パン屋の給料年収を独立自営業・店長店員・修行中などのパン職人別で算出しました | 給料BANK

パン屋の給料年収を独立開業自営業・店長・店員・修行中などのパン職人別で算出しました|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > パン屋の給料年収を独立開業自営業・店長・店員・修行中などのパン職人別で算出しました

パン屋の給料・年収や手取り額を解説!

パン屋の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パン屋の平均給料・給与

  • 23万円
  • 20代の給料:22万円
  • 30代の給料:27万円
  • 40代の給料:29万円
  • 初任給:14~万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

パン屋(パン職人)の給料・年収補足

20代の給料:22万円(推定)
30代の給料:27万円(推定)
40代の給料:29万円(推定)
 
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より算出。初任給は時給850円にて計算。
 
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
168万円~464万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:15.2万円~22万円(月収)
東京の求人調査結果:18万円~30万円(月収)
大阪の求人調査結果:15.5万円~24万円(月収)
福岡の求人調査結果:15万円~25万円(月収)

パン屋(パン職人)画像1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パン屋(パン職人)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
11万円~23万円となりそうです。

パン屋(パン職人)の仕事内容

パン屋の仕事は、パンを製造し、販売することです。
街なかにある一般的なパン屋では、生地の仕込みから成型、焼成までを店舗で行います。仕事はハードで、早朝から仕込みを始め、日中はほとんどが立ち仕事です。材料の配分や気温によって生地の発酵の仕方が変わるので、経験や知識が問われます。また、常に新しい商品のアイディアなども求められます。
商品を陳列、袋詰めし、レジや接客を行うのも仕事です。パン屋は多くの種類のパンを店頭に並べるので、その商品名や値段を覚えるのも大変だといいます。
アルバイトの場合、製造には携わらず販売のみを行うこともあります。衛生状態が重要なので、徹底的な清掃も仕事のうちです。
 
パン屋は、個人商店のほか、食品メーカーやホテルなどのベーカリー部門で働くか、独立して自分でパン店を営み製造・販売する道もあります。
大きなパン工場をもつような大手製造企業では機械化が進み、分業制(ライン作業)となっていることが多いです。製造の場合、パン製造技能士の資格があると就職に有利といわれています。

独立開業したパン屋(自営業)の給料年収ってどのくらいなの?

パン屋は個人店では従業員を正社員として雇っているところは少なく、ほとんどがアルバイトです。そのため、年収は最低100万円台で、決して高いとはいえません。大手のパン屋や、食品会社のベーカリー部門の正社員は給料は安定しますが、年収は300万円が普通です。
雇われている限り年収アップは難しく、自分の思う通りの理想のパンを作ることもなかなかできません。そのため、パン屋は独立開業する人も非常に多いです。
 
工場製造では分業制となっており、パン作りの一連の作業手順を覚えることはできないので、個人店で3年~5年間の修行をするのが独立への近道といわれています。中には、趣味でパン作りをしていた人がいきなり開業することもありますが、成功するのはごく一部のようです。開業するには店舗を構え、オーブンや道具なども揃えなければならないので、600万円~1500万円の開業資金が必要となるようです。フランチャイズでは300万円で開業支援を行っているところもあります。
 
独立開業したパン屋(自営業)の平均年収は、およそ350万円といわれています。月額にすると30万円前後です。アルバイトとしてパン屋に雇われているよりは高くなりますが、それほど稼げるとはいえません。
しかし、自分の作りたいパンを好きなだけ作って販売することができるというのは何物にも代えがたい魅力となっています。

店長・社員パン屋の年収給料は?

全国のパン屋で、求人数は少ないですが正社員の募集もあります。正社員の場合、未経験者なら17万円~20万円の給料で、経験者なら25万円前後で募集があります。
年収は300万円~400万円となります。
全国展開している大手パン屋チェーンのアンデルセンで、正社員の給料は22万円+インセンティブとなっています。店長手当は8万円がつくようです。店長のモデル年収は420万円、副店長は360万円となっています。
大手と小規模店で、あまり基本給には差がないようです。しかし、大手は休日や有給、福利厚生などが充実しているという点で大きなメリットがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人気パン屋のオーナーの年収ってどのくらいになるの?

独立開業したパン屋の平均給料が350万円ですが、中には成功を収めて高年収となるオーナーもいます。
たとえば、千葉県に6店舗を構えるパン屋、「ピーターパン」は1日に2000人以上の客が訪れるといい、年商は18億円にもなります。オーナーである横手和彦氏は年収3000万円ともいわれています。
人気パン屋のオーナーは何店舗も経営していることが多く、店舗数に応じて年収は高くなる傾向があります。
個人店1店舗でも、1日に1000人を超える人が訪れる超人気店であれば、オーナーの年収は1000万円以上になると思われます。
しかし、1店舗だけではパンの製造と販売に限界があるため、ほとんどの店では年収1000万円を超えるのは難しいようです。

パン屋で修行しているときは給料はどのくらい?もらえるの?

給料解説者ぺすくん

パン作りのノウハウは、独学では身につけるのが大変なため、独立開業を目指す人のほとんどは製パン技術を学べる学校に通ったり、パン屋で修行を積みます。
学校に通った人でも、基本的にはパン屋にアルバイトや社員として就職し、働きながら修行をすることになります。
未経験でパン屋で働く場合、アルバイトなら時給850円~となり、正社員なら20万円前後の給料となります。「一人前のパン職人」の定義は曖昧ですが、パン作りのノウハウをすべて身につけて、販売までの作業を一通りこなせるようになるというレベルとするなら、数年の修行が必要となります。
 
中には、本当に惚れ込んだパン職人の元に、無給でもよいから、と修行に訪れる人もいます。
その場合、給料はありません。自発的な参加であり、管理監督者の指示を受けない、など条件をクリアしていればグレーゾーンではありますが労働基準法には抵触しないそうです。

パン屋(パン職人)の口コミ

給料:20万円

都内のパン屋で働いています。将来はパン屋経営をするのが夢です。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧