演出家(舞台・アニメ)の給料年収【20代30代40代】や年収1000万円以上を稼ぐには?を徹底解説 | 給料BANK

演出家(舞台・アニメ)の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

演出家(舞台・アニメ)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

演出家(舞台・アニメ)の給料年収を解説します。

演出家(舞台・アニメ)の平均給料・給与

  • 26万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:31万円
  • 初任給:20~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

演出家(舞台・アニメ)の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:31万円(推定)

 
舞台の演出家はフリーラン
スがほとんどであり、個人によって収入に大きな差があることから平均給料を算出することは困難です。
アニメ制作会社に勤めている演出担当者と仮定して、一般的なサラリーマンの給料をもとに算出しています。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
288万円~500万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

演出家(舞台・アニメ)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~25万円となりそうです。

演出家(舞台・アニメ)の仕事内容

演出家の仕事は、演劇やオペラ、ミュージカル、バレエなど舞台芸術の演出を行うことです。
「舞台監督」というのはスケジュール管理やキャストの人事などを掌握して進める役割を担うことから、舞台でいう「演出家」とは別の職業として認識されます。
アニメ業界でも演劇と同じ背景を理由に「演出家」と呼ばれてきましたが、最近ではアニメ映画の隆盛により「監督」と呼ばれることも増えてきています。
また、アニメでは統括する監督とは別に作画監督や撮影監督、演出家などと細分化していることもあります。
舞台の場合、演出家は戯曲を解釈してコンセプトを決定します。同じ戯曲でも演出家の解釈によってまったく違ったものになることはよくあります。
そのコンセプトをもとに演出プランを立てて、役者やスタッフとともに作品を創り上げていきます。衣装や音楽、照明に至るまで細心の注意を払います。演出家によっては、自分で戯曲を書く人もいますし、出演をする人もいます。
自分で劇団を主宰している場合は、キャストの決定や金銭的な管理や運営なども演出家本人が行っていることもあります。
アニメの場合、演出家は脚本をもとに描かれた絵コンテを映像化するために、アニメーターの描くアニメーションの動きや声優の演技に指示を出して、イメージを具体化していきます。
かつては演出家が自分で絵コンテを描いていましたが、現在は分業化が進んでおり、絵コンテ担当と演出担当は別になっていることが多いです。
背景やCG処理、音楽や効果音なども演出家がイメージを伝えて指示を出し、決定します。
発想力だけでなくアニメ制作の細かな知識と経験が必要とされる職業です。

演出家(舞台・アニメ)になるには?【資格・試験難易度】

舞台の演出家になるには決まった道はありません。
学生時代から演劇の勉強をして役者から演出家になる人もいれば、海外の有名な演劇学校で演出を学んで演出家となる人もいます。
また、社会人になってから演劇の世界に飛び込むという人もいます。
演技や脚本のことを知らなければ演出をすることは不可能なので、いきなり演出家としてデビューすることは難しいでしょう。名前が有名になれば単発で依頼が来て上演をすることもあります。まずは自分で劇団を立ち上げて、演出をするのが一番早いです。
お客さんをたくさん呼んで実績を作り、コンクールなどで入賞すると、演出家としての道が開けていきます。
基本的には企業に所属する会社員ではなく、フリーランスとして働いています。
アニメの演出家になるには、アニメ業界に就職するのが近道となります。
かつてはアニメーターから演出家になる人がほとんどでしたが、分業化の進む現在ではアニメーター以外の制作進行やCGクリエイターから演出家となる人も出てきています。絵は描けなくても演出家として活躍することは可能です。
しかし、撮影やアニメーションの知識は絶対に必要となるので、アニメ制作会社で経験を積んで、デジタル映像の知識や技術などを身に付けた上で、演出家を目指すのが良いでしょう。
「文芸、演劇、物語を見ないで映画、アニメが作れると思うな」と言う有名アニメ演出家もいます。
特定のジャンルにとらわれず、広く芸術作品に触れることが、演出家としての幅を広げるといえるでしょう。

日本の有名な演出家で長年活躍している人

舞台の演出家として一般的にも知名度が高いのは、昨年亡くなった蜷川幸雄が有名です。70年代から最近までずっと第一線で活躍していました。
ミュージカルからオペラ、歌舞伎や能まで手がける宮本亜門は、演出家として30年に渡り活躍し、演出作品数は約120本にものぼります。国内外で評価されている演出家です。
コメディの世界では三谷幸喜も舞台の演出家として有名です。自ら脚本も書く舞台は、チケットがすぐに売り切れてしまうほどの人気となっています。
アニメ業界では、アニメーターから演出家となり、世界的映画監督として認知されるようになった宮﨑駿がいます。
宮﨑駿と同じ東映動画(現・東映アニメーション)出身の高畑勲もスタジオジブリの設立から関わり、演出家として活躍しています。『火垂るの墓』などの作品で有名です。
宮﨑駿と同年代では、富野由悠季もアニメの演出家として知られています。『機動戦士ガンダム』などのガンダムシリーズなどが代表作です。
また、タツノコプロ出身の押井守なども有名な演出家です。作家性が強く、カンヌ国際映画祭など世界的にも評価されています。

演出家(舞台・アニメ)で年収1000万円を超えるには

舞台の演出家は劇団の大小を問わず大勢いますが、食べていけるほど演出家として稼いでいるという人はほんの一握りしかいません。
多くの演出家が、他にアルバイトなどの仕事をしながら舞台の演出家をしている、という状況です。
有名になれば依頼が来て演出家として仕事をすることができますが、そんな人はごくごく一部の演出家だけです。フリーランスとしてなんとかやっていける演出家であっても、なかなか収入にはつながらないのが現状です。演劇ワークショップを開いたり、学生に指導をしたりすることで食いつないでいる演出家が多数です。
舞台の演出家として年収1000万円を超えるには、とにかく有名になって大きな舞台を数多く演出するしかありません。
そのためには、自ら脚本や小説を書いたり、役者として成功するなど、演出家として仕事につながるように名前を売っていくことが重要です。
人脈も成功には欠かせません。スポンサーとなってくれる人や、仕事をくれそうな人と繋がっておくことを意識しましょう。
アニメの演出家の場合、最初はアニメ制作会社の社員としてスタートすることがほとんどです。
会社員で年収1000万円を超えるのはなかなか大変です。大企業でもなければ重役クラスにならなければなりません。
会社員時代のうちに頭角を現して、その後独立をするというのが年収1000万円への近道となるでしょう。
アニメが大ヒットして演出家個人の名前が話題にのぼるほど有名にならなければ難しいです。
独立するにはやはり人脈も必要なので、会社員時代からそのことも考えておくとよいでしょう。

アニメ演出家は激務なの?

アニメの業界では、アニメの動画を担当するアニメーターが激務で薄給として問題になっています。
単価が低いのに作業の時間はかかることから、激務で体を壊す人もいるといいます。アニメーターと同様に、さまざまなスタッフの動きを統括している制作進行も激務として名前が上がります。
アニメ演出家は、演出面の担当をする専門職なので、アニメーターや制作進行に比べるとそこまで激務ではないようです。
しかし、各担当者の腕や進み具合によっては演出通りにいかなかったり、別の部署の作業に支障が出て来ることもあります。
タイムリミットが迫っていれば演出家がその遅れに対応しなければならないことも出てくるので、忙しくなることはあるでしょう。
演出家によっては昔ながらに自分で絵コンテを描く、という人もいるので、そういう人は激務になります。
アニメーターからの叩き上げの人もまだ多い職種なので、激務であることが「普通」になってしまっている人もいるようです。

演出家(舞台・アニメ)のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

演出家の仕事は芸術的でクリエイティブな仕事です。自分が思い描いたように作品を演出できるというのは、とても面白くやりがいがあり、そしてかっこいいと言えます。
自分のコンセプト通りにスタッフや役者を動かして作品を創り上げていくのは、何物にも代えがたい魅力があるのです。作品が面白ければ評価され、多くの人に観てもらえるというのも、とても価値のあることです。
辛いところは、自分以外の人間を、自分が思った通りに動かすというのはとても労力がいるということです。
頭の中にあるコンセプトを完璧に伝えるというのはとても難しく、思い通りにはいかないこともあります。
しかしその分、困難を乗り越えた時の達成感はとても大きいです。

演出家(舞台・アニメ)の給料年収の本音口コミ

30代 給料:50万円

脚本を含めると一本の舞台で30~50万円。舞台演出だけだと30万円ぐらいになります。毎月あるわけじゃないのでドラマ脚本や舞台脚本など描きながらやっています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の芸能・芸術系職業の給料一覧の給料一覧