板前の給料年収(寿司屋・旅館・料亭)・仕事内容・修行を解説! | 給料BANK

板前の給料、手取り、初任給|「給料BANK」

板前の給料・年収や手取り額を解説!

板前の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

板前の平均給料・給与

  • 25万円

板前の平均年収

  • 310万円~405万円
    • 20代の給料:17万円
    • 30代の給料:25万円
    • 40代の給料:30万円
    • 初任給:9~万円
      見習いの際はお小遣い程度しかもらえないこともあるようです。

    ※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

    板前の年収【年代別理想の年収プラン】

    板前としてこのぐらいの年収はもらえてたらいいなと思う理想の年収を考察してみました。

    20代の板前の理想年収

    板前として働き10年未満。これからのホープと呼ばれる世代です。20代で貰いたい理想の年収はおよそ308.0万円を超える年収です。

    30代の板前の理想年収

    板前としてある程度力がついてきたころ。役職についたり、責任ある仕事を任されることも。そんな30代で貰いたい理想の年収は392.0万円を超える年収です。

    40代の板前の理想年収

    板前となるとマネジメントも後輩の育成など人材教育も行うこともあります。企業の中心で働くキーマンが多い40代。理想の年収は518.0万円を超える年収です。

    板前の給料・年収補足

    20代の給料:13万円~19万円(推定)
    30代の給料:20万円~25万円(推定)
    40代の給料:25万円~30万円(推定)
     
    上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
    300万円~330万円となると予測されます。
     
    見習いはとても給料が低く、一人前になるにつれて給料が上がっていく仕組みです。

    板前画像1

    板前の仕事内容

    板前というのは、調理師の中でも特に、寿司屋や料亭、割烹などの日本料理店で日本料理を作っている人のことです。
    仕事内容は日本料理の伝統的な作り方に沿って日本料理を作り、お客様に満足していただけるような品をつくること。
    味の追求と盛り付けの感覚・・・それらを磨いたり常に勉強をするのも仕事のうちですね。

    板前の給料手取り

    上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
    8万円~25万円となりそうです。

    板前になるには?【資格】

    板前になるには、調理師免許を持っている必要があります。
    ただ、最初から持っている必要がない場合もありますよ。
    中には修行をしてから調理師免許を取得し、板前になる人もいます。
    腕を認められるようになってから調理師免許を取得して、名実共に調理師として認められる。
    そういった段階を踏んでいる人もいますが、それは働くお店によりますね。
     
    働くお店によって、調理師免許を持っている人しか雇わないとか、調理師免許を持っていない人でも見習いとして雇ってくれるところとかが分かれています。
     
    早くから板前を目指している人の場合、高校卒業してから調理専門学校で学び調理の基本を学んで免許を取得した上で日本料理店に就職して修行を始めるというパターンが一般的です。
    いきなり日本料理店に見習いとして入る人もいますが、あまり多くはありません。
     
    また、色彩検定なども受けておくと役に立ちます。
    料理というのは味覚・触覚(食感的な意味で)・視覚・嗅覚・聴覚の五感すべてで楽しむもの。
    料理の味が良くても盛り付けのセンスがきっちりとしていなければいけません。
    例えば、盛り付けの五大原色と呼ばれている「青・赤・黄色・白・黒」というのがありますが、それらをどう組み合わせれば綺麗に見えるか。
    そういったことを考えるときに、色彩検定を持っていると便利ですね。
     
    盛り付けができるやつと思われ、盛り付け工程を任されることもあるかもしれません。

    板前の修行ってどのくらい続けるの?どのくらいで一人前になるの?

    板前の修業は、その人のもともとの技量やセンス、向上速度などにもよりますが、平均的に5,6年の年月を必要とします。
    1年目はほとんど調理をさせてもらえず、調理場の掃除や片付け、皿洗いなどをしながら先輩方の動きを見るというのが一般的ですよ。
    板前を目指している人は、長期的に考えておかないとちょっとがっかりするかもしれません。
     
    包丁を握らせてもらえるようになっても、最初は簡単な下ごしらえ。
    たとえば、野菜の皮むきやヘタ取りなどを任されることが多いです。
    そうして包丁の扱いになれれば、もっと実践的な調理を任されるようになり・・・。
     
    そうしてコツコツと積み重ねて、一人前の板前になれるのです。

    寿司屋・旅館・料亭の板前の給料って差があるの?

    寿司屋・旅館・料亭で給料の差があるというよりは、働いているお店が繁盛しているかによって大きく左右されます。
    寿司屋も旅館も料亭も客単価に大差はありません。
    よって、そのお店にどれくらいのお客様がくるか・・・どれくらい繁盛しているのかによって給料は変わってきます。
     
    当たり前のことですが、稼げているお店は人件費により多くのお金を回すことができますからね。

    板前の意味ってどういう意味?

    給料解説者ぺすくん

    板前という言葉は、どこからきているのでしょうか。
    板前の板というのは、「まな板」のことで、その前というのは調理場。
    板の前に立つ人=調理師、料理人という意味で板前という言葉が使われています。
     
    板や板さんと呼ばれることもありますね。
    板前というと和食・日本食の料理人に使う言葉ですが、調理師や料理人と言い換えることもできますよ。
    その場合、もっと意味が広くなります。

    板前の口コミお給料

    給料:10万円

    まだ見習いなので安いです。家に住み込みです。

    給料:9万円

    京都で住み込みで板前修業しています。板長になれるのか厳しい世界です。

    あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

    下記より投稿する

    料理長

    45万円

    統括部長兼料理長

     税込み38万

    調理長

    年収 1800万  

    アダモステ

    19から始めて30で独立開業。
    来月で5周年を迎えます。
    お店は株式になり今のところ順調です。
    給料は40万でその他にも保険等で10万ずつ

    その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧