタ(1985年-1986年)」「「インヴェンション あるいは 倒置法 II」」、佐村河内守名義で「交響曲第1番 HIROSHIMA」「ヴァイオリンのためのソナチネ」など。
 
そのほか、映画音楽のジャンルで活躍している久石譲(宮崎駿や北野武の映画)や千住明(テレビドラマ「高校教師」「家なき子」)なども広義の意味ではクラシック作曲家であるともいえる。

クラシック作曲家の仕事内容

クラシック作曲家とは、いわゆる伝統的な西洋芸術であるオーケストラを使用した交響曲などの楽曲を作曲するのが仕事です。和声法や対位法、作曲法、管弦楽法など、音楽の知識、そして何よりも感性が必要となります。
クライアントから依頼を受け、オリジナルの楽曲を作曲し、提供します。映画音楽やCMの挿入音楽など、クラシック音楽が使われる案件は多々あります。合唱団やブラスバンドからオファーがあったり、時には社歌や校歌、市町村の歌など、企業や自治体から依頼があることもあります。
フリーランスとして仕事をしている人や、事務所に所属して月給や歩合制などで作曲を請け負っている人もいます。
しかし、作曲だけで生計を立てている人は非常に少ない世界で、コーラスの指導や大学・専門学校で教鞭を執っている人も多いです。ピアノやバイオリンなどの演奏者として活躍しながら、作曲活動をしている人もいます。

クラシック作曲家の求人の見つけ方

純粋なクラシック作曲家としての求人はないのが現状です。
クラシック作曲家は、作曲の依頼を受けたり、自身の曲をオーケストラに演奏してもらって録音しCDを販売したり、演奏会を開いて収入を得ます。作曲のコンクールで賞を受賞するなど、ある程度の実績がなければ依頼は来ませんし、CDも売れません。レコード会社や音楽制作会社には作曲家のオーディションを行っているところもありますが、基本的に「クラシック音楽」のみの募集はなく、ポップスやゲーム音楽などが中心となります。ピアノやヴァイオリンなど演奏家として知名度を上げて、オリジナルの楽曲を発表するという方法もあります。
音楽大学で作曲専攻の教授や非常勤講師として働く道もありますが、一般に求人が出ることは少ないです。その場合も経歴が重視されるため、受賞歴などの実績が必要となります。

クラシック作曲家になるには?【資格取得方法や難易度など】

クラシック作曲家になるには、特に資格や学歴は必要ではありません。しかし、クラシック音楽は歴史が深く、音楽理論の基礎を身につけていなければ、作曲することは難しいです。そのため、ほとんどのクラシック作曲家が、音楽大学で和声法や対位法、管弦楽法など、作曲の基礎となる理論を学んでいます。音楽大学に入学するには音楽の素養がなければならないため、幼少期からピアノやヴァイオリンなど楽器の経験がある方が有利です。
 
音楽大学を卒業後は(または在校中から)、国内外の作曲のコンクールなどに応募して受賞を目指します。実力が認められれば、日本国内や世界各国のオーケストラから作曲委託されたり、社歌や校歌などの依頼が来ることになります。
インターネットで楽曲を発表することもできますが、注目されなければ作曲依頼は来ません。遠回りにはなりますが、ポップスやゲーム音楽から音楽業界に入り、そこで実績を作り有名になった後にオーケストラ向けの楽曲を発表し、クラシック作曲家として活動する道もあります。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧