やきいも屋(屋台)の給料年収【20代30代40代】やどのくらい儲かるのか?原価などを徹底解説 | 給料BANK

やきいも屋(屋台)の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

やきいも屋(屋台)の給料・年収や手取り額を解説!

やきいも屋(屋台)の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やきいも屋(屋台)の平均給料・給与

  • 40万円
  • 20代の給料:16万円
  • 30代の給料:41万円
  • 40代の給料:65万円
  • 初任給:16~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

やきいも屋(屋台)の給料・年収補足

20代の給料:16万円(推定)
30代の給料:41万円(推定)
40代の給料:65万円(推定)

 
寒くなると無性に食べたくなるのが石焼きいもですが、石焼きいもとは文字通り小石の中に薩摩芋を入れて焼いたものです。
2002年12月に法が施行されるまで冬の時期になるとよく暖を取るために落ち葉を集めて、焚き火をする風景を見かけましたがその際に薩摩芋を入れて焼いていました。
ただこれは単に焼き芋と呼ばれるもので屋台のやきいも屋が、石焼き釜を使って売っているやきいもとは異なります。
あの独特の掛け声とポーという笛の音と共に街中で見かけた屋台のやきいも屋も減少し、最近では家庭用のやきいも器が通販サイトなどでも販売されていて手軽に家でも作れるようになりました。
 
ブログなどにかいてあるのを見てみると、やきいもの仕入れ値ですが東京の大田市場だと2018年3月の時点で1キロ当たり230円前後なので、やきいも1本平均300gなので1本平均76円が原価です。
1日にやきいもが平均50本ほど売れるとすれば、76円×50本×30日=11万4000円が原価で、軽トラックや改造費がすでに償却していればガソリン代やガス代が掛かるくらいです。
基本年代によって給料が変わることはないのですが、20代はアルバイトとして、30代、40代が個人開業をしたとして計算しております。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
330万円~450万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:求人無しのため不明
東京の求人調査結果:求人無しのため不明
大阪の求人調査結果:求人無しのため不明
福岡の求人調査結果:求人無しのため不明

やきいも屋(屋台)画像1

やきいも屋(屋台)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
30万円~40万円となりそうです。

焼き芋屋が儲かる(高年収)になるのは簡単なの?

大きさによっても違ってきますがやきいもはだいたい、1本300円くらいから400円程度で売られています。
やきいも1本の原価は1本平均76円程度なのでやきいもが1本売れると1本に付き、220円から320円の利益があるので粗利がとても高い商売だと言えます。
それと移動販売の焼き芋屋が儲かるのは店舗を構えないので、設備投資が軽トラックくらいで初期投資がほとんど掛からない点です。
店舗を構える商売だと初期投資費を回収するまで時間が掛かりますが、移動販売の焼き芋屋だと初期投資に100万円も掛からないで始められます。
それと焼き芋屋は人を雇わないで自分一人で始めらるので人件費も掛からないで、それだけ儲けが大きくリスクが少ないので、焼き芋屋はお客様さえいれば簡単に儲かる商売かもしれません。

やきいも屋(屋台)の仕事内容

やきいも屋(屋台)の仕事内容は原料となるサツマイモを市場などで仕入れて、それを軽トラックにボイラーを取り付けて移動販売することです。
最近では家庭でも市販されている石焼き芋器を使ってやきいもを気軽に食べられるようになりましたが、やきいも屋の石焼き釜に小石を引き詰めたやきいも屋の味は格別なようです。
やきいも屋の仕事はできるだけやきいもを売ることなので、寒い日に人が多い場所を探して売るのがポイントになります。

やきいも屋(屋台)になるには?【資格・試験難易度】

やきいも屋を個人で開業する場合には軽トラックを用意して、小石を引き詰める石焼き釜とボイラーを取り付ける必要があります。
やきいもは密閉した釜の底に那智黒石などの小石を引き、その上にサツマイモを乗せガスで過熱すると小石から遠赤外線が放射されます。
放射された遠赤外線が釜のなかで反射したサツマイモの表皮に吸収され、表皮付近の温度が250℃になるとサツマイモのデンプンが分解し甘く仕組みです。
ラーメンなど他の移動販売と比べると作り方は比較的かんたんですが、移動販売の場合は保健所で営業許可書の申請が必要です。
また管轄する警察で販売場所の許可なども必要なのでやきいも屋を始める場合には、事前に所轄の保健所や警察署に相談された方がいいかもしれません。

やきいも屋(屋台)の求人の見つけ方

やきいも屋を個人で開業する場合には軽トラックを用意して、小石を引き詰める石焼き釜とボイラーを取り付ける必要があります。
やきいもは密閉した釜の底に那智黒石などの小石を引き、その上にサツマイモを乗せガスで過熱すると小石から遠赤外線が放射されます。
放射された遠赤外線が釜のなかで反射したサツマイモの表皮に吸収され、表皮付近の温度が250℃になるとサツマイモのデンプンが分解し甘く仕組みです。
ラーメンなど他の移動販売と比べると作り方は比較的かんたんですが、移動販売の場合は保健所で営業許可書の申請が必要です。
また管轄する警察で販売場所の許可なども必要なのでやきいも屋を始める場合には、事前に所轄の保健所や警察署に相談された方がいいかもしれません。

焼き芋屋は夏は何をやってるの?

給料解説者ぺすくん

焼き芋屋って夏は何をやってるの気になっている人も多いようですが、売り子を何人か抱えている親方としてやっているやきいも屋の場合だと、昔だと夏は夜市で金魚屋をしている人もいたようです。
いわゆる的屋と呼ばれる職業の人々ですが最近では夏は、かき氷やアイスクリームの移動販売をやってる人も多いようです。
他にもサツマイモを作っている農家の人が冬の出稼ぎとして、都会に出てきてやきいもを売っているケースもあるようです。
最近では自分ではサツマイモを作っていない農家の人が、サツマイモを作っている農家の人からサツマイモを仕入れて、やきいもを売っているという話も耳にします。

やきいも屋(屋台)の給料年収の本音口コミ

24才 給料:18万円

夜の繁華街や駅前でアルバイトとして、やきいも屋をやっています。
完全歩合なので1日に2万円とかになる日もあるので、他のアルバイトはとてもできません。

34才 給料:27万円

会社の上司と合わず転職も考えましたが、なかなか年収面で見つからずやきいも屋を始めました。
資金がなかったので移動販売車をレンタルで始めました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

サーファーやきいも屋

冬の間のみしかうれない。夏はサーフィンやったりアクティブなことやってバイトで生計立ててます

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧