花屋【個人オーナー経営・開業・店長】の給料年収手取りや仕事内容を解説! | 給料BANK

花屋【個人オーナー経営】の給料年収手取りや最低年収~最高額、仕事内容|「給料BANK」

給料BANK > 飲食・接客系職業の給料一覧 > 花屋【個人オーナー経営】の給料年収手取りや最低年収~最高額、仕事内容

花屋の給料・年収や手取り額を解説!

花屋の給料・年収を解説します。

いいねやツイートしていただけると喜びます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

花屋の平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:15万円
  • 30代の給料:18万円
  • 40代の給料:25万円
  • 初任給:15~万円
    ※地方だと初任給は10万などもあるようです

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

花屋の給料・年収補足

20代の給料:15万円~18万円(推定)
30代の給料:18万円~25万円(推定)
40代の給料:25万円~35万円(推定)
 
上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい
250万円~300万円となると予測されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花屋画像1

個人オーナー花屋って最高額だとどのくらい年収稼げるの?

花屋を個人で開業したいと思う人は多いようです。開店する場所によって、稼ぎは大きく変わるといわれています。駅前や駅ナカなどの人通りが多い場所や、新宿歌舞伎町など水商売の店が多く花を必要とする人(店)が多い場所などでは、かなりの売上を上げることができるといいます。週末だけで100万円以上の売上になる店もあるという話です。
しかし、そのような場所は地価や賃料も高く、個人が開業するには資金がなければかなり難しいです。
花屋はロスを出さないことが最も重要で、結婚式場や華道家などと契約をして定期的に花を卸すことができれば、ロスは最小限に抑えられるため、効率よく稼ぐことができるといいます。大口顧客をいくつも持つことで、年収1000万円を稼ぐ個人オーナーもいるようです。
また、花屋の傍ら、フラワーデザイナーやフラワーアーティストとして一躍有名になれば、作品を売ったりイベントの出演料や雑誌の掲載料などを得ることもでき、講師としてレッスン料をもらうこともできます。実際に国内外で活躍するフラワーアーティストの東信(あずままこと)氏は、東京南青山でオートクチュールの花屋「ジャルダン・デ・フルール」を共同経営しています。
年収は明らかにされていませんが、知名度などを考慮すると恐らく1000万円以上は稼いでいるのではないかと思われます。
 
以上のように、
・立地のいい場所に出店する
・大口契約を取る
・花屋+フラワーアーティストとして活躍する
などの方法で、年収アップが可能になります。

花屋の経営はかなり大変?最低年収は決まってる?

子供の頃からの憧れで、花屋を経営したいと思っている人も多いようです。
花屋はアルバイトや正社員として勤めても、あまり月給が高いとはいえないため、年収をアップさせるために独立開業を目指す人もいます。
しかし、実際は黒字にするのはかなり難しいといわれており、1000万円近く開業資金をかけたのに、数年で廃業…ということも多いようです。
かつては仕入れ値×3倍の値段で打っていた花卉類が、現在は仕入れ値の2倍の値段まで売値は下がっており、競合する他店があれば、値段を下げるか独自のアピールをして販売するしかありません。移動販売や宅配事業などを組み合わせて、なんとか生き残りをかけている個人経営の花屋もたくさんあります。
 
個人オーナーの店では、1日2万円の売上があれば良い方という話もあります。月収20万円~30万円のオーナーもたくさんいるようです。年収に換算すると、240万円~360万円となります。赤字の場合は年収は0円です。

花屋の仕事内容

朝早くから、店主などの仕入れ担当が市場で仕入れてくるか、契約しているところから花が届けられます。
週に2,3回は市場に出向くか、直接花を届けてもらうかという手段で仕入れをすることが多いです。
朝の5時ごろにはもう市場に向かっているという感じですね。
需要やお客様の客層など、流行や季節、近いイベントなどさまざまなことを考慮して売れそうな花を買い付けます。
そうして買った花を店内で水揚げ。
 
茎を斜めに切ったり、切り口を熱で処理したり、その方法は花の種類によって変わります。
水揚げは、意外と経験と知識がいる作業です。
さらに、水揚げ後の鮮度管理も仕事のうち。
水をこまめに取り替えておいたり、温度管理を徹底的に行うなど、枯れないように細心の注意を払います。
 
花の種類ごとの適切な温度や水の量、処理方法などを熟知しておかなくてはならず、大変な仕事です。
接客の際にも、オススメをきかれたり、お客様の好みや用途に合わせて花を提案するというのも仕事。
花に関わる総合的な仕事をするのが、花屋の仕事です。

花屋の給料手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
15万円~25万円となりそうです。

花屋になるには?【資格】

花屋になるために資格も学歴も特別な免許も必要ありません。
ただ、そのはたらき方がとてもさまざまで、アルバイトか正社員か、独立起業かによって勉強することはたくさんあります。
将来本格的に花屋を経営していきたいのであれば、農業学校や短大の園芸科などで学んでおくのがいいですね。
花の育て方や、新種開発、実習や研究にフラワーデザインなども一気に学ぶことができます。
 
そうして知識を蓄えてから、バイト→社員→開業とステップアップしていくのが一般的なようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花屋の求人募集はどこで探せばいい? 

花屋の求人募集は、地域の求人情報誌やお店の張り紙だけでなく、インターネットでも探すことができます。
花屋や花に関わる職業専門の求人情報サイトなどもあり、求人募集を探す手段はとても多いですね。
ただ、サイトの場合、近くの花屋が登録していない限り表示されないので、めぼしい花屋があるのなら直接出向いて今募集しているか尋ねてみましょう。
 
主な探す手段は地域の求人情報誌や直接店舗での確認になりそうですね。

花屋を開業するにはどのくらいの資金がいるの?どのくらい儲けれるの?

花屋さんの店員になりたいという人の中には、いずれは自分で独立開業したいという人も多いでしょう。
花屋を開業するとなると、お店の初期費用や外装・内装の費用、備品に経費、初期の仕入れやリサーチなどの費用を考えると・・・最低でも1000万円は必要です。
 
そこからしばらくは赤字でもやっていける程度の貯蓄も残しておかなくてはいけないので、かなりお金を貯める必要はあるでしょう。
花屋ではたらいた給料だけで開業資金が貯められるかどうかは少し微妙なところですね。
副業などをして収入の手助けをしつつ、花屋で経験をつみながら独立開業への資金貯めと下積みを同時に行いましょう。

花屋の店長と社員の給料差ってだいたいどのくらいが相場なの?

給料解説者ぺすくん

花屋の店長と社員の給料差については、そこまで大きな開きはないようです。
相場的には、月収で10万円ほどの開き。
お店にもよりますが、多くの花屋は年に1000万円以上の売り上げを上げることが難しいのが現状です。
 
そんな店舗の売り上げとしては決して多くはないお金の中から経費や人件費を捻出するとなると、店長と社員であまり給料の開きは生まれなくなります。
人件費を下げてまで自分の手取りを確保するわけにもいきませんからね。
 
ですが、稼いでいるお店だと結構大きな開きがあったりします。
自らが店長としてお金を開業し、経営していきたいと願い、なおかつお金をたくさん得たいと思うのであれば、経営の勉強も十分にしておく必要がありそうですね。
 
お店にオリジナリティを増やしたり、「他にはない」とお客様に思わせる工夫がないと、十分な年収を得るのは難しそうです。

花屋の口コミお給料

給料:10万円

田舎でやってます。管理が大変です

給料:11万円

都内でアルバイトです。将来は開業したいです。花に囲まれてるので精神的にはいいです

将来を担う子供たちのために花屋の仕事の面白さや給料を投稿する

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧