スポーツ用品販売員の給料年収【20代30代40代】や手取り、高年収になる方法を徹底解説 | 給料BANK

スポーツ用品販売員の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

スポーツ用品販売員の給料年収や手取り額、初任給を解説!

スポーツ用品販売員の給料年収を解説します。

スポーツ用品販売員の平均給料・給与

  • 33.9万円
  • 20代の給料:24.1万円
  • 30代の給料:37万円
  • 40代の給料:32.1万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

スポーツ用品販売員の給料・年収補足

20代の給料:24.1万円(推定)
30代の給料:31.7万円(推定)
40代の給料:38万円(推定)
 
 
 
世界のスポーツ用品のメーカーと言えばアメリカのナイキで、日本人でまず知らない人はいないだろうと思われるぐらい有名です。
ナイキは中距離走の選手だったフィル・ナイトとビル・バウワーマンによって1964年に設立されたスポーツ用品メーカーですが、実はナイキは最初はアシックスの輸入代理店だったことを知らない人も多いようです。
アシックスは兵庫県の神戸市に本社がある大手総合スポーツ用品メーカーですがマラソンやバレーボールなどの競技では特に知名度があり、日本国内のスポーツ用品のメーカーでは売上高ナンバーワンです。
海外での売上の比率が70%を超えているグローバル企業で、前のブランド名であるオニツカタイガーは海外でも有名です。
スポーツ用品とはさまざまなスポーツのために使われる用具のことで陸上競技で使われるシューズやサッカーシューズなどのスポーツシューズから、野球のユニフォームや柔道着などの格闘技で使うテーピングなども含まれます。
スポーツ用品販売員の給料ですが転職エージェントのホームページに、スポーツ用品販売員の平均年収のデータが詳しく公表されています。
そのデータによると男性のスポーツ用品販売員の平均年収は512万円で、女性のスポーツ用品販売員の平均年収は358万円でした。
また年代別のスポーツ用品販売員の平均年収のデータも掲載されていて、20代のスポーツ用品販売員の平均年収は338万円でした。  
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
340万円~460万円となると予測されます。
 
【各地域別の求人】
札幌の求人調査結果:17万円~24万円(月収)
東京の求人調査結果:19万円~33万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~27万円(月収)
福岡の求人調査結果:17万円~25万円(月収)

スポーツ用品販売員の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
17万円~25万円となりそうです。

スポーツ用品販売員の仕事内容

スポーツ用品販売員の仕事内容はスポーツ用品を取り扱う販売店で、レジャーとしてスポーツを楽しむ方やスポーツ競技者にさまざまなスポーツ用品を販売することです。
最近ではスポーツ用品販売店もさまざまなスポーツ用品を取り扱う総合店だけでなく、格闘技で使うグローブやサンドバッグやテーピングなどを取り扱うお店や、ゴルフ用品のみを取り扱うお店やテニスショップといった専門店も増えています。
そのためスポーツ用品販売員の仕事も販売だけでなく、取り扱うスポーツに関して専門的な知識が求められます。
お店での接客やサービはもちろんですがそれだけでなく、どんなスポーツ用品を取り扱うのか品揃えや店舗の演出や販促企画まで行います。

スポーツ用品販売員になるには?【資格・試験難易度】

スポーツ用品販売員になるには特に資格や学歴などは必要ありませんが、関連資格としては販売士の資格を持っていると就職に有利に働くかもしれません。
それと資格や学歴などは特に必要なくてもスポーツ全般についての知識がないと、来店されたお客に対して商品の説明ができません。
またスポーツ用品全般を取り扱う総合店でなくゴルフショップや、テニスショップといった専門店の販売員の場合は特にそのスポーツや競技に関して専門的な知識が求められます。 

スポーツ用品販売員の求人の見つけ方

スポーツ用品販売員の求人の見つけ方ですが地方であれば、ハローワークや地方紙の求人欄でも探すことができるようです。
それと今の時代であればインターネットの普及で、ウェブ上の求人サイトでも簡単に探すことができるようです。
スポーツ用品販売員の求人に応募する場合は特に資格や学歴などは求められませんが、販売士の資格を持っていると有利に働くかもしれません。
それと何かのスポーツをやっていたり経験があるほうが有利なので、スポーツの経験者の場合はしっかりそれをアピールするといいかもしれません。 
 
【この仕事を募集している企業】
・株式会社アルペン
・ゼビオホールディングス株式会社
・株式会社ヴィクトリア
・株式会社ゴルフパートナー
・株式会社メガスポーツ
など

スポーツ用品販売員で高年収になるには?

スポーツ用品販売店の約7割が売上高1億円未満の中小企業で、もしスポーツ用品販売員で高年収になりたいのであれば株式会社アルペンのような上場企業に就職することです。
アルペンの社員の平均年収は約480万円と、サラリーマンの平均年収よりも高い水準です。アルペンの30歳の社員の平均年収は約397万円なので、30歳の他の職種と比べると恵まれていると言っていいでしょう。

スポーツ用品販売員のかっこいいところ

給料解説者ぺすくん

スポーツ用品販売員のかっこいいところはスポーツ経験者が多く、なかには県体や国体で活躍したようなスポーツ競技者もいることです。
ゴルフ用品やテニス用品をお店に買いに行っても販売員が、ゴルフやテニスに関してあまり詳しくないとガッカリすることもあります。
逆にスポーツ用品販売員がそのスポーツの、競技者だと専門的なアドバイスが聞けたりします。 

スポーツ用品販売員の給料年収の本音口コミ

23才 給料:21万円

中学校でテニスを始め、今でも趣味でテニスを続けています。
高校を卒業して地元にある、テニス専門店で働いています。

26才 給料:24万円

社会人になってから、総合格闘技を始めました。
学校を卒業して最初は介護施設で働いていましたが、格闘技の用品を取り扱う店に転職しました。

32才 給料:27万円

社員全員が卓球の競技者という、スポーツ用品店で働いています。
そのため仕事が終わると、みんなで卓球の練習をしています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧