運転代行の給料年収【20代30代40代】・高年収を稼ぐ方法、運転代行の開業方法など徹底解説 | 給料BANK

運転代行の給料年収や、高年収になる方法、求人の探し方、口コミ本音年収|「給料BANK」

運転代行の給料年収や手取り額、初任給を解説!

運転代行の給料年収を解説します。

運転代行の平均給料・給与

  • 20万円
  • 20代の給料:18万円
  • 30代の給料:22万円
  • 40代の給料:24万円
  • 初任給:15~万円
    給料については補足を参照ください

※給料給与統計の算出は口コミや厚生労働省の労働白書を参考にしております

運転代行の給料・年収補足

20代の給料:18万円(推定)
30代の給料:20万円(推定)
40代の給料:22万円(推定)

 
求人サイトの情報などから算出。タクシー運転手と兼務であることが多いです。
 
 
上記平均給与から算出してみると、年収はだいたい
180万円~264万円となると予測されます。
 
【各地域の求人】
札幌の求人調査結果:800円~1000円(時給)
東京の求人調査結果:8万円~31万円(月収)
大阪の求人調査結果:17万円~40万円(月収)
福岡の求人調査結果:20万円~25万円(月収)

運転代行の手取り

上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい
12万円~18万円となりそうです。

運転代行の仕事内容

運転代行とは、飲酒などが理由で運転できない人のために、代わりにその人の自動車を運転して、目的地まで運ぶ仕事です。
目的地は依頼者の自宅であることが多いです。飲酒運転に対する罰則が厳しくなってから、運転代行のサービスを使う人が増えています。
通常、運転代行サービスは二人一組で行います。依頼者から運転代行を依頼する電話が入ると、2人のドライバーが営業所から随伴車と呼ばれる車1台に乗って、待ち合わせ場所に向かいます。
車を停めている居酒屋や飲食店の駐車場であることが多いです。
ドライバーの1人は依頼人の車を運転し、依頼人を乗せて目的地(依頼人の自宅など)へ向かい、その後をもう1人のドライバーが随伴車を運転してついていきます。
目的地に到着すると料金を受け取り、随伴車に2人で乗って、営業所へ戻ります。事業用の許可を得ていない随伴車に客を乗せることは白タク行為となるため、法律で禁止されています。
運転代行はタクシーの料金システムと同じように、初乗り料金があり、距離に応じて加算されていく料金設定になっています。
初乗り料金は運転代行業者が独自に設定しているため、会社によって差があります。
都心部では初乗り2000円、3000円、というところも多くありますが、地方では800円台~1000円台、とかなり安いところもあります。

運転代行になるには?【資格・試験難易度】

運転代行のドライバーになるには、普通自動車免許が必要です。その上で、タクシーと同じように第二種免許が必要になります。
ただし、第二種免許は依頼者(乗客)を乗せて依頼者の車を運転するドライバーが必要な資格なので、随伴車だけを運転するドライバーなら普通自動車免許だけでも大丈夫です。
どちらの運転もできた方が仕事の幅が広がり給料も上がるので、第二種免許も取っておいた方がよいでしょう。
運転代行業務を行っている会社に就職するのが一番の近道です。運転代行のみを業務としているところもあれば、タクシー会社が業務の1つとして運転代行サービスを行っていることもあります。
正社員ではなくアルバイトとして働く人も多いです。
代行運転という業務の特性上、飲む機会の多い週末の夜などに仕事が増えるため、平日は別の仕事をしながら、副業として週末の夜だけ運転代行の仕事をしている、という人もいます。
また、独立開業をすることもできますが都道府県の許可が必要です。運転代行は基本的にニ人一組で行うので、独立したからといって一人だけでは仕事はできません。

運転代行求人の探し方

運転代行の仕事は、インターネットの求人情報サイトなどで見つけることができます。
また、各地のハローワークでも募集があります。
しかし、業務の特性上、繁華街が近い場所や大きな都市の方が仕事は多いです。
第二種免許があるかどうかで給料も変わってくるので、きちんと必要資格の欄を確認しましょう。
タクシー会社などでは第二種免許取得のための助成を行っているところもあるので、第一種免許しかなくても諦めずに探してみるとよいでしょう。

運転代行で年収1000万円を超えるには

運転代行の仕事の給料相場は、月給20万円前後となっています。
時給制の場合は、代行運転をするドライバー(第二種免許保持)なら時給1500円~2000円、随伴車の運転をするドライバーは時給1000円~1500円くらいが相場となっています。歩合制で売上の30%から60%の設定をしている会社もあり、かなり幅があります。
年収1000万円を超えるには単純計算で毎月83万円以上を稼がなければなりません。
少なくとも随伴車の運転だけではなく、第二種免許も取って依頼者の車を運転しなければ年収アップは望めません。
しかし、飲酒運転が厳罰化したことに伴い、そもそも車で飲みには出かけない、という人も増えてきているので、仕事の数は減少傾向にあるといいます。
運転代行の仕事だけで月間83万円以上を稼ぐのはかなり難しいといってよいでしょう。
タクシードライバーと兼業で運転代行サービスを行うならば、頑張り次第で年収800万円以上になることもあります。
料金の高い都心部で、運転代行サービスも行っているタクシー会社に就職するのが高年収への近道かもしれません。

運転代行の開業方法

運転代行の仕事を開業するには、都道府県の警察署(公安委員会)へ登録しなければなりません。
申請書類は警察署でもらうことができます。
個人開業、法人開業の二通りがあり、戸籍謄本や登記簿謄本などが必要になります。
また、損害賠償責任保険(または共済)契約の締結を証する書類と車検証のコピーなども必要です。
損害賠償保険は対人補償8,000万円以上、対物および車両補償200万円以上の契約を結ばなければなりません。
個人開業の場合も、法人開業の場合も、「安全運転管理者」を設置して運転管理経歴書や住民票も提出する必要があります。安全運転管理者は過去二年間に特定の違反がない、などの条件があります。
必要な書類を揃えて警察署に申請書を提出して許可が下りたら、いよいよ開業に向けて人材の確保や車両の準備をします。
運転代行業を行うには必ず第二種免許を持った人が一人は必要になります。そして、随伴車を運転する第一種免許を持った人も一人は必要です。個人開業の場合、随伴車のドライバーはパートやアルバイトで雇う人が多いようです。
随伴車には公安委員会から認定された番号を記したステッカーを貼らなければならないので、作って貼ります。
また、随伴車であることを知らせるためのマークや行灯などを購入して掲げます。そのほか、営業に必要な電話も用意します。
こうして運転代行の仕事を開業することができます。随伴車両を除けば、初期投資はそれほどかかりません。

運転代行のかっこいい所・辛い所

給料解説者ぺすくん

運転代行のかっこいい所は、飲酒運転という憎むべき犯罪を防止するという大きな役割を担っているところです。
運転代行という仕事は、事故で失われたかもしれない命を守っているのです。
また、いろいろな人の、さまざまな車種の車を運転できるというのも仕事の魅力の1つです。
自分では手が届かないような高級車を運転することもあります。
ただし、他人の車を安全に運転しなければならないというプレッシャーも大きいので、常に緊張感を持って仕事をしなければなりません。
その点が辛い点でもあります。仕事は不定期であり、深夜に働かなければならないのも大変です。
体力に自信がある人の方が長く仕事を続けることができるでしょう。

運転代行の給料年収の本音口コミ

40才 給料:10万円

地方で運転代行をしています。土日のみの夜間帯アルバイトです。日給で8000円~10000円です。

あなたが持っている仕事への誇りや生き方、プライド、かっこよさ・給料を教えてください

下記より投稿する

その他の飲食・接客系職業の給料一覧の給料一覧