清酒製造工(酒蔵)の給料年収・酒蔵として高年収を稼ぐ方法についてを徹底解説 | 給料BANK

清酒製造工(酒蔵)の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > 清酒製造工(酒蔵)の給料年収や、階級別年収、口コミ本音年収

清酒製造工(酒蔵)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

清酒製造工(酒蔵)の給料年収を解説します。

清酒製造工(酒蔵)の平均給料・給与

  • 25万円
  • 20代の給料:20万円
  • 30代の給料:25万円
  • 40代の給料:31万円
  • 初任給:16~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

清酒製造工(酒蔵)の給料・年収補足

20代の給料:20万円(推定)
30代の給料:25万円(推定)
40代の給料:31万円(推定)
 
求人情報サイトや知人・口コミから算出。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
3256万円~496万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:12.5万円(月収)
東京の求人調査結果:16.5万円~18万円(月収)
大阪の求人調査結果:16.5万円~18万円(月収)
福岡の求人調査結果:17万円~23万円(月収)

清酒製造工(酒蔵)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
13万円~25万円となりそうです。

清酒製造工(酒蔵)で高年収になるには?

清酒製造工として高年収になるには、職人のトップである杜氏を目指すのがよいでしょう。
入社間もない見習いでは、酒蔵によっては月給10万円、年収200万円未満ということもありますが、杜氏になれば年収は500万円~1000万円になるといわれています。
しかし、もっと稼ぎたいならば、自ら酒蔵を経営する「蔵元」となる方法もあります。
オーナーである蔵元、製造責任者である杜氏を一人で兼ねて、小規模ながらも業績を上げているところもあります。自らが蔵元=オーナーとなれば、給料は自由に設定できます。大変な仕事ではありますが、年収1000万円以上となることも可能です。

清酒製造工(酒蔵)の仕事内容

清酒製造工とは、日本酒を製造する職人です。
酒蔵に勤務し、「蔵人」とも呼ばれます。日本酒はお米を発酵させて作る醸造酒であり、複雑な製法で作られています。
また、地域や酒蔵によって製造方法が異なります。
そうした伝統的な技術を受け継いで日本酒を造るのが、清酒製造工になります。清酒製造工の中でも、職人を管理・統率するリーダーを「杜氏(とうじ・とじ)」と呼びます。
杜氏は酒蔵の最高製造責任者でもあり、酒造りだけでなく、蔵の運営や帳簿の管理も担当します。杜氏は基本的に蔵に一人しかおらず、職人たちからは「親方」と呼ばれ尊敬されています。現在では杜氏を置かず、積み重ねたデータを元にコンピューターで酒造りを管理している工場もあります。
酒造りは米を厳選し、玄米を精米して蒸すことから始まります。そこにもろみや麹などを加えて発酵させて、日本酒独自の風味を作り出していきます。酒造りは人手と時間がかかり、経験と技術を必要とします。
そのため、酒造製造工は経験に応じて作業工程を分担しています。杜氏の下には三役と呼ばれる「頭」「大師(麹屋)」「酛廻」や、その下に「道具廻」「釜屋」「追廻」などの担当者がいます。もろみや麹、酒母(酛)などを添加する際には、それぞれの担当者が責任を持って作業を行います。
入社したての最年少の新人は「飯炊」と呼ばれ、雑用を担当します。
昔ながらの冬期だけの期間労働者として働く人もいますが、1年を通して社員として酒蔵に勤務する人も増えています。

清酒製造工(酒蔵)になるには?【資格・試験難易度】

清酒製造工になるには特別に必要な資格はなく、学歴も関係ありません。
地域性の強い職場なので、代々酒造りの仕事を継いでいるという例や、縁故採用によって酒蔵に勤めるということが多いです。最高製造責任者である杜氏になるには、少なくとも7年~10年くらいは修行が必要だともいわれています。
国家資格である技能検定制度として「酒造技能士」という資格があります。1級と2級があり、実務経験が必要で、技能検定と学科試験によって取得することができます。
酒造技能士の資格がなければ酒造りの仕事ができないというわけではありませんが、国家資格であり、能力の証明にはなります。農業大学の醸造科などを出て酒造メーカーに就職する人もいます。

有名酒蔵は日本だとどのあたりにあるの?

日本酒は、水と米が重要だといわれており、清流があり、米の産地である場所に酒蔵も集まっています。
日本三大杜氏といわれるのが、南部杜氏(岩手)、越後杜氏(新潟)、灘杜氏(神戸)です。そうした土地から輩出された杜氏が、近辺の酒蔵で活躍しています。
日本酒の製造量としては1位兵庫県、2位京都府、3位新潟県、4位秋田県、5位愛知県となっています。
兵庫県は日本最大の清酒メーカー「白鶴」があることでも知られ、「剣菱」「龍力」などの有名酒蔵があります。
京都府には松竹梅で知られる「宝酒造」や「月桂冠」などの大手メーカーもあり、英勲の「齊藤酒造」や「玉乃光」など、銘酒を手がける酒蔵があります。
新潟県の日本酒は「新潟淡麗」という言葉で知られるようにすっきりとした淡麗辛口が特徴です。
日本有数の酒蔵が集まっています。「朝日酒造」の久保田や、「諸橋酒造」の越乃景虎、「八海醸造」の八海山など、全国的に有名な銘柄の酒を手がける酒蔵がたくさんあります。
秋田県では、新政で知られる「新政酒造」や、雪の茅舎の「齋彌酒造店」などが有名です。
愛知県では伝統ある蔵元が多く、「萬乗醸造」の醸し人九平次などが最近人気があります。

清酒製造工の求人の探し方

清酒製造工の求人はインターネットの求人情報サイトにも掲載されています。
しかし、中小の酒蔵の求人情報は載っていないことがあります。
酒蔵は地域性が強いため、その地域のハローワークで募集をしていることもあるので、探してみるとよいでしょう。
また、どうしても働きたいと思った酒蔵が公には求人を募集していないこともありますが、そうした場合は、働きたい、弟子入りをしたいと直接申し出て熱意を伝えてみるのも手かもしれません。
大手の酒造メーカーでは酒造りを行う職人だけでなく、営業やルート販売などの仕事もあるので、応募する際は業種をきちんと確認しましょう。
大手メーカーでは高卒、大卒の新卒採用も積極的に行っています。
中小の酒蔵では社員は冬場は酒造りに参加し、夏場は営業を行う、というところもあります。

清酒製造工(酒蔵)のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

清酒製造工の格好良いところは、創業数百年という酒蔵で代々受け継がれてきた技法を伝承していくという「文化の担い手」としての役割を持っているところです。
作業の一つ一つに積み重ねた伝統の重みがあります。
また、酒蔵によっては古き伝統に新しい科学の技術を加えて、より美味しい日本酒を造るといったことも行われています。古いものと新しいものの融合を体感できる仕事というのは、非常に面白味があるといえます。
一方で辛いところは、冬の時期は仕込みの繁忙期となるため、休みもままならないほど忙しいということです。
昔ながらのやり方を守っている酒蔵では24時間の勤務体制で温度管理などを行っていることもあります。
この時期の作業が日本酒の出来を左右するため、気を抜くことはできません。
体力仕事も多く大変な仕事ではありますが、伝統を受け継ぎ、より美味しい日本酒を全国に届ける酒蔵の清酒製造工という仕事は、とてもやりがいがある仕事であるといえます。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧