寿司職人(すし)の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、アメリカ中国の海外すし職人の年収など徹底解説 | 給料BANK

寿司職人の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > 寿司職人の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収

寿司職人の給料年収や手取り額、初任給を解説!

寿司職人の給料年収を解説します。

寿司職人の平均給料・給与

  • 30万円
  • 20代の給料:23万円
  • 30代の給料:30万円
  • 40代の給料:38万円
  • 初任給:18~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

寿司職人の給料・年収補足

20代の給料:23万円(推定)
30代の給料:30万円(推定)
40代の給料:38万円(推定)

 
求人情報サイトや口コミなどから算出。店によって大きく給料は異なります。また、経験年数などによっても給料は違います。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
288万円~608万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:18万円~40万円(月収)
東京の求人調査結果:20万円~45万円(月収)
大阪の求人調査結果:18万円~50万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~60万円(月収)

寿司職人の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
14万円~30万円となりそうです。

寿司職人の仕事内容

寿司職人の仕事は、日本の伝統料理の1つである寿司を作ることです。
カウンターのみの高級寿司屋から、ファミリー向けの回転寿司屋、ホテルや料亭などでも活躍しています。
寿司職人は早朝から魚市場で寿司ネタになる新鮮な魚を仕入れ、米にすし酢を混ぜたシャリを準備し、寿司を握ります。
同じ種類の魚でも季節や鮮度、部位で味が変わるので、寿司職人には知識と最適なネタを見抜く目が必要になります。また、食材は魚だけでなく、のり、ガリ、わさび、卵、海藻類なども寿司には必要です。それらの食材を発注して仕入れるのも重要な仕事です。
老舗の寿司屋では、見習い寿司職人は皿洗いや店の掃除から始め、寿司を握るようになるまでには長い年月がかかります。
カウンターの寿司屋では、お客様とコミュニケーションを取るのも寿司職人の重要な仕事です。お客様を楽しませる会話は技術であり、寿司を美味しく食べていただくための演出でもあります。

寿司職人になるには?【資格・試験難易度】

寿司職人になるには特別な資格は必要ありません。しかし一般的には一人前の寿司職人になるには何年も修行が必要だといわれています。
老舗の寿司屋では昔ながらの「弟子入り」制度が残っており、「飯炊き3年、握り8年」といわれるように長い年月をかけてプロの寿司職人となります。
最近では親方に弟子入りするのではなく、調理師専門学校で寿司を含めた和食の作り方を学んだり、数ヶ月で寿司職人を養成するアカデミーなどで学んだりして寿司屋に就職する人も増えてきています。
資格は必須ではありませんが、能力を証明するために「調理師免許」や「食品衛生責任者」などの資格を取る人もいます。
調理師免許を取るには実務経験などが必要になりますが、食品衛生責任者は講習に1日参加すれば取れる資格です。

アメリカや中国など海外で働く寿司職人の年収

日本の寿司はいまや世界中に広まり、寿司店やスシバー、和食レストランのほか、ホテルで寿司職人を雇っていたり、世界中を回る客船に寿司職人を乗船させていることもあります。
上海の和食レストランで、月給は30万円以上、ハワイの店舗で12万円~25万円くらいという情報がありました。
日本国内の回転寿司店や飲食店で働くよりは、初任給が高い店が多いといえます。
現在寿司は人気があるので世界各国で寿司職人は引っ張りだこだそうです。ただ、海外では日本のような徒弟制度ではないので、ベテランになるにつれて給料が大きく上がるかどうかは不明です。

寿司職人で年収1000万円を超える方法

寿司職人で年収1000万円以上になるには、普通の寿司屋に雇われているだけではまず無理です。
飲食業界やサービス業の年収はあまり高くありません。
寿司職人の給料は一般的な調理人よりはやや高いですがそれでも高給取りというほどではありません。高年収を望むならば、チェーンの回転寿司屋などではなく、銀座の一等地にある超有名店や、有名ホテルに就職して料理長クラスになる必要があります。
超有名店であっても下積み時代の年収はさほど高くはありません。月給10数万円というのもザラです。
経験を積んで寿司を握る技術を身につけて、店には欠かせない職人にならなければ高年収は難しいでしょう。
それでも年収1000万円というのはごく一部のベテラン職人や料理長しかたどり着けない領域です。
独立して、自分で寿司屋を開業して成功すれば、年収1000万円以上になる可能性はグッと上がります。
庶民的な店ではなく、客単価が2万円以上の高級寿司店で、数カ月先まで予約がいっぱい、という人気店になればオーナーとして数千万円を稼ぐこともできるかもしれません。

銀座に構える一流寿司屋の職人は給料

銀座の超有名店の寿司屋の職人が、月給80万円、という話がありました。ボーナスもつけば年収1000万円以上は確実です。
飲食店で働く料理人としては異例の高収入です。
職人かつオーナーともなればそれ以上の金額を稼ぐことが可能でしょう。
ただし銀座の一流店は土地や家賃も非常に高いので、出費も大きいです。
上ランクの職人以外の見習いの職人では、いくら有名店に勤めていても給料はほかの飲食店とさほど変わらない、ということもあります。

寿司職人のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

寿司というのは一瞬の食の芸術です。握ってお客さんの前に並び、口に入るその一瞬の喜びのために、寿司職人は全精力を注ぎます。
寿司職人のかっこいいところは、そんな食の芸術を極める職人としての姿です。日本の伝統食である寿司がこれほどまでに世界で愛されているというのは、多くの寿司職人が努力してきた証です。
一方で寿司職人の辛いところは、一人前として認められるまでには何年もの修行に耐えなければならないという点です。
最近ではすぐに技術を身につけられるアカデミーなどもありますが、一流店では昔ながらの徒弟制度が生きています。厳しい修行時代を乗り越えて、カウンターで寿司を握る姿は、またかっこいいといえます。

寿司職人の給料年収の本音口コミ

26才 給料:70万円

海外の中国で回転寿司屋をやってました。お給料はかなりいいですよ。日本食が大人気なので。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧