とんかつ屋(オーナー)の給料年収や年収1000万円を稼ぐ方法や企業別年収本音口コミ年収を徹底解説 | 給料BANK

とんかつ屋(オーナー)の給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > とんかつ屋(オーナー)の給料年収や、年収1000万円になる方法、口コミ本音年収

とんかつ屋(オーナー)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

とんかつ屋(オーナー)の給料年収を解説します。

とんかつ屋(オーナー)の平均給料・給与

  • 31万円
  • 20代の給料:24万円
  • 30代の給料:31万円
  • 40代の給料:38万円
  • 初任給:18万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

とんかつ屋(オーナー)の給料・年収補足

20代の給料:24万円(推定)
30代の給料:31万円(推定)
40代の給料:38万円(推定)

 
 
初任給は大手とんかつチェーン店の社員の初任給です。給料は同じく大手とんかつチェーン店数社の平均給料から算出しています。オーナーは経営者となるため、収入の平均を出すことはできません。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
288万円~608万円となると予測されます。
 
【地域の求人情報からのデータ】
札幌の求人調査結果: 18.8万円(月収)
東京の求人調査結果:24万円~38万円(月収)
大阪の求人調査結果:20万円~27万円(月収)
福岡の求人調査結果:900円~1200円(時給)※アルバイト

とんかつ屋(オーナー)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~30万円となりそうです。

とんかつ屋(オーナー)で高年収になるには?

とんかつ屋で高年収となるには、まずは出店する立地が重要になります。
駅に近く、サラリーマンや学生などが多く訪れる場所であることが重要になります。
ただし、ランチのサラリーマンだけをターゲットにしてしまうと価格を下げなければならなくなるため、薄利多売となって経営的には難しいようです。各店、豚肉の質や味にこだわるのはもちろんのこと、夜の高単価の客を呼び込める店にするために、立地や内装、価格などにこだわって努力をしています。立地や客層によってはフライや串揚げ、ハンバーグなどの肉料理もメニューに加えるといったことも考えなければならないようです。
一般的なとんかつ屋は客単価が1000円~2000円です。大手チェーン店では600円~700円でとんかつ定食を出しているところもあります。一日にどのくらいのお客さんが来れば利益になるのかは、店舗の家賃や従業員の数などの必要経費によって異なります。また、原価率も考えなければなりません。飲食店の原価率は30%前後が一般的といわれていますが、繁盛している店ほど原価率が高いという話もあります。
年商が3000万円以上あっても、材料費と諸経費で消えてしまい、営業利益はほんの数十万円ということもありえます。1日に100人近い客が来店するような繁盛店で、数名の従業員を雇っているような店と仮定すると、年商1億円~5億円にならなければ、オーナーが年収1000万円以上の利益を得るのは難しいといえるでしょう。
1人で経営している店ならば人件費は自分の分しかかかりませんが、とんかつを大量に揚げるのには限界があるため、その分訪れる客数は減り、年商は下がります。

とんかつ屋(オーナー)の仕事内容

とんかつ屋は、豚肉に小麦粉・とき卵・パン粉をつけ、油で揚げた豚のカツレツ=とんかつを中心に提供する飲食店です。
厚みのある豚のロースや、スライスされたヒレ肉などいろいろな部位を使ったとんかつがあります。ライスやキャベツの無料おかわりサービスを行っている店も多いのが特徴です。
とんかつ屋は扱う商品数が少ないことから食材の管理がしやすいといわれています。
また、豚肉は牛肉に比べて小さく扱いやすく、揚げ物ということで調理方法もわかりやすいというメリットがあります。客層も学生、OL、サラリーマン、家族連れと広く、一時期は開業ブームになるほどとんかつ屋は人気の職種でした。
しかし、昨今の不景気に加えて、とんかつという商品の特性上、個性的な商品の開発は難しく他店舗と差別化ができないといったデメリットもあり、現在開業ブームは下火のようです。
定食などを出す大手チェーン店などの台頭により競争は激化しており、ここ数年で都内にあった有名店が多数閉店に追い込まれています。しかし、最近の食べログの登場によって、味で勝負する個人経営の店の人気が再燃しているという現象も見られます。

とんかつ屋の開業方法(なるには)

とんかつ屋を含めて飲食店を開業するには、食品衛生責任者の資格が必要となります。
営業許可などは管轄する自治体の保健所に届出書を提出します。
また、一定以上の人数が入る建物で開店する場合は防火管理者を選任して、必要な講習を受けるなどして防火管理体制を整えなければなりません。そのほかにも、税務署への届け出や、法人化するなら会社設立に必要な手続きを行わなければなりません。
とんかつ屋として開業するには、近隣のとんかつ屋との差別化も必要となります。
どのくらい柔らかく、おいしい肉を用意できるのかが重要です。肉の調理の知識や、飲食店経営のノウハウも必要となるため、ある程度の経験を積んで綿密な事業計画を立てなければとんかつ屋として開業するのは難しいでしょう。

とんかつ屋の開業資金ってどのくらいかかるの?

とんかつ屋を開業するにあたっては、物件を借りるのに必要な初期投資、設備工事費、什器類を取得する費用、DMやポスターなどの広告宣伝費など、いろいろな費用がかかります。
人を雇うなら人件費も必要ですし、水道光熱費などもかかってきます。
起業などビジネスを支援するサイトによると、開業資金として約1400万円が必要になるという試算を出していました。居抜き開業をすれば初期投資はやや抑えられますが、それでもかなりの金額がかかることは覚悟しなければなりません。出店するには場所がかなり重要となるので、駅に近い繁華街や学生やサラリーマンの集まる場所など綿密なリサーチが必要となります。
また、ライバルとなりうる同業他社の動向も見極めなければなりません。
そのほか、大手とんかつチェーン店とフランチャイズ契約をして、店舗を出すという方法もあります。

とんかつ屋(企業)の平均年収はどのくらい?

求人サイトなどの情報から、大手とんかつ屋の平均年収を調べてみました。
 
・とんかつ和幸:277店舗
月給17万8000円~23万円(賞与4ヵ月、資格手当、役職手当あり)
→年収約310万円~432万円(店長クラス500万円)
 
・松屋フーズ:約1000店舗(牛丼含む)
月給20万7000円~24万8000円(一律手当含む、賞与平均5.4ヶ月分)
→年収約330万円~397万円(店長クラス500万円)
 
・アークランドサービスホールディングス株式会社(かつや):約260店舗
月給22万円~31万3000円
→年収約352万円~496万円(店長クラス500万円)
 
大手企業は店長で年収約500万円、エリアマネージャークラスで年収600万円~650万円くらいになるようです。

とんかつ屋(オーナー)のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

とんかつは、学生でも頑張れば手の届く「ぜいたくな肉料理」です。お肉が食べたい、と思えば、焼肉よりも手軽で安い「とんかつ」という選択肢になります。日本人には馴染み深く広く愛されているとんかつ。そんなとんかつをより美味しく提供してくれるのがとんかつ屋です。美味しいとんかつはなかなか自宅では作ることができません。
職人の肉への目利きと調理のワザによっておいしく提供されるとんかつは、日本人の胃袋を満たし、幸せな気分にさせてくれます。日本人の食文化を支え、そして心と空腹を満たしてくれるとんかつ屋は、飲食店の中でも格好良い職業だといえるでしょう。
辛いところは、売上によって収入が変動するため、生活が安定しないということです。景気や周囲のライバル店にも常に目を光らせていなければなりません。
とんかつ屋を含めて飲食業界で食べていくには、かなりの覚悟が必要となります。そうした辛さを乗り越えて初めて、お客さんがたくさん訪れて、「おいしい」という笑顔を見ることができるのです。

とんかつ屋(オーナー)の給料年収の本音口コミ

50代 給料:80万円

個人で開業しています。もうやって20年。おかげさまでなんとかここまでやってこれました。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧