豆腐屋(とうふや)の給料年収や高年収を稼ぐには、有名豆腐店を徹底解説 | 給料BANK

豆腐屋(とうふや)の給料年収や仕事内容、有名人|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > 豆腐屋(とうふや)の給料年収や仕事内容、有名人

豆腐屋(とうふや)の給料年収や手取り額、初任給を解説!

豆腐屋(とうふや)の給料年収を解説します。

豆腐屋(とうふや)の平均給料・給与

  • 21万円
  • 20代の給料:17万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:15万円
    補足参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

豆腐屋(とうふや)の給料・年収補足

20代の給料:17万円(推定)
30代の給料:22万円(推定)
40代の給料:25万円(推定)
 
 
算出方法:求人募集サイトの求人情報や口コミなどより算出。家族経営の店が多いため、正確な平均給料を出すのは難しいです。アルバイトでの募集がほとんどで、正社員での募集は少ないです。  
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
240万円~400万円となると予測されます。
 
札幌の求人調査結果:17万円~18万円(月収)
東京の求人調査結果:19万円~22万円(月収)
大阪の求人調査結果:15万円~20万円(月収)
福岡の求人調査結果:16万円~20万円(月収)

豆腐屋(とうふや)の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~20万円となりそうです。

豆腐屋(とうふや)の仕事内容

豆腐屋は、豆腐をはじめとした、油揚げや厚揚げ、がんもどき、豆乳などの大豆製品を作るのが仕事です。
個人の客を相手に販売まで行う小売店は年々減少傾向にあり、スーパーに納品したり、小学校や老人ホームなどの施設に卸したりといった、卸売りを中心に行っている店も多いです。
一般財団法人「全国豆腐連合会」、通称・全豆連の統計調査によると、全国の豆腐製造業者数は約8000軒。昭和30年頃には約5万の事業者がいたことを考えると、かなり減少しているといえます。

豆腐屋(とうふや)で高年収を稼ぐには?

豆腐屋の数は減ってきているとはいえ、豆腐は日本人の食生活には欠かせない食材であり、いまだに5000億円規模の市場を持つといわれています。
スローフードとしても注目され、ヘルシーで美味しい豆腐の需要はまだまだなくなることはありません。
 
しかし、店舗だけで地元の人向けに豆腐を販売するだけでは、年収1000万円は難しいといえるでしょう。
豆腐屋の初任給は15万円程度とあまり高くはなく、経験を積んだからといって大幅に収入が増えるような仕事ではありません。
また、豆腐の単価は数十円~数百円と安く、利益を出すにはかなりの数を売らなければなりません。
 
豆腐屋で稼ぐには、店舗のほか、通販などで地元以外の地域にも販売をする必要があります。
例えば「豆腐懐石」などの料理店を兼業したり、そのほかの事業も販売と並行して行った方が、収入は上がります。
最近では豆腐という食材を活かして、健康食品や化粧品などに事業を広げている会社もあります。
 
大きく稼ぐには、設備投資もかなり必要になるので、1人だけでやるには厳しいともいえます。個人経営よりも会社組織にして、ある程度の規模で事業を行わなければ、年収1000万円は難しいといえるでしょう。

豆腐屋(とうふや)になるには?【資格】

豆腐屋になるのに、特別な資格などはなく、専門学校などもありません。
実家が豆腐屋だったからそのまま豆腐屋を継いだ、という人が多い中、豆腐作りに魅せられて豆腐屋で修行をした後、独立開業したという人もいます。
豆腐作りはノウハウと経験が重要になります。
趣味で豆腐を作ることもできますが、販売するだけの量を作るにはそれなりの設備が必要になることから、開業するには作業場や店舗などの場所と豆腐作りの機械などを用意しなければなりません。
ゼロの状態からすべて用意するとなると、開業資金は最低でも500万円以上は必要になります。
 
また、豆腐作りには水を大量に使うことから、水道料金もかなりかかると見ておいたほうがよいでしょう。
後継者が不足で廃業する豆腐屋が増えていることから、全豆連では廃業を予定している豆腐屋設備を再利用して、開業する人に譲ったり貸し出したり、といった取り組みも行っているようです。
最近では実店舗を構えず、材料や製法にこだわって、通販のみで販売をするという業務形態もあります。店舗の維持費はかかりませんが、作業場や設備は必須です。また、広告を出して宣伝活動をする必要もあります。

豆腐屋の求人の探し方

豆腐屋は世襲制が多く、一家が代々豆腐屋を継いでいるといったパターンが一般的です。
家族だけで経営している店も多いですが、中には従業員を募集しているところもあります。
インターネットの求人情報サイトで「豆腐 製造」などの文言で検索すると、豆腐屋の求人をいくつか見つけることができます。食品メーカーの豆腐製造部門などもあります。
しかし、小さな豆腐店ではインターネットに求人を出していないこともあります。
地域に根ざした豆腐店なら、地元のハローワークに求人を出しているかもしれないので、探してみるとよいでしょう。
また、気になる豆腐店があったら直接店舗に行ってみたり、アルバイトを募集していないか聞いてみるという方法もあります。

有名な豆腐屋ってどんな豆腐屋?

豆腐屋として有名な店は、水の美味しい地域や、下町と呼ばれる場所などに多く存在します。
東京なら、「とうふ屋うかい」や「とうふの双葉」などが知られています。豆腐懐石を提供している店で、食事をすることもできるし、豆腐を購入して持ち帰ることもできます。
埼玉なら、ときがわ町の「とうふ工房わたなべ」などが有名です。こだわりの大豆を使って、多くの商品を販売しています。
 
また、京都も湯葉など豆腐を使った名物があることから、豆腐屋が多い場所です。
「とようけ屋」や「京とうふ藤野」、「嵯峨豆腐森嘉」、「服部豆腐店」など、長い間地元や観光客に愛される豆腐屋がたくさんあります。
有名店の多くが、ネットショッピングなど通販で豆腐や豆乳を購入することができるようになっています。遠くにいながら名店の豆腐を味わえるということで、人気のようです。

豆腐屋(とうふや)のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

豆腐屋は、朝が早いことで知られています。昔に比べれば機械化が進んでいるとはいえ、季節や気温、水温によって豆腐の仕込み方を微調整したり、使用する大豆によっても扱い方を変えることがあります。
そのため、大規模工場でない限りいまだに手作業で工程をこなすことになり、4時や5時という早朝から仕込みをしなければなりません。
豆腐屋の辛いところは、この朝が早いという点が挙げられます。
また、体力を使う仕事も多いので、肉体労働として辛いという面もあります。
逆に、豆腐屋のカッコイイ所は、独自の味を追求することができるという点です。
美味しく、ヘルシーな豆腐はダイエット食品としても注目され、スイーツとしても使われることもあります。
発想と努力次第では、今後大ヒット商品や名物が生まれるかもしれません。
また、地域に根ざした食材ということで、地元の人たちとの交流をすることもできます。
豆腐はまだまだ可能性を秘めた食材であり、それを扱う豆腐屋は「格好良い」といえます。

豆腐屋(とうふや)の給料年収の本音口コミ

18才 給料:12万円

友達の家がとうふ屋なのでそこでアルバイトしています。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧